に投稿

アメリカで拡大するジョリビー

Photo by Marco Fischer on Pexels.com

どうも、海外侍の義貞です。

ジョリビー(Jolibee)は、フィリピンを代表するファーストフードであり、マクドナルドとケンタッキーを合わせたようなメニューで、いつでも賑わっています。フィリピンに行った時は、必ずジョリビーに行きます。

やたらに多い店員が、やけにフレンドリーに対応してくれるのですが、そのジョリビーもアメリカで市場を拡大しています。

ジョリビーの会社CEOのインタビューを見ていた時、今後もアメリカでマーケットを獲得していくと気合を入れてましたが、400万人はいるとされるアメリカに住むフィリピン人にとって、当地でジョリビーを味わえるのは最高でしょう。

フィリピン人の多くは、ハワイや西海岸のカリフォルニア州に多いですが、今回ジョリビーは南部テキサスで3店舗オープンさせるそうです。

チキンジョイ(Chickenjoy)はクリスピーでサクサクなチキンに、ちょっぴり辛いスパイスが効いています。肝心なところは、フィリピン人は何でもライスと一緒に食べるというところです。日本では、ケンタッキーのフライドチキンをライスと一緒に食べることはあまりないと思いますが、フィリピンでは通常ライスと合わせて食べます。

もしジョリビーがアメリカで成功を収めたとすれば、遅れて日本に入ってくるかもしれません。アメリカと比較すると、日本にいるフィリピン人の数は20万人くらいなので、だいぶ少ないですが。