フィリピン留学とは

フィリピン中部のビザヤ地方に位置するセブ島

フィリピンは約7,000を超える島々で構成される国です。大きく分けて大都会マニラが君臨する北部のルソン島、中部ビザヤ地域の中心であるセブ島、庶民派の大統領を生み出したダバオ市のあるミンダナオ島という3つの地域になります。

セブ島はその中でもビーチリゾートとして知られており、近年では英語留学先として人気となっています。近くのビーチリゾートはお隣マクタン島の沿岸部に位置しています。


フィリピンで英語留学?

人気が出てきたとはいえ、まだまだ一般的には知られていないフィリピンでの英語留学。なぜフィリピンなのか?フィリピンって治安が心配じゃない?フィリピン英語って訛りがあるんじゃない?などの疑問があるかと思います。

最初に言ってしまえば治安は日本と比較すれば悪いですし、英語の訛りもあります。ただ、それはフィリピン社会総体の話です。

「留学」という観点で見ると、フィリピンでの英語留学はそれほど悪くありません。フィリピン人英語教師たちは、外国人に英語を教える国際資格であるTESOL(Teaching English to Speakers of Other Languages)を取得していますし、幼少期から英語を公用語として使用しているため、高い英語力を有しています。

海外留学サポート事業を経営するEF Eduction First社の行った 英語能力ランキング調査によると、フィリピンは第20位に位置しています。ランキングは高く、アジアの中ではシンガポールに次いで第2位です。上位10位はほとんどヨーロッパの国です。ちなみに日本は53位で低いに位置づけられます。

また、「費用面の安さ」「マンツーマンでの授業」がフィリピンでの英語留学の魅力です。

海外留学にかかる費用は、授業料だけでなく、渡航費や現地での生活費など様々な出費が考えられます。フィリピンは語学留学の授業料が安いだけでなく、欧米などにくらべ渡航費もかなり安くなります。 また長期にわたる現地での生活費も、食料品や外食、公共交通機関の料金などが日本の約3分の1程度ですむなど、物価が安いことも人気の一因です。


フィリピン英語留学のPros&Consは、

Pros:講師との長時間マンツーマンレッスン、物価の安さ、日本からの飛行時間の短縮、常夏のビーチリゾートが近い  

Cons:発展途上国の不便さ、衛生面、治安、講師のレベルがバラバラ

一般的なPros&Cons を比較して、学校もセブだけでなく、避暑地である学園都市バギオ、アメリカの影響受ける「リトル・カリフォルニア」のクラーク、フィリピンで最も過ごしやすい都市ダバオなどあります。また学校も日系の学校もあれば、韓国や米国系の学校もあり、カリキュラムも様々です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。