フィリピンとマレーシア


Photo by Pixabay on Pexels.com

どうも、義貞です。

前回、オフショア候補地としてフィリピンベトナムを比較しましたが、今回はフィリピンマレーシアを比較したいと思います。

フィリピンとマレーシアを留学先として候補に上げると、カナダやオーストラリアなどの定番の留学先に行った方たちから、「アジア?しかも途上国で?」と上から目線で見られますが、3-6ヵ月くらいカナダやオーストラリアに留学した日本人よりも、現地のフィリピン人やマレーシア人の方が英語が話せます。

バンクーバーやケアンズなどに行けば、語学学校は日本人が多いでしょうから結局現地で日本人で固まって、英語はほとんど勉強しないという方も多いのではないでしょう。

日本に戻ってくれば、例えばmeet up やinternationなどの交流に参加したり、外資系企業に入らない限り、ほとんど英語に接する機会はなくなります。普段から英語に接する機会が多いフィリピン人やマレーシア人に英語レベルで上に立つことはできません。

さて、「英語留学」という点でいうと、語学留学を売りにしているのはフィリピンの方かもしれません。マレーシアにも多くの語学機関が軒を連ねていますが、学校の数の多さでいえばフィリピンの方が多いと思います。そもそも、人口規模で比較すると、マレーシアは3500万人ほどの国ですが、フィリピンは1億いっています。

実質的な英語の能力として、よくランキングとして出されるデータがスウェーデンにある世界最大級の語学学校 EF(Education First)のアジアランキングです。

このデータ分析は非常に参考になります。個人的には、日本が低いレベルにあるのは知っていますが、中国が標準的であるのと、タイが日本より低いレベルであるという点が面白い。東アジア圏は、日本とベトナムを除いて標準的です。シンガポールが首位を走るのは当然として、やはり次のレベルはマレーシアとフィリピンです。

あれだけ多くの観光客を世界から呼び込むタイが、英語レベル日本よりも低いというのは、タイ人も英語に苦手意識を持っているといいでしょう。

マレーシアやフィリピンでは日常的に英語を使用する機会があります。また外資系企業やコールセンターなどのBPO分野でも彼らは英語を使用しており、ネイティブ相手でも問題なく会話できる人たちが多いです。

そもそも、雑駁ですが、歴史的にはフィリピンが「マレーシア」という名前を国名にしようとした経緯もありますし、民族的には両国ともにマレー系です。マレーシアとインドネシアがイスラム教なのは、かなり前からアラブの商人や宗教者たちが商売や布教で中東からやってきたと影響です。

今やフィリピンも「マハルリカ共和国」に国名を変えたいらしいので、徐々に自分たちの歴史を見返そうとしている感じはありますね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■ 今までになかった全く新しい英会話スクール「アクエス 」 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 今まで英語が話せずにあきらめかけていたあなたへ!! 全く新しい英会話スクールで、 効果的に英会話が上達する独自カリキュラムを持つ「アクエス」 日本人講師とフィリピン人講師が 交互にレッスンしてくれるユニークなハイブリットスタイルで、 あなたの英会話力UPをばっちりサポートしてくれる 今だけお試しレッスン5回×50分がなんと0円で受けられる!! 「アクエス」英会話スクールで、新しいあなたを発見しよう!! https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3BFMPA+F0LNLU+4D4Y+5YZ77

投稿者: 海外侍 義貞

こんにちは。海外侍の義貞です。Cebu Samurai Warriorsの管理人です。 このサイトでは効率的な英語学習とフィリピン・セブ留学、オンライン英会話の有効性などをメインに紹介していきます。TOEIC 885点

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。