プエルトガレラとプエルトプリンセサ


Photo by Leon Macapagal on Pexels.com

どうも、海外侍の義貞です。

今回は、第二のボラカイといわれるフィリピンのプエルトガレラについて紹介しましょう。フィリピンの首都マニラから4時間かけて行くミンドロ島にあるこの港町は数々の美しいビーチを誇るフィリピンの中でも屈指の観光地です。

プエルトガレラ(Puerto Galera)という名前は、スペイン語から来ています。”Puerto“は、港という意味です。

カリブ海にあるプエルトリコは、”Puerto”()”Rico” (美しい)なので、「美しい港」という意味になっています。

ガレラはどのような意味なのか分かりませんが、港町ということは確かです。

この港町には、ユネスコが後援するNGO団体「World’s Most Beautiful Bays Club」から「世界でもっとも美しい湾の一つ」に選出されるほどの絶景ビーチがあります。

この辺りはボラカイのように開発されていない豊かな自然と素朴さが残っており、穴場とされています。

また、プエルトガレラはダイビングの地として知られており、ヨーロッパなどからダイバーたちがやってきます。ダイビングが好きな方が多く訪れるので、行く価値ありですね。

パラワン島

ミンドロ島隣のスールー海側に面するパラワン島にも、プエルトプリンセサという地域一帯があります。そこにも手つかずの自然と美しいビーチ、鍾乳洞などがあります。パラワン島には一度も行ったことがないので、いつか訪れたいと思っています。

投稿者: 海外侍 義貞

こんにちは。海外侍の義貞です。Cebu Samurai Warriorsの管理人です。 このサイトでは効率的な英語学習とフィリピン・セブ留学、オンライン英会話の有効性などをメインに紹介していきます。TOEIC 885点

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。