英字新聞紹介②チャイナ・デイリー


Photo by Markus Spiske on Pexels.com

どうも、義貞です。

前回は香港の英字新聞『サウスチャイナ・モーニング・ポスト』(https://bit.ly/3fIWZPZ)を紹介したので、今回は大陸の方の英字新聞『チャイナ・デイリー』を紹介したいと思います。

英字新聞は本家本元のイギリスがたくさん種類があります(イギリスはTVチャンネル数も多い)。イギリスのスーパーに行った時に、新聞コーナー(?)みたいな場所に色々な新聞(タブロイド紙も)置かれていました。

前に『CGTN』をご紹介したように(https://bit.ly/2Ynro0d)、中国は英語においても発信力を強めています。中国メディアなので一歩引いた気持ちで見ておくとよいでしょう。ただ、英語で中国内の情報を知れるという点で『チャイナ・デイリー』は使えます。

日本にいるとそれほど意識しないのですが、世界で中国の存在感は上がっていますし、中国の沿岸部はどこの都市に行っても高層ビル群が屹立し、経済的な発展を感じることができます。キャッシュレスも先進的で、紙幣がなくてもWechatAlipayさえあればスマホで全て完結します。

また、カリフォルニアやバンクーバー、バンコクやジャカルタには多くの中国人がいて、フィリピンやマレーシアでさえ現地の経済的なアドバンテージがあるのは『中華系』の住民です(https://bit.ly/2V5XATX)。

なので、英語を勉強しながら中国の国内事情を知ることができるという一石二鳥なのが『チャイナ・デイリー』です。日本の図書館にも英字新聞のところに置いてあると思います。

カリフォルニアに住んでいる先生から中国語(普通語)を習っていますが、「漢字」はその名の通り漢民族の文字ですので、日本の漢字も中国から拝借しています。加えて、古代中国は歴史の宝庫であり、「項羽と劉邦」や「三国志」などロマンに溢れたストーリーがあります。

例えば、「公園」、「身体」、「感染」、「学生」、「地区」などの意味は日本で使用される漢字の意味と全く同じ意味です。英語にすると、park, body, infection, student, areaになるので、こうするとアルファベットというのは日本に馴染みのない文字だなーと改めて思います。

lookfantastic

投稿者: 海外侍 義貞

こんにちは。海外侍の義貞です。Cebu Samurai Warriorsの管理人です。 このサイトでは効率的な英語学習とフィリピン・セブ留学、オンライン英会話の有効性などをメインに紹介していきます。TOEIC 885点

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。