に投稿

フィリピンのローカル・カフェチェーン、フィガロとフィリピン産のコーヒー

delicious breakfast with various food and coffee
Photo by Maria Orlova on Pexels.com

Hi guys! welcome back to my blog. 海外侍の義貞です。

前回、なぜジョリビーは海外コーヒー・チェーンを買収しているのかを記事にしました。

なぜジョリビーは海外コーヒー・チェーンを買収するのか https://bit.ly/3jtHNJI

そこで今回はフィリピンのローカルコーヒー・チェーンのフィガロをご紹介したいと思います。

フィリピンのコーヒー産地としての歴史は実は古く、1740年にはスペインのコーヒー移入により生産が開始されていたようです。

もともとは世界でも有数のコーヒー生産国でしたが、19世紀の終わりにコーヒー錆病が蔓延し、害虫被害により生産量が激減してしまい、今でもコーヒーの生産国でありながら多くを輸入に頼っています。

ミンダナオ島などはカカオやココナッツ、バナナやコーヒーの生産に寄与しています。このミンダナオ島にはアポ山という山がありますが、標高が高く、コーヒー生産に適しています。

新農業を始めるミンダナオ島 https://bit.ly/3q1htZU

さて、フィリピンのローカルコーヒー・チェーンであるフィガロですが、フィリピン発祥のコーヒー店としてフィリピン国内で人気です。マレーシアや中東などにも進出しているようです。

豆の栽培から焙煎まですべて自社で手がけており、フィリピンで生産されたコーヒー豆を販売しています。バタンガス産のバラココーヒー・ブレンドが有名です。内装やインテリアがクラシックで落ち着いており、Bo’s coffee よりも個人的に僕は好きです。

Bo’s coffee はセブ発祥のコーヒーチェーンのため、また別の機会に取り上げたいと思います。

に投稿

ジョリビーはなぜ海外コーヒーチェーンを傘下に収めるのか

black pitcher on table
Photo by Viktoria Alipatova on Pexels.com

どうも、海外侍の義貞です。

前回、The coffee bean を買収していたジョリビーコーポレーションということでブログ記事をあげた後に色々サーチしていたら、ジョリビーコーポレーションはベトナムのハイランズ・コーヒーも自身の傘下におさめていました。

The coffee beanを買収していたジョリビー https://bit.ly/3oIkQmV

ハイランズ・コーヒーはご存知の方もいるかもしれませんが、ベトナムでは有名なコーヒーチェーンです。ベトナムはロブスタ種のコーヒー生産で有名であり、高いコーヒー生産国であると共に、ベトナム・コーヒーで有名です。

以前、ベトナムのエッグ・コーヒーをご紹介しましたが、少し変わった飲み方をします。また、ベトナムの避暑地として有名なダラット。ここは標高1500mに位置し、コーヒー農園でも知られている場所です。

ハノイで食べた美味しいフォーとエッグ・コーヒー https://bit.ly/3csJt4C

そんなベトナムの有名コーヒーチェーンであるハイランズ・コーヒーを密かに(密かではないでしょうが)ジョリビーが出資していました。

実際、ジョリビーはベトナムでも多くの店舗を運営しています。香港とハノイは近いですし、マニラから香港やハノイも距離的に近いのです。またハイフォン市などはネクスト香港を狙う野心的な都市でもあります。

ハイフォンは次なる香港になるか  https://bit.ly/39FC8wD

The coffee beanとハイランズ・コーヒーの買収を行ったということは、コーヒー産業に目をつけているというこですよね。次回のブログでご紹介したいと思いますが、フィリピンにはフィガロというローカルコーヒーチェーンがあります。そこでフィリピンのコーヒーについて色々調べてみたら、フィリピンは意外にもコーヒー生産で高い生産量があるようなのです。

ということは、ジョリビーは自国の新しいコーヒーブランドを考えているのかもしれません。そうでないとThe coffee beanとハイランド・コーヒーを傘下に収める意味がないですよね。

アジアでは中間層の増大ということもあり、カフェ文化が広がりつつあります。ジョリビーがどのように動いていくのかに注目したいと思います。

に投稿

ハノイで食べた美味しいフォーとエッグ・コーヒー

Photo by Nguyu1ec5n Anh Vu0169 on Pexels.com

Hey! What’s up, guys! 海外侍の義貞です。

さて、今回は海外の美味しい料理シリーズとしてベトナムのフォーを取り上げたいと思います。前回の台湾牛肉麺と同様、フォーはベトナムの代表的な麺料理です。

高雄で食べた美味しい牛肉麺 https://bit.ly/3qRF3J9

ハノイのアメリカン・クラブで食べた美味しいプルドポーク https://bit.ly/2W78VTQ

例えば、タイの麺料理などは色々な調味料を使用し、味も濃くて日本人の口に合うかどうか分かれます(トムヤムクン・ヌードルなど)。しかし、台湾やベトナム(特にベトナム北部)は同じ東アジア圏というとこもあり、日本人の口に合いやすいと思います。

