香港で頑張るフィリピン人


陽気にダンスするフィリピン人たち

どうも、海外侍の義貞です。

香港とフィリピン人の関係についても書いていきたいと思います。

ホスピタリティに溢れるフィリピン人は、海外でメイド(家政婦)として活躍しています。特にドバイやシンガポール、香港などリッチな都市で活躍するフィリピーナたちが多いです。

家政婦とっていも、完全な住み込みでの仕事となります。清掃、洗濯、炊事などの家庭内労働を一手に担う戦力なのです。シンガポールや香港などの都市では、大多数が共働き家庭です。女性の社会進出が古くから進んでいる先進地域であるこの2都市は、女性が社会で活躍しています。意識的な面も、物理的にも、2人で家計を支えないと高い教育費や住居費をまかなえないという理由もあるのかもしれません。

フルタイムで働けば家事や清掃や子育てを行うことは1人では不可能です。そんなスーパーウーマンはほとんどいません。そんなこともあって、香港やシンガポールでは家のことを行う家政婦を雇うというのが比較的普通です。特にフィリピン人メイドは大変重宝されており、香港には数多くのフィリピン人メイドが働いています。

香港には外国人メイドが約34~36万人程おり、人口比でいえば5%くらいが外国人メイドになるようです。インドネシアからのメイドもいるそうですが、やはりフィリピン人が人気のようです。というのも、やはりフィリピン人は英語が上手だから。「なまりが、、、」という日本人とは違って、香港人たちは評価しているようです。

日曜日になると、たくさんのフィリピン人たちが一時の休日を公園や路上に出て過ごすそうです。

外国人たちが香港の路上を埋め尽くすことを嫌う一部の市民たちが、外国人の在留資格を制限するような運動を展開しているようですが、ほとんどの香港人がやりたがらない仕事を担っているのは、このようなフィリピン人たちです。

投稿者: 海外侍 義貞

こんにちは。海外侍の義貞です。Cebu Samurai Warriorsの管理人です。 このサイトでは効率的な英語学習とフィリピン・セブ留学、オンライン英会話の有効性などをメインに紹介していきます。TOEIC 885点

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。