に投稿

英字新聞紹介③バンコク・ポスト

Photo by Daria Shevtsova on Pexels.com

どうも、海外侍の義貞です。

海外の英字新聞、とくにアジアにある英字新聞を紹介していますが、今回はタイの『バンコク・ポスト』を紹介したいと思います。

もともとこのバンコク・ポスト紙は米軍の情報局によって創刊された新聞であり、対ソビエトに向けてタイ国内でアメリカ派を増やすための情報戦略として展開されていたようです。

タイとフィリピンは東南アジアにおけるアメリカの同盟国であり、ベトナム戦争時には重要な出撃拠点でした。ですので、タイのパタヤやフィリピンのスービックは米軍の「レスト・アンド・レクリエーション」として活用されていました。パタヤやスービックに歓楽街があるのはそのためです。

その後は、以前紹介した香港の英字紙である『サウスチャイナ・モーニング・ポスト』が出資者になったようです。バンコクにも多くの香港人が来ており、特に不動産投資を精を出しています。

高級ホテル、レジデンスとして有名な「バンヤンツリーバンコク」ですが、あの創業者は香港人です。バンコクは香港とシンガポールの中間地点にあって、中華系も多く過ごしやすいため人気の観光先になっています。

『バンコク・ポスト』は英字新聞として読みごたえがあります。バンコクのスターバックスにはたいていどこにでも置いてあるので、読みたい場合はスターバックスに行くとよいでしょう。

タイは、香港やシンガポールと比べると英語通用度が低い国なのですが、コロナ以前は欧米人観光客に大人気の観光先ということもあり、特にヨーロッパから多くの観光客がいたため、「メディア」は英語のものも豊富にあります。

しかし、タイ人は中華系と違ってリスクを負っても海外へ踏み出すという冒険意識がなく、精神的には日本人に近いため「やっぱ自国の居心地がいいわー」という感覚を有しています。なので英語もあまり話せません。必要がないからです。

この分析でいうと、香港、台湾、韓国などはけっこう海外に行くし、英語を話す人がいます。香港、台湾は大陸があり、韓国には北側があるため外部を意識せざるをえず、であるがゆえに「いざという時に海外いけるようにしておこう」という備えがあるのかもしれません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■ 今までになかった全く新しい英会話スクール「アクエス 」 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 今まで英語が話せずにあきらめかけていたあなたへ!! 全く新しい英会話スクールで、 効果的に英会話が上達する独自カリキュラムを持つ「アクエス」 日本人講師とフィリピン人講師が 交互にレッスンしてくれるユニークなハイブリットスタイルで、 あなたの英会話力UPをばっちりサポートしてくれる 今だけお試しレッスン5回×50分がなんと0円で受けられる!! 「アクエス」英会話スクールで、新しいあなたを発見しよう!! https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3BFMPA+F0LNLU+4D4Y+5YZ77

に投稿

英語メディア紹介⑧カザフTV

Photo by Burak K on Pexels.com

どうも、海外侍の義貞です。

本日はカザフスタンの英語メディアであるカザフTVを紹介したいと思います。

カザフスタンと聞いても、日本人にとってはあまり馴染みのない国ですよね。

カザフスタンとは中国西部と国境を接しており、大陸ロシアと繋がる緩衝地帯のような場所に位置している人口2000万人ほどの国です。この国の首都は旧称アスタナ(現在はヌルスルタン)と呼ばれる都市ですが、今や未来都市として大発展を遂げています。

そもそもソビエト連邦の一部であり東西冷戦体制時には謎のベールに包まれていた場所でしたが、今起こっている重要な変化は、ベルリンの壁崩壊を契機に東西冷戦体制が終わってから30年が経ち、ロシアや中国が資本主義化されて発展してきていることです。

その間に挟まれているカザフスタンも注目される成長市場です。この「~スタン」と語尾につく国がこの中央アジア地域に多いのですが、これはペルシア語で「土地」を意味します。この中央アジアはイラン(ペルシャ)からの影響がある地域なので、イスラム教です。

中央アジアはロシア、中国、インド、イランとアジアの大国に囲まれる地域ということもあり、その緩衝地帯の印象があります。

加えて、カザフスタンの現地カザフスタンはモンゴル系が多いので、見た目はアジア人が多いのです。日本で有名になった美人バレーボール選手サビーナ・アルシンベコバはカザフスタン人です。ほとんど日本人と違いがありません。

