東南アジアのネット経済


旅人、東南アジアスペシャリストのYOSHISADAです。

最近、『Google temasek e-conomy sea 2019』というレポートが出されました。グーグルとシンガポール国政府投資会社のテマセク・ホールディングスが定期的に出しているリサーチ・レポートですが、東南アジアのネット経済は今年39%成長し、1000億ドルに到達に到達するそうです。2025年には3000億ドルまで達し、急激な成長を見せているようです。

3000億ドルとか言われても天文学的な数字過ぎてよくわかりませんが、とにかく大きな変化が東南アジアでは起きているということは分かります。

紹介した配車アプリのGrabやそのライバルのGo-Jekなどへの投資合戦も行われていますし、Eコマースやオンラインペインメントも東南アジアでは進んでいます。LazadaやShopeeという2大プラットフォームが東南アジア全域で広がっています。

例えば、フィリピンなどでは未だに個人営業のパパママストアがたくさんあります。「サリサリストア」と呼ばれますが、そういった場所にもこれからオンラインペインメントの端末が導入されていくでしょうし、インドネシアではKudoという会社がそれを行っています。

こういった東南アジアの劇的なネット経済やペイメントの進行を可能にするのは、やはりスマホとネットの浸透のスピードが速いからでしょう。東南アジアのデモグラ(人口動態)は若く、若い世代はスマホを持ちデジタルを先端でいってます。

このような現象をリープフロッグ現象 (leapfrog) というそうです。つまり新興国が先進国にキャッチアップする際に、先進国が辿ってきた道のりを一気にすっ飛ばして到達するということです。

確かに、東南アジアの若者たちの方が機敏にスマホを扱い、様々なアプリを紹介してくれたりします。それだけ常にスマホを携帯しているし、アプリを使いこなしているということでしょう。

そして今、デジタル化された世代から様々なテック企業がアジアで台頭してきています。英語と絡めてブログで紹介していきたいと思います。

投稿者: 海外侍 義貞

こんにちは。海外侍の義貞です。Cebu Samurai Warriorsの管理人です。 このサイトでは効率的な英語学習とフィリピン・セブ留学、オンライン英会話の有効性などをメインに紹介していきます。TOEIC 885点。主にユーロ圏との貿易仕事をしているのでマルタ島にも興味あります。シェアリングエコノミー、AI、データサイエンスを駆使した農業も行っていく予定。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。