に投稿

イスラエルーアジア最強の最先端企業とフィリピン

woman taking pictures of ruins
Photo by Haley Black on Pexels.com

Hi guys!

今回は、またイスラエルとフィリピンについて取り上げたいと思います。

イスラエルは最近よくメディアでも取り上げられる国です。最先端兵器や企業。国土の6割が砂漠に覆われる国でも食糧自給率は8割以上、ヨーロッパへの輸出なども行える収穫量と効率性。また女性にも兵役を課しておりながら美しい女性が多く、ユバルノ・ハラリに代表されるような超天才級の思想家を生み出す国。

イスラエルはユダヤ人の国ですが、歴史的にフィリピンとユダヤ人は関係があります。

フィリピンにはマニュエル・ケソンというフィリピンの第二代大統領がいます。マニラのケソン市には彼とその妻が眠るケソン・メモリアル・サークルがあります。セブにはオスメニャ・サークルなる場所がありますが。オスメニャもフィリピン大統領の名前です。彼は1,200人ものユダヤ人をナチス・ドイツの迫害から救出したという逸話があります。

そのような歴史的背景もあり、また近年のフィリピン人介護士のイスラエルでの活躍などもあって、イスラエルとフィリピンは良好な関係になっています。

イスラエルで愛されるフィリピン人介護士 https://bit.ly/3oJ9n6M

ケソン・メモリアル・パーク wikipediaより

ドゥテルテ政権は原油探査のためにハイテク技術で世界最高レベルのイスラエル企業から技術協力を得るというニュースを目にしました。パラワン島東部スールー海域で原油が見つかれば、フィリピンは資源輸出国になることができます。近隣のブルネイが東南アジアの中でリッチなのは、石油や天然ガスが豊富だからということがあります。

そのためにイスラエルの技術力を借りるというドゥテルテ政権はなかなかあざとい。

に投稿

WordPressとAnchor

Photo by Pixabay on Pexels.com

Hey, What’s up guys? 海外侍の義貞です。

英字新聞④としてSunStar CEBUをご紹介しましたが、僕は海外メディアに触れることが好きです。海外のメディアは日本のメディアとは異なる視点を提供してくれます。

また、Wordpressなどを駆使して自分のサイトやブログを所有することを「オウンドメディア」と呼びますが、オウンドメディアを持てる時代になっていることを喜ばしく思っています。

今の時代、WordpressやAnchorを使って、自分の好きなことを書いたり話して発信することができます。これは素晴らしいことですし、加えてWordpressやAnchorは海外発のオープンソースのソフトウェアです。

広告

日本にいて日本社会に暮らしていると、普段の生活の中で自分の好きなことを話したり、書いたりするのが難しいと感じませんか?日本は自由が保障されている国なので、本来的には自分の好きなことを言ったりする自由があるはずです。

しかし、職場や家庭や学校などで、本来の自分を出せていると思えますか?社会生活なのでもちろん我慢しなければいけないこともありますが、本当に自分が好きなことを発信できていますか?

日本のメディアを見ていて、自分の言いたいことを代弁してくれていると感じるでしょうか。僕は感じません。海外メディアの方が自分の見たいものや言いたいことを提供してくれます。加えて、今や英語のメディアはCNNやBBCだけではなく、山ほどあります。

WordPressやAnchorは本来的には英語のプラットフォームです。

日本のメディアが自分の話したいことを取り上げないのであれば、自分で発信していけばいいだけです。そういう個人に力を与えるツールとしてWordpressやAnchorはあると思っています。

ソーシャル・メディアとはまた違う、オウンドメディアで自分のやりたいことを実現していきましょう。

に投稿

サリサリストアとデータ活用

どうも、義貞です。

皆さんは、「サリサリストア」をご存知でしょうか?

フィリピンで小規模な個人商店のことをサリサリストアと呼びます。主にスナックや菓子類、ばら売りの洗剤やシャンプー、お酒などを売っている小さいお店です。

まだまだ貧しいフィリピンでは、メインの通りから細道に入っていくと、下層の人々の小さい住宅が軒を連ねています。そのような通りに大抵あるのが、このサリサリストアです。

様々なお菓子がぶら下がっている

日本のように、そこらじゅうにコンビニがあるわけではないので、何かちょっとしたものを仕入れる時にはモールやスーパーまで出かけないといけませんし、モールやスーパーはだいたい市の中心街にあります。