台湾やベトナムは、女子旅としても徐々に人気が高まっており、女性だけで行っても安全な旅行先です。

僕は基本的に海外に行った時には、現地を知るローカルの友人を独力で作るようにしています。ツアーや現地日本語ガイドは基本つけず、なるべく自分で知り合った人に現地を案内してもらいます。

主に女性の知人に案内してもらいます。女性の方が、美味しいお店に敏感だったり、現地の流行りを知っている可能性が高いですし、単に女性といると楽しいからということもあり、台湾や韓国やイギリスなどでは女性に案内してもらいました。

ハノイでは、Airbnbでホームステイした先の若い男の子にバイクで市内中を案内してもらいました。ハノイには1,000年の歴史があり、都市中心部にあるホアンキエム湖や聖ヨセフ大聖堂など非常に歴史を感じさせる素晴らしい街並みです。

大聖堂があるだけで、アジアだけれどもヨーロッパにいるような気持になります。それはフィリピンでも同じように感じました。

広告

さて、フォーは代表的なベトナム料理です。米紛を原料に作られる平たいライスヌードルで、牛肉や鶏肉などのをベースとする透明なあっさりスープで頂きます。

ハノイ発祥のフォーですが、ベトナムの文化では朝に食べるものとされています。ベトナムのホテルに宿泊すると、朝ごはんでフォーを選ぶことができます。もちろんお店では朝食限定ではなく、いつでも食べられますが、ベトナムへ行った時には、ぜひ朝フォーを食べてみてください。

ロン君(ホームステイ先の男の子)がハノイで有名なフォーのお店に連れていってくれました。

朝から長蛇の列でした

フォーはあっさりスープですし、麺も米なので、ヘビーな感じもなく味も優しいです。台湾もベトナムもそうですが、アジアの優しさを感じます。ちなみに台湾とベトナムは関係の深い国です。シンガポールとベトナムの関係も深いのですが、その話はまた後でブログで書きたいと思います。

また、ベトナムはベトナム・コーヒーでも知られていますが、ハノイにはエッグ・コーヒーと呼ばれるコーヒーがあります。溶いた卵黄に砂糖とコーヒーで作られるハノイでは定番のコーヒーです。コーヒーに卵という面白い組み合わせですので、ハノイでは一度飲んでみることをおススメします。

フィリピンもそうですが、ベトナムもかなりアメリカとの関係が深い国であり、東アジアの中でもかなりの成長株です。ベトナム戦争時には、フィリピンのスービック海軍基地からアメリカは出撃などもしていますし、機会がある時にその歴史などもブログで書きたいと思います。

グルメメディア ヒトサラ
に投稿

日本には少ないTHE COFFEE BEAN

what’s up, guys!

今日は、日本では少ないTHE COFFEE BEANを取り上げたいと思います。

THE COFFEE BEANはカリフォルニア州ロサンゼルスで誕生したコーヒーチェーンで、僕のお気に入りのコーヒーチェーンなのですが、日本ではほとんど知られていません。

アメリカでもスターバックスほどメジャーではないのですが、コアなファンを獲得しており、ハワイの友人に聞いたら、彼女もTHE COFFEE BEANが好きなことが分かりました。

セブでは、このTHE COFFEE BEANとスターバックス、そして現地のBo’s coffeeがありますが、僕は圧倒的にTHE COFFEE BEAN押しです。マレーシアのKLにもありますし、たしかバンコクにもあります。

ラテの味がより濃く、それでいて飲みやすく苦みもないし、甘さも少ないので好きですし、ティーリーフの感じを店内のデザインが表しているようで居心地も良いです。

日本のコーヒー店ではほぼ起こらない店員さんとの自然な会話や一体感も生まれます。英語という言語の最大の持ち味は、シンプルな言葉で会話をスタートできるところです。「こんにちは」という5文字を使わずに、hiでいいので楽です。

hiからはじまって、how are you doing today? I’m good. でいいので楽じゃないですか。

フィリピンでも、マレーシアでも、ハワイでもカリフォルニアでもそれでいい。「拙者は今日もお天道様の下、元気に過ごしているでござる」と言わなくていいのです。

次回、紹介しようと思いますが、コーヒー店には長居するお客さんのために新聞や雑誌などが置いてあります。バンコクはBangkok Post、香港はSouth China Morning Postが英字新聞としてありますが、セブはSun Star Cebuという英字新聞があります。

新聞は固い英語が使用されているので読みにくいのですが、英語のVocubを増やすのには最適なツールです。THE COFFEE BEANで英字新聞の解読に悪戦苦闘していた日々が懐かしいです。