洋楽から学ぶ英語⑤デュア・リパ


How’s it going, guys! 義貞です。

本日は、洋楽から学ぶ英語⑤ということで、デュア・リパの歌詞から引用して紹介したいと思います。

デュア・リパはイギリス人ですが、アルバニア系の移民です。アルバニアは、イタリア半島を体面にして海域を越えた場所にある国ですが、もともとこの辺りはユーゴスラビア連邦といった国家連邦でした。アルバニアはそのユーゴスラビアとくっついて下にあった国ですが、アルバニア系はユーゴの中でも散らばっていました。

ヨーロッパは様々な民族が入り交じり、もともと争いの絶えない場所です。また、このバルカン半島は、オスマン帝国(トルコ)による影響下にあったため、イスラムの影響もありますし、この辺りの民族は南スラブ人とも言われており、ロシアとの関係もあるので色々とややこしい場所です。

さて、歴史は一旦横において、前回紹介したエイバ・マックスもアルバニア系移民です。移民の家庭の2世だからなのか、彼女らの英語はネイティブのそれとはやはり違うような印象を受けます。アングロサクソン系と比較すると聞き取りやすい印象があります。

ネイティブでも、移民の第1世代は英語を話せないで米国や英国に来た可能性があるので、2世も家庭内ではアルバニア語を話していたかもしれません。

デュア・リパの曲 “Break My Heart” からサビの部分を引用します。

“Break My Heart”

I would’ve stayed at home

家にいるべきだったわ

‘Cause I was doing better alone

一人でいた方がよかった

But when you said, “Hello”

でもあなたが家を訪れたとき,

I knew that was the end of it all

全ての終わりだってわかったわ

I should’ve stayed at home

家にいるべきだった

‘Cause now there ain’t no letting you go

だって私はあなたを離さないから

Am I falling in love with the one that could break my heart?

私はまた私を悲しませるような人に恋をしてるのかしら?

Oh no, I was doing better alone

ああ,だめ,私はちゃんとやってたのよ

But when you said, “Hello”

でもあなたが私の家に来たとき,

I knew that was the end of it all

全ての終わりだってわかったわ

I should’ve stayed at home

家にいるべきだったわ

Cause now there ain’t no letting you go

だって私はあなたを離さないから

Am I falling in love with the one that could break my heart?

私はまた私を悲しませるような人に恋をしてるのかしら?


Cause now there ain’t no letting you goなんて言われてみたい言葉ですが、またain’tが使用されており、この文章を歌に合わせて詰め込んでいるので、早口で聞き取りにくいかもしれません。

英語圏の音楽シーンで活躍する存在が旧社会主義圏やカリブ海の生まれからスターを誕生させているのが非常に興味深いですね。

投稿者: 海外侍 義貞

こんにちは。海外侍の義貞です。Cebu Samurai Warriorsの管理人です。 このサイトでは効率的な英語学習とフィリピン・セブ留学、オンライン英会話の有効性などをメインに紹介していきます。TOEIC 885点

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。