ちなみに極東ロシアにはサハ共和国という国があります。シベリアの大半を占める大きい国ですが、この辺りもモンゴル系なので見た目が日本人とあまり変わりません。

さて、このカザフスタンにはカザフTVという最大のメディア企業があり、そこでは中央アジア全体を英語でも紹介しています。中央アジア一帯は砂漠地帯で、また資源もあり、アジアからヨーロッパへと繋がる結節点ということもあって人々を魅了する文化と歴史を有しています。シルクロードなど、歴史や世界遺産などに興味がある自分のような人間にはたまらない地域です。

英語の勉強もかねて、カザフTVで中央アジアについて知識を深めましょう。

に投稿

英語メディア紹介⑦BBCワールドニュース

Photo by Pixabay on Pexels.com

どうも、義貞です。

本日は、英語メディア紹介第7回ということで、「BBCワールドニュース」を紹介したいと思います。

BBCは英国放送協会です。1922年設立と古い歴史をもった英国の公共放送であり、の国際ニュースサービスが「BBCワールドニュース」です。

BBCワールドのページから

一般的にアメリカは、悲しいくらい内向きな国というか、アメリカとは関係のない国際事情に興味関心のない国であり、国民のパスポート取得比率は低く、世界地図上の地理も読めない人たちの国です。アメリカにとってはアメリカが世界です。

しかし、イギリスはアメリカと比べれば、断然国際的な問題に興味を持つ国であり、BBCワールドニュースは世界の出来事を24時間リアルタイムで伝えています。

イギリスは日本よりも国土の小さい島国ですが、連合国であり、ユナイテッド・キングダムという名前が示す通り、イングランド、スコットランド、ウェールズ、北部アイルランドのそれぞれが”ユナイテッド”して形成されている国でして歴史も古い国です。

個人的にメディアではBBCが一番好きかもしれません。

確かに海外のホテルやアパホテルとかでチャンネルつけるとBBCが流れていて飽きるのですが、それでもBBCは安心感がありますし、ラジオチャンネルも豊富です。

もともとOasisなどの『ブリット・ポップ』や最近のOne Directionなどのグループミュージックが好きということもあり、やはりイギリスのメディアおよび文化戦略にのせられているところはあります。BBCがプロデュースしているドラマ「シャーロック」などもおススメです。Netfilixで観れます。

加えて、アメリカ人は他人の話を聞かないが、イギリス人は比較的聞いてくれるという個人的な経験もあり、継続的に友人関係があるのもイギリス人の方が多いです。

【30日間全額返金】2ヵ月で英会話を劇的に変える!
に投稿

英字新聞紹介②チャイナ・デイリー

Photo by Markus Spiske on Pexels.com

どうも、義貞です。

前回は香港の英字新聞『サウスチャイナ・モーニング・ポスト』(https://bit.ly/3fIWZPZ)を紹介したので、今回は大陸の方の英字新聞『チャイナ・デイリー』を紹介したいと思います。

英字新聞は本家本元のイギリスがたくさん種類があります(イギリスはTVチャンネル数も多い)。イギリスのスーパーに行った時に、新聞コーナー(?)みたいな場所に色々な新聞(タブロイド紙も)置かれていました。

前に『CGTN』をご紹介したように(https://bit.ly/2Ynro0d)、中国は英語においても発信力を強めています。中国メディアなので一歩引いた気持ちで見ておくとよいでしょう。ただ、英語で中国内の情報を知れるという点で『チャイナ・デイリー』は使えます。

日本にいるとそれほど意識しないのですが、世界で中国の存在感は上がっていますし、中国の沿岸部はどこの都市に行っても高層ビル群が屹立し、経済的な発展を感じることができます。キャッシュレスも先進的で、紙幣がなくてもWechatAlipayさえあればスマホで全て完結します。

また、カリフォルニアやバンクーバー、バンコクやジャカルタには多くの中国人がいて、フィリピンやマレーシアでさえ現地の経済的なアドバンテージがあるのは『中華系』の住民です(https://bit.ly/2V5XATX)。

なので、英語を勉強しながら中国の国内事情を知ることができるという一石二鳥なのが『チャイナ・デイリー』です。日本の図書館にも英字新聞のところに置いてあると思います。

カリフォルニアに住んでいる先生から中国語(普通語)を習っていますが、「漢字」はその名の通り漢民族の文字ですので、日本の漢字も中国から拝借しています。加えて、古代中国は歴史の宝庫であり、「項羽と劉邦」や「三国志」などロマンに溢れたストーリーがあります。

