英語の習得目的 印象的vs実用的


Photo by Ian Panelo on Pexels.com

どうも、海外侍の義貞です。

今日は、英語の習得目的について書いてみたいと思います。

英語の習得に関する議論には大きく分けると2つあると思います。1つは「ネイティブのような発音ができるようになりたい。その方が良い。」というもの。

もう1つは、「英語は単にツールなので実用的に使用できれば良い。ビジネスで使えれば良い」というもの。

そもそも日本は内需で回る国だから、別に英語なんて必要ないという不要論もありますが、今回はそれは横に置いておいて、英語を習得するための目的について巷で広がっている考え方に触れてみたいと思います。

まず、英語はネイティブのように話せた方がいい(あるいは綺麗な発音で話せた方がいい)ということですが、それ自体には間違いはないかと思います。本来、英語は英米から広がってきたグローバル言語なので、英米ネイティブの発音で話せることに越したことはありません。

しかし時々、その目的がネイティブのように話せていることがカッコいいみたいな自己像を持っているような気がしてしまうことがあります。僕の知り合いにも、やたら発音を極めることに重きを置いている人がいます。「通じるために発音が大事だ」ということは理解しますけど、英語を話すこと=ネイティブのようになるということではないと思っています。

アメリカの発音に近づけたいからそうしたいという人は、自身でそのようにすればいいのであって、一般的に英語を話せるようになること=アメリカ的な発音という認識にこだわる必要はありません。

日本人の特徴は、間違いや発音の綺麗さに捉われて過ぎて、話そうとしないことにあると思います。話そうとしない⇒通じない⇒英語が嫌いになる⇒外国人とコミュニケーションする必要はない⇒日本語学べ、みたいなサーキットがあるのは、英語取得に対する過剰な憧れやアメリカ的な発音をまねることにある気がしています。

発音なんて気にする必要はないとは言いませんけど、「通じればいいから話してみるか」という感覚が大事だと思ってます。

次に「英語は単にツールなので実用的に使用できれば良い。ビジネスで使えれば良い」というもの。より実用度を重視したもの。これも確かにその通りなのですが、であれば、皆が英語を勉強する必要はないと思っています。

日本では義務教育の過程でも英語を勉強しますけど、今思うとなぜ5科目のなかに英語が含まれているのでしょうか。英語が公用語でもない国で。日本でも入試で民間の英語試験を活用するような話が出てきてもめましたが、日本国内で英語を使用してビジネスする人なんて本当にごく僅かです。

アメリカや海外とビジネスする人しか英語って必要ないですよね。そういう人だけが英語を話せるようになればいいと思っています。韓国のように何が何でもTOEICで満点とらないといけないとか、そういうことでもないので。

僕のように海外のことに強い関心や興味がある人が英語を学べばいいと思っていて、なにも英語が流暢に話せるからエラいということではありません。しかし、全く不要かと言えばそうでもないと思うので、やはり海外に関心のある人がやればいいものだと思います。

投稿者: 海外侍 義貞

こんにちは。海外侍の義貞です。Cebu Samurai Warriorsの管理人です。 このサイトでは効率的な英語学習とフィリピン・セブ留学、オンライン英会話の有効性などをメインに紹介していきます。TOEIC 885点

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。