激変するミャンマーのヤンゴン


どうも、海外侍の義貞です。

普段、youtubeで英語メディアや英語での旅行チャンネルを見ているのですが、ミャンマーを紹介する『EatSleep Yangon』というチャンネルが面白いのと、ヤンゴンの激変を感じたので取り上げます。

ヤンゴンの中心街と天使のようなミャンマーの女の子

ミャンマーに初めて行ったのは2014年でした。

2012年に、それまで軍事政権が統治していたミャンマーは、開国的な方向にシフトし、スーチー氏を解放し、アメリカとの関係を改善しました。それにより、日本人も事前にビザを取得すれば、ミャンマーに入国できるようになりました。

当時は、ミャンマーが開国したということでミャンマー視察ブームがおこっていて、日本の企業人や観光客がミャンマーを訪れました。ミャンマーの変化を見たいと思った私もヤンゴンに飛びました。ヤンゴンの街を歩き回り、カフェに入ったり、デパートに行ったりしました。

その頃、ハリウッド映画の『トランスフォーマー』が上映されていて、映画館にミャンマーの若者たちが溢れかえっていたのが印象的でした。加えてホテルの料金が異常に高騰してたのですが、ホテルでは普通にCNNが流されていて、ほんとに軍事政権だったのかなと思うほどでした。

久々に、このチャンネルでヤンゴンの紹介を見たら、Junction Squareなる地区が出来ていて、綺麗な高層ビルやデパートができている事にビックリです。

当時ヤンゴンのデパートはまだ、「なんか古びてるな」と感じるものでしたが、この動画を観るとすごくお洒落になっています。

もともとミャンマーのヤンゴンは、軍事政権に変わる80年代以前は、タイのバンコクより経済的に豊だったようです。

今は、ミャンマー人の労働者はバンコクに出稼ぎに行ってタイ人からこき使われてますが、ミャンマーの方に可能性あるな、と感じています。加えて、ミャンマー人は穏やかで、優しく、また女性は綺麗な人が多いです。

仏教の3大聖地の1つであるバガンなども行って損はないですし、ゴールデンロックも見てみたいですね。

また、ミャンマーは英国による植民地だったため、比較的英語は通用する方です。マレーシアのペナン島などもそうでしたが、英国統治時代の建築様式や教会が残っていました。

5年経つと新興国は劇的な変化を遂げるものです。「10年ひと昔」と言いますが、新興国の場合、おそらく5年以下のスピードで変化していると思います。

投稿者: 海外侍 義貞

こんにちは。海外侍の義貞です。Cebu Samurai Warriorsの管理人です。 このサイトでは効率的な英語学習とフィリピン・セブ留学、オンライン英会話の有効性などをメインに紹介していきます。TOEIC 885点

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。