に投稿

フィリピン料理⑬リエンポ Liempo

広告
写真はPhilipinas recipesから

どうも、海外侍の義貞です。

さて今回は、フィリピンのサムギョプサル的な料理であるリエンポを紹介したいと思います。

サムギョプサルはご存知のように韓国料理であり。豚バラ肉の焼肉です。

前回紹介したレチョンカワリに近いですが、リエンポはレチョンとはまた違います。

レチョンカワリについてはこちら https://bit.ly/3r3Swgk

正直なところ、僕もよく違いはわかりません。ポークベリーという点では同じだと思うのですが、、、

レチョンカワリはカリカリにあげますが、こちらはBBQのような感じで焼くような感じですかね。一口サイズに切り刻まれて出てきます。肉の色や見た目的にタイのコームーヤーンに近い感じです。柔らかくてジューシーなのです。コームーヤーンよりは厚い肉ですが。

以前、ご紹介したタイのチムチュムですが、この料理はいわゆるイサーン地方(東北)の料理であるのですが、コームーヤーンもこのイサーン地方の郷土料理ですので、チムチュムを頼む時は同じようにコームーヤーンも注文します。

タイの場合は唐辛子が交じった辛いタレで食べますが、フィリピンの場合は醤油、ビネガー、みじん切りにされた玉ねぎと一緒に食べます。

日本ではフィリピン料理を食べる場所が本当に限られてしまいますが、タイ料理はたくさんあります。ちょうど「孤独のグルメ」を見ていたらタイのチムチュム店も取り上げられていました。ぜひ行ってみたいと思います。

に投稿

フィリピン経済ーremittance(送金), BPO, Essential work

広告
Photo by Pixabay on Pexels.com

Hey, guys! 義貞です。

久しぶりに、ポッドキャストを録りました。今回はフィリピン経済について。

1950年代までフィリピンはアジアの中でも最も豊かな国の部類に入る国だったのが、1980年代には「アジアの病人」とまで呼ばれるほど政治、経済的に低迷しました。

しかし、フィリピンは昔よりは進化して、BPOビジネスを中心にサービス産業や海外送金によって成り立つようになりました。人口も増えており、若年層が多く活気もあります。

日本で見るフィリピン関連のニュースは、犯罪関連のネガティブなものか、ビーチリゾートなど観光面に傾斜していて実際のフィリピンの実像というのはなかなか捉えることができません。フィリピン関連の日本人のユーチューブなどでは、お金と女性の話をするオジさんとフィリピンをおかしく取り上げる若者のそれぞれに分かれていて、やはりどこか現実的ではありません。

そういう面では、欧米人たちの方がより普通な、リアルなフィリピンを伝えている感じはあります。フィリピンの料理やビーチ、海や自然、人々の素朴さなどを伝えています。

個人的にはそこに加えて、フィリピンの人物たちなども紹介していきたいと思っています。ジョリビーを起業したトニー・タンとか、アヤラコーポレーションのソベルデ・アヤラとか。歴史的にはエミリオ・アギナルドとか。興味深い人物たちが多くいます。

今回はフィリピンの経済その1です。

に投稿

憧れのスペイン・アンダルシア、繁栄したイスラム文化、シェリー酒、フラメンコと闘牛

広告
Photo by Tomáš Malík on Pexels.com

What’s up, guys! 海外侍の義貞です。

かつて繁栄した帝国スペイン。僕にはスペイン人の友人がいることもあり、スペインの文化にも興味があります。以前、スペインのお酒『サングリア』やスペインのダンス『フラメンコ』について取り上げました。

太陽の国の飲み物”サングリア” https://bit.ly/3c5nhgL

女性だけのダンスではないフラメンコ https://bit.ly/2Y70rNB

長らくスペインの植民地となってきてフィリピン。東南アジアの群島にキリスト教を広めただけでなく、中国との貿易の中継地に使い、メキシコとのガレオン貿易を行い繁栄しました。このガレオン貿易に使用されたガレオン船の名前が「サン・フランシスコ号」であり、もともと米国のカリフォルニア州はメキシコ領だったことも関係があります。なのでフィリピンのスペイン文化は、メキシコのそれに近いものであるとされています。

フィリピンの代表的な家庭料理アドボは、スペインの肉料理“アドバード”を原型としているとされますし、フィリピンの不動産開発会社アヤラ・コーポレーションはスペイン系の財閥企業であったりします。アヤラ・コーポレーションについては次回のブログで書きたいと思います。

