フィリピンとCLV諸国(ポッドキャスト)


Photo by Binh Ho Image on Pexels.com

What’s up, guys! 海外侍の義貞です。

さて今回は、フィリピンとCLV諸国についてポッドキャストを録りました。

CLV諸国とは、CambodiaのC、LaosのL、VietnamのVをとってCLVと一括りにされます。このインドシナ諸国はフランスの植民地だったこともあり、コロニアル様式の建造物も残っており、どことなくフランス感を味わうことができます。

その中心的な存在であるベトナムは、僕がフィリピンと同様に好きな国なのですが、フランスの影響もありながら、最近はかなりアメリカの影響を受けています。

広告

ベトナムのキッズたちは、「アメリカに住んだことあるの?」と思うくらいにアメリカ人の子供みたいに英語を話します。かつて憎んだ敵国の言語であるはずが、今のベトナムの子供の世代は自由に操っています。

今のベトナムは非常に面白いので、これから少しの間ベトナムに関するブログ投稿が増えると思いますが、フィリピンとともにベトナムにも少し興味を持ってもらえたら嬉しいです。

フィリピンと中華系 セブサムライ

フィリピン華僑を通してフィリピンと中華系の背景を話します
  1. フィリピンと中華系
  2. フィリピンとミャンマー
  3. フィリピンとアメリカ
  4. フィリピンとCLV諸国について
  5. フィリピンと韓国について

投稿者: 海外侍 義貞

こんにちは。海外侍の義貞です。Cebu Samurai Warriorsの管理人です。 このサイトでは効率的な英語学習とフィリピン・セブ留学、オンライン英会話の有効性などをメインに紹介していきます。TOEIC 885点

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。