に投稿

マニラに新空港を建設するコングロマリット、サンミゲル・グループ

photography of aircraft wing
Photo by Bibhash Banerjee on Pexels.com

Hey, guys! 海外侍の義貞です。

フィリピンの経済は財閥によって占められています。

スペイン系財閥としてはアヤラ(Ayala),ソリアノ(Soriano)などがあり、中華系財閥としてSMインベストメンツやLTグループ、JGサミットグループなどがあります。

JGサミットグループの創業者はセブ島生まれの華人であり、福建省からやってきた貿易商を親に持ちます。

今回、取り上げるのは、その中でサンミゲルビールを擁するサンミゲル・グループです。

サンミゲル・グループは、フィリピン財閥の中でも知名度No.1の企業であり、ビール事業のサンミゲルビールはフィリピンでシェア90%と断トツの人気となっています。

どうやらこのサンミゲルグループがマニラ首都圏北部ブラカン州で新国際空港の建設を行うようです。また、ニノイ・アキノ国際空港(NAIA)についても運営に積極的な姿勢を示しているらしいのです。

ニノイ・アキノ国際空港は世界でもワースト級の空港です。まず、ターミナルがいくつもあるのですが、ターミナル間の距離が離れているうえ、その連結性が非常に悪い。また、空港内の環境や雰囲気が良くないうえ、空港からのタクシーがぼったくりが多く、安全性が感じられないなど様々な要因を考慮して最悪の部類に入るのも仕方ありません。

僕はマニラが好きではないのでほとんど行きませんが、マニラに行った時は確実にGrabを使います。空港にまでGrabスタンドがあるほどなので、空港タクシーを使用するよりもGrabの方が便利で快適です。

その最悪級の空港をおいて、新空港を建設するというのは良いですね。首都空港は国の玄関なので、空港でイメージが悪いと国自体に悪いイメージがつきます。

シンガポールのチャンギ空港やマレーシアのKILA1、2などは立派な空港で、先進国という印象を受けます。本当にフィリピンには見習ってほしいものです。

に投稿

シリーズ②フィリピンの島ービザヤ地方・セブ島

aerial photography of seashore
Photo by BongVideos Production on Pexels.com

どうも、海外侍の義貞です。

フィリピンについてのブログでの発信も、いくつかシリーズに分けて書いていこうと思います。当分の間、フィリピンに行くことができないでしょうが、フィリピンに行くことができるようになったら限定公開で動画も配信していく予定です。

やはり、文章だけよりもその場を実際に体験できるような映像があった方が楽しいですし、何よりフィリピンの島々の自然が素晴らしいからです。それを知ってもらいたいという気持ちがあります。

さて、このシリーズではフィリピンの”島”についての情報を書いていきたいと思います。フィリピンは約7,000以上もの群島によって構成される国です。その中で、人々が定住する大きい島に限って紹介していきたいと思います。

最初に紹介するのは、やはりセブ島からにしましょう。

セブ島は、ビザヤ諸島に含まれる面積4,468 km²の島です。南北に長く、槍のような形をしています。両脇を海峡に挟まれますが、比較穏やかな流れです。

セブ島の中心都市はセブ市ですが、セブの国際空港はセブ市にはありません。空港は、セブ島近隣の別の島であるマクタン島に位置しています。セブの主なビーチリゾートは、このマクタン島にあります。

セブ市に行く為には、マクタン島から橋を渡り、隣接するマンダウェ市を通過する必要があります。マクタン島からセブ市街中心に入るまでに、混雑がなくてもタクシーで約40分くらいはかかります。マクタン島にあるラプラプ市からは、セブ市にフェリーで行くことも可能です。

また、マクタン島のさらに先にあるオランゴ環礁は、ダイビングスポットとして有名であり、海を楽しめる場所です。

セブ市はセブ島の中腹に位置していますので、ここが南北へ向う中心地になります。セブ島は意外にも山脈が縦断しているので、セブ島にある都市は主に海岸部に位置しています。オスロブ、モアルボアル、バンタヤン島、マラパスクア島などに綺麗なビーチがあります。海やビーチを堪能したい場合は、セブ市から南北に向かわないといけません。

セブ市は小さいながらも、それなりに近代化された都市です。しかし、南北に向かうと、ほとんど自然と共生するようなシンプル生活が広がります。

セブは漁業なども盛んで、ラプラプというビザヤ地方で捕れる魚があり、それがフィリピン料理のキニラウになります。

フィリピン料理キニラウ https://bit.ly/2XsCmAs

セブ観光地 https://cebusamurai.com/tourisum/