今やフィリピンもメキシコも、スペインよりもアメリカの方が重要な国になりましたが、それは世界覇権がスペインからアメリカに移ったからに他なりません。

さて、それは横に置いて、現在のスペインでは何かとカタルーニャが話題になっていますが、僕が注目するのはアンダルシアです。

イスラム王朝が繁栄したエキゾチックな都

このアンダルシア州には、北アフリカからやってきたイスラム勢力によって王朝が打ち建てられ、圧倒的な繁栄がなされました。特にコルドバという都市は、イスラム王朝の都となり、エキゾチックな文化が生み出されています。レコンキスタと呼ばれるキリスト教勢力の再征服が行われるまで、このコルドバはヨーロッパの中心ともされる場所だったのです。

グラナダという市には、アルハンブラ宮殿と呼ばれる城塞、宮殿があります。僕は城とか要塞、モスクや教会が好きなこともあり、ここは生きている間に一度は訪れてみたい場所です。

また、スペインの文化であるフラメンコや闘牛などは、このアンダルシア地方から出てきているようであり、やはり多様性の中から新しい文化が生まれてくることを現しています。

シェリー酒もこのアンダルシア州で生産されています。シェリー酒は白ブドウのみが原料の白ワインで、この地方のみで作られる酒精強化ワイン(醸造過程でアルコールを添加することでアルコール度数を高めたワイン)とのことで、興味深いですね。

参照:シェリー酒ってどんなお酒 

スペインのアンダルシア州は多くの魅力に溢れています。フィリピンのように日本から気軽に行ける距離ではないですが、いつかは一度訪れてみたい場所です。

に投稿

美しきフィリピン人女優ライザ・ソベラノ

広告
@TeamLizaSoberanoより

どうも、海外侍の義貞です。

今回は、フィリピン人女優の新生ライザ・ソベラノをご紹介したいと思います。

ご存知のようにフィリピンは数名のミス・ユニバースの優勝者がおり、南米同様に美人が多いことでも知られている国です。

ライザ・ソベラノは、アメリカ・カリフォルニア州生まれのフィリピン系アメリカ人で、今はマニラを拠点に活動する女優であり歌手で、映画評論家TC Candlerが主宰するIndependent Criticsが毎年発表している、その年の『もっとも美しい顔』(2017)に選ばれてもいます。国内の若者を対象とした「なりたい顔ランキング」ではトップになるなど、フィリピンの若者に支持されている女優のようです。

料理もそうですが、ドラマなどにおいても韓国やタイと比較してフィリピンはより知られていないと思います。韓国ドラマが流行ったり、泰ドラマ「2gether」が日本でもヒットしたりなどありますが、フィリピンまだまだ知られていないマイナーな国です。

タイのドラマ「2gether」 https://cebusamurai.com/2020/12/02/bl2gether/

しかし、ジョリビーコーポレーションやサンミゲル・コーポレーションなどがフィリピン内外で力をもっていけば、イメージは変わっていくかもしれません。経済的に発展してくると文化面で花が咲くようになります。

ライザ・ソベラノのように、アメリカや他の国から戻ってくるフィリピン人も出てくるかもしれません。

に投稿

フィリピンの顔になった巨大コングロマリット、サンミゲル・コーポレーション

広告

どうも、海外侍の義貞です。

先日も取り上げましたが、サンミゲル・コーポレーションがなぜかやたらに元気がいいので今回もブログ記事にしたいと思います。

フィリピンについての情報をサーチする中で、最近のコロナ禍でベビーブームになっているとか、なかなか面白い記事を見かける機会が多いのですが、CNNフィリピンを見ていたら巨大インフラ事業が進行中とのことで関心を持ちました。

どうやらサンミゲル・コーポレーションは新空港だけでなく、道路や橋、鉄道など色々建設しているっぽく、現在のドゥテルテ大統領の「ビルド、ビルド、ビルド」進行中のようなのです。

このCNNの動画を見ているとサンミゲル・コーポレーションのCMなんじゃないかな(笑)と思うほどに、サンミゲル・コーポレーションが強調されています。

たしかに、フィリピンはマレーシアと比較するとインフラが整っていないですし、交通が本当に不便で移動がしにくいこともあってこれまで観光客をうまく受け入れることができていませんでした。今は観光客がいないので、これを機会に交通インフラを充実させておくことはよいと思います。