例えば、「公園」、「身体」、「感染」、「学生」、「地区」などの意味は日本で使用される漢字の意味と全く同じ意味です。英語にすると、park, body, infection, student, areaになるので、こうするとアルファベットというのは日本に馴染みのない文字だなーと改めて思います。

lookfantastic
に投稿

女性首相が輝くフィンランドとニュージーランド

Photo by Rene Asmussen on Pexels.com

どうも、海外侍の義貞です。

フィリピンやベトナムなどの東南アジア諸国は、女性が尊重され、比較的高いポジションにつけることをご存知でしょうか。東南アジアの途上国と侮るなかれ、「ジェンダー」という視点で社会を捉える時、女性が活躍できる度合でいうとフィリピンやベトナムは進んでいます。

そして、何よりフィリピンやマレーシアなどのマレー系は、子供を非常に大切にするという文化があります。なぜフィリピンやマレーシアへの「親子留学」(主に母子による)が徐々に人気になっているかといえば、特にマレーシアなどは子育て環境が良いという点があります。ただ、フィリピンもマレーシアも政界はけっこう強権的な男性陣によって担われています。

しかし、本当の”先進国”は北欧やオセアニアにあります。フィンランドのサンナ・マリン、ニュージーランドのジャシンダ・アーダーソンを見ていきたいと思います。

若干34歳にして、女性でフィンランドの首相になったサンナ・マリンですが、可愛らしい見た目とは裏腹に大変な人生を送ってきています。父親が経済的問題を抱えアルコール依存症になったことで家族は離反し、母親の側についてマリンは、母親の同性のパートナーに育てらます。彼女はそのことを公にできないことに苦しみますが、母からの献身的なサポートによって乗り越えていきます。

一方、ニュージーランドのジャシンダ・アーダーソンも若干37歳にして同国の首相になっています。もともとニュージーランドは世界で最初に女性参政権が認められた国です。(フィンランドも世界3番目。ちなみに日本は第二次世界大戦後)

つまり、この2国は相当前からジェンダーに関して先進的であったといます。

まず日本で、30代女性が首相になれるとは現実的に考えられない(30代男性でも)ということから考えると、フィンランドとニュージーランドがいかに改革的なのかよく分かります。

加えて、この両国は世界幸福度ランキングで毎回上位に入る国でもあります。

世界幸福度ランキング

たしかに、ニュージーランドやフィンランドは大国ではないかもしれない。しかし、結局その社会が何を目指すのかというところにあります。それでもフィンランドはロシアと、ニュージーランドはオーストラリアとうまくやっています。

また、英語力でいってもフィンランドやニュージーランドは通用度が高い国です。特にフィンランドはロシアを例外とすれば、日本から一番近いヨーロッパです。

フィンランドはぜひ行ってみたい国です。

に投稿

洋楽から学ぶ英語②クリスティーナ・アギレラ

どうも、義貞です。

さて、洋楽から学ぶ英語ということで、エイバ・マックスに続きクリスティーナ・アギレラの歌詞から借りてきたいと思います。

クリスティーナ・アギレラはエクアドル出身の父親とアイルランド系の母親を持ち、軍人だった父親の仕事で世界の米軍基地に駐留し、日本にも住んだことがあるようです。

クリスティーナの歌声も、すごい伸びの良さと力強さがあり、響き渡る音量です。個人的に好きなタイプの歌手です。

Ain’t No Other Man“から、ここで使われるAin’tについて説明していきます。

よく洋楽の歌詞ではAin’tが登場しますし、アメリカ人はこの言い回しを好んで使います。Ain’tは am not、is not、are not、have not、has notを短縮したものです。

たかしに、am notというよりain’tと使った方がより音が短縮され、歌詞にしやすいということがあるかもしれません。巻いていくように言葉を繰り出していくアメリカ人的には、より言いやすい表現のような気がしています。

ただ、このスラングは通常ではあまり品の良い表現ではないようです。英語の教科書などでは出てこない表現ですが、ネイティブのアメリカ人同士は比較的によく使っています。ですので、教科書的ではないが、覚えていて損はない表現です。

Ain’t No Other Man『他の男じゃダメなのよ』といった感じでしょう。少しサビの部分を見ていきましょう。

Ain’t no other man that can stand up next to you 他の男じゃダメなの、あなたの隣には

Ain’t no other man on the planet does what you do 地球上のどの男でもダメなのよ、あなたのように振る舞えない

You’re the kinda guy a girl finds in a blue moon あなたのような男はめったに見当たらないわ

最後のセンテンスのkindaもよくネイティブが使います。「kind of」(一種の)の短縮系でkinda cool(なかなかクールだ)みたいに使います。in a blue moonも一見何だ?と思いますが、これは直訳すれば「青い月」になりますが、青い月はめったに見ることがないので、めったに~ないのような表現となります。

