マニラと長崎とローマ・カトリック


静かな教会

こんにちは。義貞です。

皆さんは、作家の遠藤周作原作、マーティン・スコセッシ監督の映画「沈黙」を見たことがありますでしょうか。長崎の隠れキリシタンを題材にした作品ですが、以前からブログで取り上げているように、大航海時代の当時はスペインやポルトガルなどの西欧諸国が新大陸を目指して船出し、香辛料の獲得とキリスト教の布教を行いました。

日本では、織田信長は比較的キリスト教に寛容であり、南蛮貿易などで西欧の物を取りいれていきました。その当時の強国であったスペインは西回り、ポルトガルは東回りで世界周航を行いました。ポルトガルはインドのゴア、マレーシアのマラッカ、中国のマカオを経て、日本の九州に辿り着きます。特に長崎は港町であり、海外との接触点が多い場所でした。布教者たちはまず長崎や熊本などでキリスト教の布教に努めていきました。

先日、ローマ法王が長崎の地を訪れたように、ローマ・カトリックと長崎は縁が深い場所なのです。もともと日本にローマ・カトリックを広めたのはイエズス会のフランシスコ・ザビエルです。九州にキリスト教信者が多いのはそのためでもあります。

フィリピンの場合は、マニラを中心にスペインによって布教をされたわけですが、スペインにしてもポルトガルにしても、カトリック教国ですし、ローマ・カトリックに繋がります。この歴史は非常に興味深いです。

私は、この2020年を通して、このテーマを追っていこうと思っています。まずは長崎の地へと向かいたいと思います。「英語留学」から離れますが、フィリピンの面白さは「英語」だけに留まりません。その歴史を通して、グローバル化を考える良いきっかけにもなります。

投稿者: 海外侍 義貞

こんにちは。海外侍の義貞です。Cebu Samurai Warriorsの管理人です。 このサイトでは効率的な英語学習とフィリピン・セブ留学、オンライン英会話の有効性などをメインに紹介していきます。TOEIC 885点。主にユーロ圏との貿易仕事をしているのでマルタ島にも興味あります。シェアリングエコノミー、AI、データサイエンスを駆使した農業も行っていく予定。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。