マレーシアは人口3000万ちょっとしかいませんが、フィリピンは1億おり、さらにこれから増えます。マニラの都市機能の劣悪さを改善するチャンスではあります。

ドゥテルテ氏は表現はかなり過激ですが、実行していることはフィリピンの治安の改善とインフラ整備に力を入れている姿勢は見えます。

今後もサンミゲル・コーポレーションの動向に注目したいと思います。

に投稿

The coffee beanを買収していたジョリビー・コーポレーション

広告

Hey, guys! 海外侍の義貞です。

フィリピンのNo.1ファストフード店であるジョリビーについて調べていたら、以前紹介した僕のお気に入りのコーヒーチェーンであるアメリカのThe coffee bean & Tea Leaf ですが、ジョリビーを運営するジョリビー・コーポレーションが買収していました。

日本には少ないTHE COFFEE BEAN https://bit.ly/3bOTdpj

日本では、このコーヒーチェーンはほとんど店舗がないのですが、アメリカや特に東南アジアでは人気があります。面白いことに、The coffee beanはフィリピンでも、タイでも、マレーシアでも見かけました。それから韓国系のコーヒーチェーンもよく見かけます。

ジョリビーを生み出したのも、フィリピン華僑であるトニー・タンです。今やジョリビーはアメリカでも拡大し、香港やイギリスでも展開しています。特にファストフードの本元であるアメリカで拡大しているというところがすごいですね。フィリピン市場では、マクドナルドが唯一勝つことができないファストフードチェーン。それがジョリビーです。

もともとアイスクリーム店から始めたビジネスが、今やグローバル・ファストフード・ブランドに対抗できるようになっています。

僕もフィリピンに行った時はよくジョリビーに行きます。ジョリビーは安定的というか、外れがない感じです。接客員もすごい明るくテキパキしているし、ジョリビーは本当に成功したファストフード店です。

フィリピンに根付いた華僑たちというのは、本当に凄い。そのバイタリティと行動力が違う。フィリピン人というのは一般的にはのんびりしています。何かを成し遂げてよう、というような野心はあまり無いように感じます。しかし海を渡り、その土地で生きると決意した華僑たちは並々ならないものがあります。

The coffee beanはアメリカ発ということもあって、店員さんも英語が上手ですし、リラックスした雰囲気で店員さんと会話できます。セブが良いのはこういうところですね。普通に店員さんと話しをすることができる点です。

に投稿

冬でもサンミゲルビールはうまいのか

広告
サンミゲル・ライトとサンミゲル・ピルセン

What’s up, guys! Welcome back to my blog. 海外侍の義貞です。

さて、今回は「冬でもサンミゲルビールはうまいのか」ということで、フィリピン関連のストアでサンミゲルビールを買ってきて、日本のおつまみと宅飲みしようと思いました。

前回ブログでご紹介したように、サンミゲル・グループというのはフィリピンの財閥の中でも名前が知られているコングロマリットです。ヘンリー・シーのSMグループ、ルシオ・タンのLTグループ、トニー・タンのジョリビーなど、ほとんどの企業はフィリピン華僑たちがオーナーですが、サンミゲル・グループはどうやらスペイン関連のようです。

スペインにもサンミゲルビールがありますが、すでにフィリピンのサンミゲル・グループの傘下にあります。なので、実質的にフィリピンのサンミゲルが本家本元なのです。またサンミゲルのビール事業には日本のキリンホールディングスも多くのシェアを持っています。

サンミゲル・グループについて https://bit.ly/2LFmSXt

ステイホームでZOOM飲みなどが流行った日本ですが、ちょっと疑問に思ったのは、「サンミゲルビールって冬に飲んでもうまいのかな?」ということでした。というのも、フィリピンに冬はありません。

フィリピンで飲むサンミゲルビールは最高だけれども、日本の冬にサンミゲルビールを飲むのってどうだろう(?)と疑問に感じたので、さっそく赤羽にあるサラップ・ブッサン(フィリピンの食材店)でサンミゲルビールを買ってきました。

