に投稿

フィリピンのローカル・カフェチェーン、フィガロとフィリピン産のコーヒー

delicious breakfast with various food and coffee
Photo by Maria Orlova on Pexels.com

Hi guys! welcome back to my blog. 海外侍の義貞です。

前回、なぜジョリビーは海外コーヒー・チェーンを買収しているのかを記事にしました。

なぜジョリビーは海外コーヒー・チェーンを買収するのか https://bit.ly/3jtHNJI

そこで今回はフィリピンのローカルコーヒー・チェーンのフィガロをご紹介したいと思います。

フィリピンのコーヒー産地としての歴史は実は古く、1740年にはスペインのコーヒー移入により生産が開始されていたようです。

もともとは世界でも有数のコーヒー生産国でしたが、19世紀の終わりにコーヒー錆病が蔓延し、害虫被害により生産量が激減してしまい、今でもコーヒーの生産国でありながら多くを輸入に頼っています。

ミンダナオ島などはカカオやココナッツ、バナナやコーヒーの生産に寄与しています。このミンダナオ島にはアポ山という山がありますが、標高が高く、コーヒー生産に適しています。

新農業を始めるミンダナオ島 https://bit.ly/3q1htZU

さて、フィリピンのローカルコーヒー・チェーンであるフィガロですが、フィリピン発祥のコーヒー店としてフィリピン国内で人気です。マレーシアや中東などにも進出しているようです。

豆の栽培から焙煎まですべて自社で手がけており、フィリピンで生産されたコーヒー豆を販売しています。バタンガス産のバラココーヒー・ブレンドが有名です。内装やインテリアがクラシックで落ち着いており、Bo’s coffee よりも個人的に僕は好きです。

Bo’s coffee はセブ発祥のコーヒーチェーンのため、また別の機会に取り上げたいと思います。