に投稿

フィリピンのローカル・カフェチェーン、フィガロとフィリピン産のコーヒー

delicious breakfast with various food and coffee
Photo by Maria Orlova on Pexels.com

Hi guys! welcome back to my blog. 海外侍の義貞です。

前回、なぜジョリビーは海外コーヒー・チェーンを買収しているのかを記事にしました。

なぜジョリビーは海外コーヒー・チェーンを買収するのか https://bit.ly/3jtHNJI

そこで今回はフィリピンのローカルコーヒー・チェーンのフィガロをご紹介したいと思います。

フィリピンのコーヒー産地としての歴史は実は古く、1740年にはスペインのコーヒー移入により生産が開始されていたようです。

もともとは世界でも有数のコーヒー生産国でしたが、19世紀の終わりにコーヒー錆病が蔓延し、害虫被害により生産量が激減してしまい、今でもコーヒーの生産国でありながら多くを輸入に頼っています。

ミンダナオ島などはカカオやココナッツ、バナナやコーヒーの生産に寄与しています。このミンダナオ島にはアポ山という山がありますが、標高が高く、コーヒー生産に適しています。

新農業を始めるミンダナオ島 https://bit.ly/3q1htZU

さて、フィリピンのローカルコーヒー・チェーンであるフィガロですが、フィリピン発祥のコーヒー店としてフィリピン国内で人気です。マレーシアや中東などにも進出しているようです。

豆の栽培から焙煎まですべて自社で手がけており、フィリピンで生産されたコーヒー豆を販売しています。バタンガス産のバラココーヒー・ブレンドが有名です。内装やインテリアがクラシックで落ち着いており、Bo’s coffee よりも個人的に僕は好きです。

Bo’s coffee はセブ発祥のコーヒーチェーンのため、また別の機会に取り上げたいと思います。

に投稿

シリーズ②フィリピンの島ービザヤ地方・セブ島

aerial photography of seashore
Photo by BongVideos Production on Pexels.com

どうも、海外侍の義貞です。

フィリピンについてのブログでの発信も、いくつかシリーズに分けて書いていこうと思います。当分の間、フィリピンに行くことができないでしょうが、フィリピンに行くことができるようになったら限定公開で動画も配信していく予定です。

やはり、文章だけよりもその場を実際に体験できるような映像があった方が楽しいですし、何よりフィリピンの島々の自然が素晴らしいからです。それを知ってもらいたいという気持ちがあります。

さて、このシリーズではフィリピンの”島”についての情報を書いていきたいと思います。フィリピンは約7,000以上もの群島によって構成される国です。その中で、人々が定住する大きい島に限って紹介していきたいと思います。

最初に紹介するのは、やはりセブ島からにしましょう。

セブ島は、ビザヤ諸島に含まれる面積4,468 km²の島です。南北に長く、槍のような形をしています。両脇を海峡に挟まれますが、比較穏やかな流れです。

セブ島の中心都市はセブ市ですが、セブの国際空港はセブ市にはありません。空港は、セブ島近隣の別の島であるマクタン島に位置しています。セブの主なビーチリゾートは、このマクタン島にあります。

セブ市に行く為には、マクタン島から橋を渡り、隣接するマンダウェ市を通過する必要があります。マクタン島からセブ市街中心に入るまでに、混雑がなくてもタクシーで約40分くらいはかかります。マクタン島にあるラプラプ市からは、セブ市にフェリーで行くことも可能です。

また、マクタン島のさらに先にあるオランゴ環礁は、ダイビングスポットとして有名であり、海を楽しめる場所です。

セブ市はセブ島の中腹に位置していますので、ここが南北へ向う中心地になります。セブ島は意外にも山脈が縦断しているので、セブ島にある都市は主に海岸部に位置しています。オスロブ、モアルボアル、バンタヤン島、マラパスクア島などに綺麗なビーチがあります。海やビーチを堪能したい場合は、セブ市から南北に向かわないといけません。

セブ市は小さいながらも、それなりに近代化された都市です。しかし、南北に向かうと、ほとんど自然と共生するようなシンプル生活が広がります。

セブは漁業なども盛んで、ラプラプというビザヤ地方で捕れる魚があり、それがフィリピン料理のキニラウになります。

フィリピン料理キニラウ https://bit.ly/2XsCmAs

セブ観光地 https://cebusamurai.com/tourisum/

に投稿 1件のコメント

セブ観光地⑥タオイスト・テンプル

Photo by Christian Paul Del Rosario on Pexels.com

how’s it going, guys! 海外侍の義貞です。

今日は久しぶりにセブの観光地を取り上げたいと思います。

フィリピンには中華系フィリピン人が多くいます。彼の中には成功者が多く、有名どころではフィリピン航空を傘下に収めるルシオ・タンですが、彼は福建省のアモイから移民してきた中華系で、彼の両親は最初セブに移民してきたようです。