感想は、「普通にうまい!」です。僕はサンミゲル・ライトがお気に入りなのですが、この軽く柔らかいテイストは、ヘビーな肉料理などと本当によく合います。

辛口でありながら、苦みを残さないすっきりした感じです。加えて、お腹に溜まるという感じがないのです。

フィリピン料理はスペインのものを引き継いでいることもあり、けっこうジューシーなものが多いのですが、サンミゲルライトはその食事によく合います。

サンミゲル・コーポレーションとは何の関わりもないですが、サンミゲルビールはやはり最高です。

に投稿

なぜフィリピン人はビリヤードがうまいのか

広告
Photo by Pixabay on Pexels.com

どうも、海外侍の義貞です。

以前書いたブログ『なぜフィリピン人は歌がうまいのか』のアクセスが良いので、別のジャンルでフィリピン人が得意とするものをご紹介したいと思います。

なぜフィリピン人は歌がうまいのか https://bit.ly/3nKMkb6

フィリピン人は歌が上手なことは周知の事実ですが、フィリピン人はビリヤードがうまいことでも知られています。

フィリピンで少し小粋なアメリカン・バーなどに行くと、ビリヤード台を見ることがあります。フィリピン人は陽気なので、「俺と玉突く?」といえばすぐに相手になってくれます。すぐにわかることは、フィリピン人はたいていビリヤードが上手なのです。

日本でプレイするゲームといえば、卓球や卓上ホッケーとかあると思いますが、フィリピン人はビリヤードです。

フィリピンからは「ビリヤードの神」とよばれるエフレン・レイズが輩出されています。フィリピンでどのようにビリヤードが根付いたのかということも興味深いですね。

ビリヤードは、スペインにも起源の一説があるようで、やはりスペインの影響があったということかもしれません。

どうやら日本には長崎の出島から伝わったようであり、ポルトガルやスペインの貿易商たちが行っていたようです。海外との交易に興味がある自分としたは、ビリヤードもやらないといけないなと感じました。

笹川スポーツ財団 ビリヤードの起源 https://www.ssf.or.jp/ssf_eyes/dictionary/billiards.html

に投稿

フィリピンへの送金に便利なPalawn Pawnshop

広告
Photo by Marfil Graganza Aquino on Pexels.com

どうも、海外侍の義貞です。

さて今回はフィリピンへ送金する際に便利であるPalawn pawnshopについてご紹介したいと思います。

以前からご紹介しているように、フィリピンの経済というのは中華系、スペイン系の財閥と、海外からの送金によって成り立っています。

フィリピンの人口はすでに1億を超えており、人口ピラミッドも若い事から、今後は最大3億人くらいになるのではないかという予想もあるくらいです。

海外にいるフィリピン人の多くが、介護や看護、教育などのいわゆるエッセンシャルワークについています。僕の知っているハワイにいるフィリピン系アメリカ人の家族も教師と看護師でした。

そんなこともあり、海外送金を行うフィリピン人が多くいます。そしてフィリピン人たちが送金の為に利用するがPalawn pawnshopです。

Palawan Pawnshopのステーション

フィリピンの各地域には、このようなステーションが多くあります。こちらから送金する際の情報は相手の氏名と住所の記入だけでよく、相手がお金を受け取る際にステーションでリファレンス番号を伝えればそれで完了です。

もちろん送金時に手数料を取られますが、remittance(送金)がかなり便利になりました。以前にも取り上げましたが、インドネシアやフィリピンなどの新興国では、銀行口座を保有していなくてもスマホは持っています。車を持っていなくてもスマホの配車アプリを使うようなものです。

に投稿

フィリピン料理⑫チキンイナサルChicken inasal

広告

Hey, guys! Hope you are doing well.

海外侍の義貞です。

以前、フィリピンのファストフード店マンイナサルをご紹介しました。

https://bit.ly/35EV1xz フィリピンファストフード②マンイナサル

今回は、それに関連するフィリピン料理であるチキンイナサルをご紹介したいと思います。

イナサルとは、様々なタイプのグリルを意味します。前回ご紹介したレチョンなども広い意味ではイナサルに含まれます。タガログ語では、イニハウと呼ぶようです。

チキンイナサルは、主にビザヤ地方発祥の料理であり、西ビザヤの都市であるバコロドやイロイロなどの都市に由来する食べ物です。

鶏肉をカラマンシー、コショウ、ココナッツビネガーなどでマリネして炭火で焼きます。そして、カラマンシー、醤油や酢をつけて食べます。調理も見た目もシンプルですが、このチキンと醤油とカラマンシーのコンビが非常に食欲をそそります。