に投稿

『愛の不時着』と朝鮮戦争、韓国と英語

どうも、海外侍の義貞です。

本日は最近話題になっている韓国ドラマ『愛の不時着』をトピックとして、朝鮮戦争の歴史、現代韓国の英語熱などについて紹介していきたいと思います。

韓国ドラマ『愛の不時着』の人気によって、第3次韓流ブームと言われている昨今、『冬のソナタ』が流行った第1次の時はまだ自分は高校生でした。なので最近のBlack PinkやBTS、TwiceやMamamooなどのK-popアーティストたちの隆盛を観ると、時代の変化をより感じられます。先述のエイバ・マックスもBlack Pinkとコラボしたいといっています。

『愛の不時着』は、財閥の令嬢がパラグライダーをやってる時に竜巻に巻き込まれて北朝鮮に不時着し、北朝鮮の兵士に介抱されて韓国へ脱出を試みる中でお互いに愛が芽生えるというストーリーです。

これは現実的にはありえないシナリオですが、現実的にありえない事を妄想するのがロマンスであって、そこに大きい障害があるからこそ、見ている方は感情移入するものです。

そもそも、なぜ半島が分断され別の国になっているのかを知っていこうとすると、いきつくのは『朝鮮戦争』です。朝鮮戦争は、その後のベトナム戦争へも繋がる悲劇的な戦争です。

第二次世界大戦以後、世界の統治を巡ってアメリカとソ連は対立し、冷戦に突入します。日本の植民地支配から解放された朝鮮の所有は、西側のアメリカ、東側のソ連のどちらに属するのかと二つのパワーが争うことになります。そこに、もともと朝鮮を属国としていた中国が介入し、中ソVSアメリカの戦いが始まります。

朝鮮半島は太平洋へ向けて突き出された大陸への架け橋のような場所であり、アメリカとしては、ここに自国軍を配備することで中国とソ連ににらみをきかせたいと常に思っています。

あと一歩のところで中ソ側に占有されるところを、アメリカ&国連軍が挽回し、38度線で膠着してから現在に至ります。

韓国へ旅行した方は分かると思いますが、韓国の都市で電車に乗ると軍隊服を来た兵士たちをよく見かけます。韓国は今でも戦時下なのです。

さらに韓国の経済体制は一部の財閥によって完全に固定化されています。そのため、日本の学生が大企業に入りたいと思うのとは比べものにならないほど、一部の大企業に入るための熾烈な競争が起こっています。

財閥企業は同時にグローバル企業のため、日本では考えられないくらいの高い英語力を要求されており、それゆえ韓国では英語を学習することが必須とされています。

そのため、韓国では早いうちから英語留学が始まり、まずは英語圏であるフィリピンで缶詰になってマンツーマンで学習するというスタイルが一般的になりました。

マニラやセブの学校で英語力を上げてからアメリカやカナダなどのネイティブ圏に行くというルートを取っており、ベイシックレベルならフィリピンで良いという考えです。

そのような考えからみると、韓国の方が日本よりも海外に対してはオープンであると思います。逆にいえば、海外からの巨大な力と国内の巨大な力のサイクルの中で、韓国は外に対してオープンでないとやっていけないというのがあるかもしれません。

Black Pinkのリサはタイ人ですし、Twiceには日本人も台湾人もいます。そのオープンさと多様性を保つ事がk-popを世界レベルまでステージを上げたといっていいでしょう。

LINEで割引クーポン配布中!韓国レディース服店CUTE CHERRY(キュートチェリー)

に投稿

フィリピンとブルネイ

Photo by Asad Photo Maldives on Pexels.com

どうも、義貞です。

本日はブルネイとフィリピンの歴史関係を見ていきたいと思います。

即位の礼」で国賓として来日して以来、その「イケメン」ぶりが話題となったマティーン王子がいる国ブルネイ。あまり日本人には馴染みがないと思われているかもしれませんが、日本の皇室とは長い付き合いのある国です。

また、現在のブルネイはボルネオ島(インドネシア語ではカリマンタン島)北部の本当に小さな領土しかありませんが、歴史的に16世紀にはブルネイ帝国を築いており、フィリピンの一部を占有していました。

以前ご紹介したスールー王国の成立(https://bit.ly/2N5cmG2)以前は、ブルネイがこのArchipelago(群島)で力を有していました。フィリピンの都市であるマニラやセブでは、ガレオン貿易(https://bit.ly/3edHjUh)がメキシコとの間で行われており、スールー王国は中国との貿易によって隆盛しました。

ボルネオ島(カリマンタン島)は鉱物資源が豊富で、野生動物の多様性も非常に高い場所です。様々な部族がおり、多種な言語が使われているところでもあり、とても興味深い島です。

