に投稿 コメントを残す

フィリピンでイケアがオープン

Photo by Alexander Isreb on Pexels.com

どうも、海外サムライの義貞です。

成長著しいフィリピン市場、特に人口の増加によって今後は大きな消費市場になることが期待されていますが、今月25日にスゥエーデンの大手家具販売店イケアがフィリピン初となる店舗をマニラで開店しました。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO77890510V21C21A1FFJ000/

コロナ禍による在宅時間の増加によって家具需要が増えたこともあり、ネット通販に対応した倉庫を含めた面積は世界最大にとなるようです。

フィリピンの財閥系であるSMグループが運営する「モール・オブ・エイシア(MOA)」の敷地内にあるということで、またドデカイ建物が立っていることなのでしょう。

タイにもバンコクのバンナー地区に巨大なイケアがありますが、その規模を超えるものがフィリピンにできたということで、フィリピンの人口規模を考えると(インドネシアもそうですが)今後は東南アジアの海洋側の国がより繁栄していくのかもしれないなと思います。

フィリピンとインドネシアはなんとなく親和性があるように感じるのですが、タイとベトナムなどは全く異なった国という印象があります。

ASEANの中で人口規模を見ると、マレーシア、インドネシア、フィリピンが大部分を占めるので、ASEANの勢力図も変わりそうです。

イケアなどの巨大企業はそのようにASEANの分布図やフィリピン市場の可能性などを考慮して開店させてきたのでしょう。

コメントを残す