そこまで準備していかなくても、フラッと家から出て物を調達するのに便利な場所がサリサリストアです。だいたいカップ麺やスナック、飲み物など、大したものではないものが販売されています。ただ、便利なのはSIMカードの購入やチャージもできるところにあります。

海外では、デバイス本体の販売元と通信キャリアが別であるのは当たり前なので、スマホを購入したら自分で通信会社を選ばないといけません。私は、フィリピンではいつもGrobeを利用しています。

さて、ここで何を話したいかと、東南アジアは今、空前のEコマースブームに沸いています。実際のデータについては、グーグルとテマセクホールディングスの調査分析をご参照ください。

東南アジアのネット経済 https://www.temasek.com.sg/en/news-and-views/subscribe/google-temasek-e-conomy-sea-2019

東南アジアでインターネットが浸透するとともに、急速な経済発展によって人々はオンラインで物を購入するようになってきています。フィリピンやインドネシアでは、若者の人口構成比が高く、スマホの所有率、インターネットの利用率もどんどん上がってきています。

そこで今注目されているのが、現在の中間層ではなく、下層向けのビジネスです。インドネシアでも、サリサリストアと似た個人商店があります。「ワルン」と呼ばれる個人商店ですが、そこで物を購入する層はいまだに銀行口座を保有していません。

銀行口座を所有していませんが、スマホは持っています。ここが日本では考えられない途上国の特徴なのです。スマホを所有しているのであれば、現金決済よりもキャッシュ・レスで決済する方が早い。そこに注目して、キャッシュレスで決済できる端末をそのような個人商店に導入を進めているのがインドネシアにあるKudoという会社です。

このKudoという会社は、Grabというモバイル配車サービスを展開する会社に買収され、今ではGrabドライバーになりたい場合の登録先は、それぞれのワルンで行えるようになっています。つまり、あらゆる個人のデータがワルンに集まってくるように仕向けているのです。

おそらく、この流れはフィリピンにもやってくるはずです。フィリピンのサリサリストアにスマホ決済の端末を導入していく会社が確実に出てくると思われます。フィリピンでもGrabは人気のアプリになっていますし、もしかしたらGrabアプリ一つでペイメントもできるということになる(もしくは、もうなってる?)かもしれません。

そうなれば各個人商店ごとに、データの分析が始まり、月間の売値をもとにどの商品を仕入れるかも調整していくことになると思います。

たしかに、日々のほほんと生きているフィリピン人の個人商店がそんなことまでするのか今のところ想像できないのですが、中国ではいち早くそのようになっているので、東南アジア各国でもスマホでのペイメントが進むでしょう。

に投稿 コメントを残す

東南アジアのネット経済

旅人、東南アジアスペシャリストのYOSHISADAです。

最近、『Google temasek e-conomy sea 2019』というレポートが出されました。グーグルとシンガポール国政府投資会社のテマセク・ホールディングスが定期的に出しているリサーチ・レポートですが、東南アジアのネット経済は今年39%成長し、1000億ドルに到達に到達するそうです。2025年には3000億ドルまで達し、急激な成長を見せているようです。

3000億ドルとか言われても天文学的な数字過ぎてよくわかりませんが、とにかく大きな変化が東南アジアでは起きているということは分かります。

紹介した配車アプリのGrabやそのライバルのGo-Jekなどへの投資合戦も行われていますし、Eコマースやオンラインペインメントも東南アジアでは進んでいます。LazadaやShopeeという2大プラットフォームが東南アジア全域で広がっています。

例えば、フィリピンなどでは未だに個人営業のパパママストアがたくさんあります。「サリサリストア」と呼ばれますが、そういった場所にもこれからオンラインペインメントの端末が導入されていくでしょうし、インドネシアではKudoという会社がそれを行っています。

こういった東南アジアの劇的なネット経済やペイメントの進行を可能にするのは、やはりスマホとネットの浸透のスピードが速いからでしょう。東南アジアのデモグラ(人口動態)は若く、若い世代はスマホを持ちデジタルを先端でいってます。

このような現象をリープフロッグ現象 (leapfrog) というそうです。つまり新興国が先進国にキャッチアップする際に、先進国が辿ってきた道のりを一気にすっ飛ばして到達するということです。

確かに、東南アジアの若者たちの方が機敏にスマホを扱い、様々なアプリを紹介してくれたりします。それだけ常にスマホを携帯しているし、アプリを使いこなしているということでしょう。

そして今、デジタル化された世代から様々なテック企業がアジアで台頭してきています。英語と絡めてブログで紹介していきたいと思います。