フィリピンの乗り合いバス「ジープニー」


ジープニーは庶民の足

どうも、義貞です。

移動手段は日本にいると意識しませんが、海外、特に途上国にいる時は意識せざるを得ないものです。

インフラが未発達のフィリピンでは、ドゥテルテ大統領が「ビルド、ビルド、ビルド」の掛け声のもと、大規模な開発を進めており、道路交通面でも今後の発達が予想されます。

そういったなか、フィリピン人たちの足となってきたのが「ジープニー」です。タイの「ソンテウ」のように、トラックの荷台を改造した乗り合いバスなのですが、そのデザインや装飾がかなり派手にして奇抜なのが、フィリピンのジープニーです。

元々は米軍の置き捨てたジープを改造した事から始まったようですが、降車側やたら長くなっており、フィリピン人の身長(?)に合わせたからなのか、車内がやたら窮屈です。

ジープニーの走行ルートは決まっており、私がセブに居た時は一律で7ペソ(だいたい10円くらい?)の破格の安さで運行されていました。

本数が多いし、近距離なら不便はないので乗っていましたが、車内での盗難やスリなども多いので、慣れてない方は乗らない方が無難でしょう。

ただ、このジープニーも、今後残っていくかどうかはわかりません。タクシー以外にも、ウーバーなどのサービスやバス、そして今後は高架鉄道などが整備されていけば、より多くの移動手段が生まれます。加えて今でも過度な渋滞が起こるフィリピンでは、ジープニーの噴きだす排気ガスなどで環境も汚染されます。

タイでトゥクトゥクの数が減っていくように、フィリピンのジープニーも姿を消していくかもしれませんね。

投稿者: 海外侍 義貞

こんにちは。海外侍の義貞です。Cebu Samurai Warriorsの管理人です。 このサイトでは効率的な英語学習とフィリピン・セブ留学、オンライン英会話の有効性などをメインに紹介していきます。TOEIC 885点。主にユーロ圏との貿易仕事をしているのでマルタ島にも興味あります。シェアリングエコノミー、AI、データサイエンスを駆使した農業も行っていく予定。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。