英語メディア紹介⑤ArirangTV


Photo by Pixabay on Pexels.com

どうも、義貞です。

本日は英語メディア紹介の第5弾として、韓国のArirang TVを紹介したいと思います。

こちらは韓国の国際テレビ放送局であり、在韓外国人を対象に英語のテレビ放送として始まったプログラムのようです。まあNHKワールドみたいなものですね。

韓国はK-popの勢いがあり、コンテンツ配信も英語で流しています。欧米でも人気が出ているため、アーティストたちは英語で受け答えできる人も多いです。人気のBlack Pink(個人的にリサが好き)やBTSのメンバーなども欧米メディアに登場して英語で会話していますね。

ロシアのRTやアメリカのFOXほどは頻繁に見ていないのですが、フィリピンのANCと同じくらいの頻度で見ています。やはり好きなアンカーがいるのですが、それがConn-young(クゥン・ヨン)です。彼女の英語も非常にクリアで、ニュートラルで、綺麗です。やはりキャスターの英語はすごい。CGTNのルー・シンの英語も聞いていているだけで、自分がうまく話せていると思わせるほどです。



フィリピンANCの好きなアンカーはカレンなのですが、彼女はフィリピン人ぽい英語を話します。RTのアンカーであるソフィーも少しロシアっぽい話し方です。なので、それと比較するとクゥン・ヨンとルー・シンの英語は分かりやすく、聞き取りやすいと言えると思っています。あくまでも個人的な印象ですが。変にアメリカ的な巻き舌な話し方をしていないところが好印象です。

世界の様々な国際放送を見ると違いが分かってきますし、英語を勉強する素材はVOA(ボイス・オブ・アメリカ)やCNNだけではありません。NHKワールドを含め、様々な国のメディアに触れてみると良いかと思います。

海外旅行してホテルのテレビをつけると、だいたいCNNかBBCが流れていてさすがに飽きてきます。アメリカやイギリスだけが英語メディアの発信者になれる時代は終わりました。もっと別の角度や視点から世界ニュースを見ていきたいものです。

投稿者: 海外侍 義貞

こんにちは。海外侍の義貞です。Cebu Samurai Warriorsの管理人です。 このサイトでは効率的な英語学習とフィリピン・セブ留学、オンライン英会話の有効性などをメインに紹介していきます。TOEIC 885点

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。