貿易業界を変革するFlexport


Photo by Kaique Rocha on Pexels.com

どうも、義貞です。

先日、横浜港について書きましたが、やはり自分が好きなのはオープンな港町。セブとかシンガポールとか香港が好きです。ベトナムでいえば、ハイフォン港やハロン・ベイ、ダナンなどが好きですね。

アメリカでいえば、サンフランシスコ。今やサンフランシスコは年収1000万あっても貧困層みたいなこと言われるほどに住居が高騰していますが、、、そんなスタートアップの聖地から登場した困難な問題に取り組む注目企業を紹介したいと思います。


Flexport CEOのインタビュー

Flexportはグローバル貿易をより効率的にするプラットフォーム企業です。もともとテクニカルなバックグラウンドを持っていたライアン・ピーターセンが今だに紙ベースで業務が行われる貿易業務をデジタル化なプラットフォームを使って効率化しようと試みたところから始まります。

実際に貿易業務を行う私としては、それはかなり共感できます。貿易業務は書類の送付や貨物の追跡などリアルタイムでスピーディに実行されているかといえば甚だ疑問なのですが、昔から行われていることが今でも行われています。昨今のデジタル化と在宅勤務の推進で日本の判子文化もだいぶ変わってきていると思いますが、貿易業務では扱う書類も多く、そのたびに判子を押しています。

投稿者: 海外侍 義貞

こんにちは。海外侍の義貞です。Cebu Samurai Warriorsの管理人です。 このサイトでは効率的な英語学習とフィリピン・セブ留学、オンライン英会話の有効性などをメインに紹介していきます。TOEIC 885点。主にユーロ圏との貿易仕事をしているのでマルタ島にも興味あります。シェアリングエコノミー、AI、データサイエンスを駆使した農業も行っていく予定。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。