BPOのメッカ


少しずつ知られてきていることですが、フィリピンはBPO(ビジネスプロセス・オブ・アウトソーシング)のメッカです。BPOとは、主にバックオフィス業務(経理や給与計算など)を他国から委託され、請け負い行なわれるアウトソーシングのことですが、フィリピンは世界の企業の中で重要なアウトソーシング先に選ばれています。

特にカスタマーサービスの分野が強く、世界的な企業のコールセンター業務の一役を担っています。特に米国系や欧州系の企業が首都マニラに軒を連ねています。

それは何よりフィリピン人の英語力の高さを示すものとして認識されています。どうしてもフィリピン人の英語訛りを気にする人がいますが、おそらくその日本人よりも一般的なフィリピン人の方が英語は上手です。その証拠として、それだけ数多くのBPO企業がコールセンター業務を欧米から請け負って、そこでカスタマー業務をフィリピン人が担っていることがあります。英語ネイティブの欧米人から製品のことで電話がかかってきても、問題なく対応できるだけの英語力がある時点で、一般的な日本人よりも英語が断然できるという証拠になるでしょう。

しかし、フィリピン人に訛りがないかと言えば嘘になります。フィリピン人にはもちろん訛りがあります。ただ重要なことは、ネイティブでなくてもそれだけ話せているという事実です。また、語彙やフレーズを多種知っているという点もあります。発音が綺麗かそうではないかも大切ですが、どれだけ語彙のバリエーションがあるかは英語話者にとって重要です。

日本語ですら知的な会話ができるかどうかはボキャブラリーの豊富さによると思うので、英語でもそうです。フィリピン人と話すと、知らなかった語彙や言い回しが登場する時があり、後で調べるとそういう言い方があるのかと分かります。例えば、In a nutshell(要するに), のようなフレーズは私は最初わかりませんでした。今までずっとSo~から会話を始めていましたが、そういう始めかたも言えるのかと分かりました。

なので、BPOで鍛えられているフィリピン人の英語力はすごいなと思っています。逆に、それだけ英語力があるのだからコールセンターや教師業だけではなく、グローバルに展開させるようなビジネス・モデルを生み出せそうな感じもするのですが、グローバルに展開しているのってジョリビーくらいしか思い浮かびません。もっとフィリピンには、フィリピンブランドを構築してグローバルに打ち出すくらいの創造性と押しの強さが必要です。

フィリピン人たち自身が価値を生み出せるようになれば、けっこういいところまで行くと思うのですが、人が良いというか、お気楽な面がフィリピン人の良いところであり、悪いところでもあると感じます。

サンミゲール サンミグ・ライト 330ml 瓶[アジア][サンミゲルライト][輸入ビール][海外ビール][フィリピン][長S]

価格:391円
(2019/12/26 19:27時点)
感想(0件)

投稿者: 海外侍 義貞

こんにちは。海外侍の義貞です。Cebu Samurai Warriorsの管理人です。 このサイトでは効率的な英語学習とフィリピン・セブ留学、オンライン英会話の有効性などをメインに紹介していきます。TOEIC 885点。主にユーロ圏との貿易仕事をしているのでマルタ島にも興味あります。シェアリングエコノミー、AI、データサイエンスを駆使した農業も行っていく予定。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。