沼津港


どうも、義貞です。

港シリーズということで、フィリピンとは何の関係もない(意外にあるかも)ですが、書いていきたいと思います。

港というと、響き的にはけっこう古臭い感じがしますよね。海は広く、寛大なだけではなく時には厳しく恐ろしいものです。潮の匂いや照り返る日光に、水も排水が混じっていれば綺麗とはいえません。コンテナなどがないころは、人が荷卸し、荷揚げしていたわけなので大変な仕事です。

加えて、港というのは様々な国から船が到着する場所であると共に、島国日本にとっては国境のような場所なので、「国防」という観点からも管理しなければならない場所です。そのため、港というのはハードな場所なのです。

日本もフィリピンも海洋国家なので、魚をよく食べます。自分も魚や海鮮系が好きということもあり、今回は静岡県の沼津港に行ってきました。

静岡県の神奈川県よりにある沼津港。箱根からも比較的近いです。北には富士山、南には駿河湾が広がる伊豆半島の入り口にあります。ここはアジの干物が有名で、生産量は日本一を誇っています。

大型船が停泊する外港と、漁船が停泊する内港に分かれているようです。私が行った時は、多くの人でにぎわっていました。主に地元あるいは他の市からの人々だと思います。

ふらーっと入っていったお店で、定番の沼津丼を頼み食しましたが、たっぷりのっかった小エビの下には炊き込みご飯がしかれていて、混ぜで食べると美味しかったです。静岡は地酒も盛んのようで、静岡県内の数々のお酒が紹介されていました。

あいにく天候がすぐれなかったので、富士山を見ることができませんでしたが、東海道について考えるよいきっかけになったと思います。駿河湾沿いの沼津市や富士市が中核都市になり、静岡側からの富士を見ることができます。

フィリピンの富士と言われるマヨン・ボルケーノがあるレガスピにはまだ行ったことがありませんが、今度ルソン島に行くことがあればぜひ行ってみたいと思います。

投稿者: 海外侍 義貞

こんにちは。海外侍の義貞です。Cebu Samurai Warriorsの管理人です。 このサイトでは効率的な英語学習とフィリピン・セブ留学、オンライン英会話の有効性などをメインに紹介していきます。TOEIC 885点。主にユーロ圏との貿易仕事をしているのでマルタ島にも興味あります。シェアリングエコノミー、AI、データサイエンスを駆使した農業も行っていく予定。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。