ボルネオ島には、「首狩り族」という人間の首を狩る怖い部族が今でも存在しており、そのような前近代的なTribe(部族)の村を訪れるのは楽しそうです。

『National geographic』というチャンネルが好きな私としては、ボルネオ島は今行ってみたい場所です。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ ブログ感覚で簡単運営!飲食店ホームページが月額1,000円(税抜)の低価格! グーペ https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3BFMPK+3MDZSY+348+1TJLZN ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

に投稿

英字新聞紹介①サウスチャイナ・モーニング・ポスト

Photo by Kaboompics .com on Pexels.com

どうも、義貞です。我是義貞学习中文(中国語を勉強しています)

カリフォルニアとかバンクーバーは今やもう中国の都市なんじゃね?ってくらい中国人たちは北米に英語学習にいく昨今ですが、もともと中国の中で国際的だった場所が香港です。欧米的な概念を受け入れていた場所が香港といっていいでしょう。

巨大化した中国のEコマースの先駆者であるアリババも、香港の市場で上場しています。つまり、香港は中国本土と欧米諸国を繋ぐ結節点みたいな場所です。

その当時、香港はイギリス領でしたので英語話者も多くいました。そこで発刊した英字新聞がサウスチャイナ・モーニング・ポストです。

香港は中国であって、中国でないようなところです。シンガポールもそうですが、なんかちょっとロンドンと似ているなと感じるようなとこがあります。フィリピンはスパニッシュ入ってるなと感じるのと同様に、香港やシンガポールもどことなくイギリス的な感じがあります。植民地化するっていうのはそういうことなのでしょう。

サウスチャイナ・モーニング・ポストはアジア各国のニュースを取り上げているのと、アジア各国で読まれています。

僕はタイにいた時に、バンコク・ポストと一緒によく読んでいました。新聞という紙の媒体はどこでも下降傾向にありますが、朝にTVをつけてあの騒がしいFOXニュースを聞くよりも、コーヒー片手に紙面を眺める作業もなかなか楽しいです。

に投稿

洋楽から学ぶ英語①エイバ・マックス

最近怎么样 How’s it going?

今日は洋楽から学ぶ英語のフレーズを紹介したいと思います。

最近はエイバ・マックスの曲を聴いてるので、彼女の歌詞からセンテンスを借りようと思います。

エイバ・マックスはアルバニア系の移民で母親はオペラ歌手であり、幼少期から音楽に親しんでいようで、彼女の伸びと張りのある声とテンポの良いメロディーがすごくフィットしています。

どことなくクリスティーナ・アギレラにメロディや声が似ていている。       アメリカ人女性らしいパワフルさと、アメリカ人らしからぬ身長と可愛らしい見た目が好みです。

エイバ・マックスのYoutubeから抜粋

Sweet but Psycho“という曲でブレイクした彼女ですが、その曲とは別の”So Am I“から歌詞のセンテンスを引用したいと思います。

So Am I“は「私もそうです」という意味なので、”Me too“と同じなのですが、”Me too“はよりカジュアルな表現で「私も」といった簡単にした言い方です。

“So Am I”と言うときに、なんで”So I am“でないのかな?っと思うのですが、これはフレーズとして覚えるしかないですね。

(例)I’m from Tokyo. −So am I.
「私は東京出身です」「私もですよ」

この曲は最初からサビで飛ばしていきます。

Do you ever feel like a misfit? 「あなたは適合できないと感じてない?」

Everything inside you is dark and twisted 「心の奥にある暗闇とねじれ」

but it’s okay to be different 「でも、違っていても平気よ」

Cause baby, So am I「私もそうだから」

エイバ・マックス自身、学校に適応できなかったとカミングアウトしているので、「違って良いんだよ」というメッセージは説得力があります。

アーティスト系の人たちは感性や表現力が豊があるがゆえ、近代的な学校教育の枠にはハマりません。

学校教育に適合したアーティストっているのかな。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■ 今までになかった全く新しい英会話スクール「アクエス 」 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 今まで英語が話せずにあきらめかけていたあなたへ!! 全く新しい英会話スクールで、 効果的に英会話が上達する独自カリキュラムを持つ「アクエス」 日本人講師とフィリピン人講師が 交互にレッスンしてくれるユニークなハイブリットスタイルで、 あなたの英会話力UPをばっちりサポートしてくれる 今だけお試しレッスン5回×50分がなんと0円で受けられる!! 「アクエス」英会話スクールで、新しいあなたを発見しよう!! https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3BFMPA+F0LNLU+4D4Y+5YZ77