に投稿 コメントを残す

イギリス人は”Cheers!”をよく使う

Photo by Pixabay on Pexels.com

What’s up, guys? 海外サムライの義貞です。

今回は、またイギリス人の使用する英語について取り上げたいと思います。

イギリス英語は、アメリカ英語とは違い、発音やイントネーションが品のある感じがします。イギリスの場合、階級社会なので階級によって話すイントネーションがかなり異なりますし、地域によっても様々です。

ロンドンを北上した第二の都市(今ではマンチェスターの方が第二の都市とされますが・・・)バーミンガムはかなり聞き取りにくいアクセントやイントネーションがあります。

また、ハリウッドでもよく知られるベネディクト・カンバーバッチやキーラ・ナイトレなどは完全に上流階級のアクセントです。

さて、一般的なイギリス人はよく”Cheers”を使います。これは、いわゆる「乾杯!」ということではなく、この”Cheers”はどんなことにも使用することができます。

挨拶にもなるし、お礼をいう時にも使いますし、特にイギリス人男性は”Cheers mate”をほんとうによく使用します。イギリスに留学や旅行に行かれたことがある方はまず聞かない日はないほどではないでしょうか。

“mate”は「友」のような意味になっています。アメリカ的に言うと”Thanks my friend”となるでしょう。それをイギリスでは”Cheers mate”と言います。

イギリス英語(そもそも英語というくらいなのでイギリスの言葉なのですが)は、アメリカ英語がグローバル・スタンダードになったことによって、その通用性が落ちましたが、僕はけっこうイギリス英語のアクセントが好きですし、かっこいいと思います。

アメリカ英語はハワイに到達し、そこからグアムやフィリピンまでを取り込んでいきましたが、大西洋の方では(ヨーロッパがアメリカを見下しているところもあり)その影響力を発揮できていない気がします。

イギリスはブレクジットがあったとはいえ、やはりヨーロッパ大陸に近い国なので、アメリカとはまた違う一面があり英語も違います。ヨーロッパが好きであればイギリス英語を学ぶ方がよいかもしれませんね。

 

 

 

コメントを残す