に投稿

フィリピンの顔になった巨大コングロマリット、サンミゲル・コーポレーション

どうも、海外侍の義貞です。

先日も取り上げましたが、サンミゲル・コーポレーションがなぜかやたらに元気がいいので今回もブログ記事にしたいと思います。

フィリピンについての情報をサーチする中で、最近のコロナ禍でベビーブームになっているとか、なかなか面白い記事を見かける機会が多いのですが、CNNフィリピンを見ていたら巨大インフラ事業が進行中とのことで関心を持ちました。

どうやらサンミゲル・コーポレーションは新空港だけでなく、道路や橋、鉄道など色々建設しているっぽく、現在のドゥテルテ大統領の「ビルド、ビルド、ビルド」進行中のようなのです。

このCNNの動画を見ているとサンミゲル・コーポレーションのCMなんじゃないかな(笑)と思うほどに、サンミゲル・コーポレーションが強調されています。

たしかに、フィリピンはマレーシアと比較するとインフラが整っていないですし、交通が本当に不便で移動がしにくいこともあってこれまで観光客をうまく受け入れることができていませんでした。今は観光客がいないので、これを機会に交通インフラを充実させておくことはよいと思います。

マレーシアは人口3000万ちょっとしかいませんが、フィリピンは1億おり、さらにこれから増えます。マニラの都市機能の劣悪さを改善するチャンスではあります。

ドゥテルテ氏は表現はかなり過激ですが、実行していることはフィリピンの治安の改善とインフラ整備に力を入れている姿勢は見えます。

今後もサンミゲル・コーポレーションの動向に注目したいと思います。