フィリピンLCCセブパシフィック


爽やかなデザインのセブパシ

どうも、義貞です。

2019年も終わりが近づいてきました。年の瀬になり、だいぶ冷え込んできましたね。こうも寒い日が続くと、暖かい常夏の島が恋しくなります。そうです、セブ島のことです。

フットワーク軽くセブに行きたいなら、フィリピンのLCC(ローコストキャリア)のセブパシフィック航空が個人的にはおススメです。

LCCを使用する一番のメリットは、なんといっても価格の安さでしょう。フラッグ・キャリア(その国の代表的な航空会社)の半分くらいの値段で飛ぶことができます。セブパシフィック(通称:セブパシ)は、時々プロモを行っているので、さらに安い価格になることがあります。

そして予約の利便性。今の時代、飛行機を予約するのもオンラインです。LCCの場合、簡易的な操作でちゃちゃっと予約、決済することができます。

派手なデザインを好むフィリピン人ですが、セブパシのフライトアテンダントの服装も派手なイエローのTシャツを着ています。いかにも常夏なフィリピン!を連想させてくれ、太陽の明るいイメージを与えてくれるので、気持ちも高まります。

セブパシは成田からも関空からも飛んでいます。成田からセブまでは5時間以上かかるので少し長く感じますが、成田からマニラなら4時間半くらいで行けます。

僕がセブからの帰りにセブパシに乗った時は、なにやらクイズ大会みたいなことをやって、当たった人には景品を渡すようなこともやっていました。そういう取り組みも楽しくていいです。

フットワーク軽く、セブに行けるセブパシはおススメなフライトです。

投稿者: 海外侍 義貞

こんにちは。海外侍の義貞です。Cebu Samurai Warriorsの管理人です。 このサイトでは効率的な英語学習とフィリピン・セブ留学、オンライン英会話の有効性などをメインに紹介していきます。TOEIC 885点

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。