セブの高級住宅街に入っていくと、タオイスト・テンプル(道教寺院)があります。前回、ご紹介したように中国の三大宗教は仏教、儒教、そして道教です。東南アジアには道教寺院が多いのですが、フィリピン・セブも例外ではありません。

フィリピンに移民した中華系たちは成功し、ルシオ・タンのようなスーパーリッチのみならず、小金持ちも多いのですが、セブ市のラホグと呼ばれる地区にはそのような中華系が住んでいます。

セブの道教寺院はその地区の高台にあり、天気の良いセブではとても見晴らしが良く、気持ちがよい景色です。隣のマクタン島や海を見晴らすことができるので、おススメの観光スポットです。

に投稿

自然溢れるボホール島

Photo by Luis del Ru00edo on Pexels.com

Hope you’re having a nice weekedns. 義貞です。

日本は天候も変わり、だいぶ寒くなってきました。こう寒くなってくると南国に行きたくなりますよね。とはいえ、南国に飛んでいくことも難しくなった現在、動画からその良さを体感するしかありません。

行けるようになる日を待ちつつ、ボホールの良さをお伝えしたいと思います。

以前も紹介しましたが、ボホールの魅力は自然に溢れているところです。デカい無人島みたいな感じで、川も、海も楽しめます。リゾートもありますが、セブ近くのマクタン島のようにはまだ開発されていないこともあり、よりナチュラルな感じを味わえます。

また、ターシャにみられるように、フィリピンは”Megadiverse countries”に入っています。つまり生物多様性があり、固有種の数が多い国のグループに属しています。日本ではお目にかかれない動物たちを見ることができます。

地図上で見ると、ボホール島って意外にも大きいのですよね。周りをセブ島やレイテ島に囲まれているため、波も比較的に穏やかです。

ボホール南西部からは、ジンベエザメと泳げるオスロブや、以前紹介したシキホール島にも近いです。

海と自然を体感したいのであれば、やはりフィリピンはベストな場所だと思います。タイの南部もいいですが、海と自然はフィリピンです。

https://cebusamurai.com/tourisum/ セブ、ボホール島等の観光情報はこちら

おためしDVD無料プレゼント![ディズニーの英語システム]
に投稿 1件のコメント

プエルトガレラとプエルトプリンセサ

Photo by Leon Macapagal on Pexels.com

どうも、海外侍の義貞です。

今回は、第二のボラカイといわれるフィリピンのプエルトガレラについて紹介しましょう。フィリピンの首都マニラから4時間かけて行くミンドロ島にあるこの港町は数々の美しいビーチを誇るフィリピンの中でも屈指の観光地です。

プエルトガレラ(Puerto Galera)という名前は、スペイン語から来ています。”Puerto“は、港という意味です。

カリブ海にあるプエルトリコは、”Puerto”()”Rico” (美しい)なので、「美しい港」という意味になっています。

ガレラはどのような意味なのか分かりませんが、港町ということは確かです。

この港町には、ユネスコが後援するNGO団体「World’s Most Beautiful Bays Club」から「世界でもっとも美しい湾の一つ」に選出されるほどの絶景ビーチがあります。

この辺りはボラカイのように開発されていない豊かな自然と素朴さが残っており、穴場とされています。

また、プエルトガレラはダイビングの地として知られており、ヨーロッパなどからダイバーたちがやってきます。ダイビングが好きな方が多く訪れるので、行く価値ありですね。

パラワン島

ミンドロ島隣のスールー海側に面するパラワン島にも、プエルトプリンセサという地域一帯があります。そこにも手つかずの自然と美しいビーチ、鍾乳洞などがあります。パラワン島には一度も行ったことがないので、いつか訪れたいと思っています。

に投稿 1件のコメント

フィリピンのサーフィンスポット シャルガオ島

Photo by Ray Bilcliff on Pexels.com

日本人にも注目されはじめていたシャルガオ島

こんにちは。海外侍の義貞です。

夏も本番になってきた日本。東京をメインに、またコロナの感染者数が上がってきている状況で、とても海外に行ける時ではありません。フィリピンも、特にセブは未だコロナの影響が大きいので、今年は英語留学も難しいでしょう。

本日は、フィリピンのサーフィン・スポットがあるシャルガオ島を紹介したいと思います。

ビーチリゾートとして知られており、様々なマリン・アクティビティが楽しめるセブ島ですが、フィリピンでサーフィンはあまり耳にしたことがないかと思います。というのも、セブ島(および隣接するマクタン島)は四方を別の島に囲まれており、海流も穏やかで波が立たないからです。

シャルガオ島は、レイテ島からさらに南に行き、太平洋側に面しているので大きな波が立ち、サーフィンには良いスポットです。


シャルガオで開かれるサーフィンの大会 Cloud9

アジアでサーフィンというと、インドネシアのバリ島の方が知られているのかもしれません。ただ、このシャルガオも徐々に知られてきており、セブ島からシャルガオまでも飛行機で1時間で行けるので、セブ島からシャルガオ島に行ってみるのもいいでしょう。