に投稿 コメントを残す

海外駐在員は要らなくなるか デジタル化とローカル化の加速

high rise building at golden hour
Photo by Pixabay on Pexels.com

どうも、海外侍の義貞です。

海外に住みたい。駐在員として働きたい、という方も多いかと思います。

しかし、今後はおそらく「駐在員」というポジションは消えていくでしょう。というか、今でもすでに要らないと思うのですが、なぜか日本企業は海外支店のトップに日本人を据えています。

百歩譲って日本人のトップを据えるのは良いのですが、その日本人はローカルの市場を本気で獲得しようとしているでしょうか。いずれは終わる任期を目指し、前任者と同様の事を行うというのが大半な気がします。

日本に戻りたい焦燥感と現地では高いポジションにつける(特にアジアでは)のため、勘違いする駐在員も多いです。

特にアジアでは、なぜか「日本という高いポジションから降臨してきた」かのように錯覚している駐在員もいますが、英語でのコミュニケーション力も含めて今やアジアの人たちの方が日本人よりも上だということを理解しておく必要があります。

日本は世界第3位の経済大国であり、大きい市場があることは間違いないのですが、国際ビジネスランキングや国民1人あたりのGDP、世界企業ランキングなどのデータをみれば日本が圧倒的な位置を占めていた80、90年代とは時代が異なります。

東南アジアの市場を獲得するという点では、韓国はアプローチが上手いといえます。

良いか悪いかに関わらず韓国は日本のように大きい市場が国内にないため、海外の市場をより真剣に獲得しようとします。真剣に市場を獲ろうと思えば、その市場を作っている人々を真剣に理解しようとしなければいけなくなります。

なので、どうすればローカルで受け入れられるのかを徹底的に考える事になります。つまり、「日本で良いもの作ってるんだから格下の東南アジアでは受け入れられるだろう」という認識はないわけです。

育ち方が違うからローカルの気持ちを理解することは不可能だとたかを括る人も出てきますが、少なくとも傾向を理解しようとする態度が重要なのではないかと思います。

先進的なヨーロッパからは学ぶ事があっても、東南アジアからは学ぶ事など何もないと言えるのでしょうか。

ましてやフィリピンみたいな途上国からなど日本が与えてやるだけで、学ぶ事などないといったその上から目線はやめて、真剣にローカル市場を獲っていく時代になってきていると思います。

コメントを残す