に投稿

フィリピンの古都であり開発が進むイロイロ市

Hey, guys! 海外侍の義貞です。

ボホール島の友人と話した時に、彼女は旦那(ニュージーランド人)と一緒にイロイロ市に移る予定でいると聞きました。イロイロ市の情報を送ってくれたので調べていく、なかなか面白い場所であることがわかりました。

まず、名前からして変わってますよね。イロイロという。

ビサヤ諸島のパナイ島南岸に位置するイロイロ市。フィリピンで最も住みやすい街と言われ、コロニアルな建築様式が残り、世界遺産の教会もあります。イロイロ空港はマニラから約1時間15分、セブからは約50分で到着できる上、香港とシンガポールから国際線も出ているようです。

フィリピンの古都としてその趣を残す一方で、近年は新開発地区として発展しているようです。SMやロビンソンズなどの大手不動産開発会社が開発を主導しています。

フィリピンには地の利があります。また、人々を惹きつけるビーチなどの観光地も多くあります。

特に発展しているシンガポール、香港や台湾から人が来ますし、中華圏の人々にとってはお手軽かつ気楽に行ける場所に位置しています。フィリピンは人々はオープンですが、政府が今までは保護的でした。フィリピン人は世界に出て活躍できるにも関わらず、国内の産業の育成がうまくいかなかったわけです。

しかし、今や400万人のフィリピン系アメリカ人が米国に暮らしており、中華系アメリカ人に次いでアジア系では最大規模です。中国の人口はフィリピンの約13倍ですから、それと比較すればいかに多くのフィリピン系アメリカ人が米国にいるか分かります。

なので、フィリピンにとってはフィリピン系アメリカ人との関係が重要であり、多くのフィリピン系アメリカ人を国に成長に繋げたいと思うはずです。そのためにフィリピン自体がより発展していかないといけません。

に投稿

イスラエルーアジア最強の最先端企業とフィリピン

woman taking pictures of ruins
Photo by Haley Black on Pexels.com

Hi guys!

今回は、またイスラエルとフィリピンについて取り上げたいと思います。

イスラエルは最近よくメディアでも取り上げられる国です。最先端兵器や企業。国土の6割が砂漠に覆われる国でも食糧自給率は8割以上、ヨーロッパへの輸出なども行える収穫量と効率性。また女性にも兵役を課しておりながら美しい女性が多く、ユバルノ・ハラリに代表されるような超天才級の思想家を生み出す国。

イスラエルはユダヤ人の国ですが、歴史的にフィリピンとユダヤ人は関係があります。

フィリピンにはマニュエル・ケソンというフィリピンの第二代大統領がいます。マニラのケソン市には彼とその妻が眠るケソン・メモリアル・サークルがあります。セブにはオスメニャ・サークルなる場所がありますが。オスメニャもフィリピン大統領の名前です。彼は1,200人ものユダヤ人をナチス・ドイツの迫害から救出したという逸話があります。

そのような歴史的背景もあり、また近年のフィリピン人介護士のイスラエルでの活躍などもあって、イスラエルとフィリピンは良好な関係になっています。

イスラエルで愛されるフィリピン人介護士 https://bit.ly/3oJ9n6M

ケソン・メモリアル・パーク wikipediaより

ドゥテルテ政権は原油探査のためにハイテク技術で世界最高レベルのイスラエル企業から技術協力を得るというニュースを目にしました。パラワン島東部スールー海域で原油が見つかれば、フィリピンは資源輸出国になることができます。近隣のブルネイが東南アジアの中でリッチなのは、石油や天然ガスが豊富だからということがあります。

そのためにイスラエルの技術力を借りるというドゥテルテ政権はなかなかあざとい。

に投稿

憧れのスペイン・アンダルシア、繁栄したイスラム文化、シェリー酒、フラメンコと闘牛

white concrete buildings next to a cliff
Photo by Tomáš Malík on Pexels.com

What’s up, guys! 海外侍の義貞です。

かつて繁栄した帝国スペイン。僕にはスペイン人の友人がいることもあり、スペインの文化にも興味があります。以前、スペインのお酒『サングリア』やスペインのダンス『フラメンコ』について取り上げました。

太陽の国の飲み物”サングリア” https://bit.ly/3c5nhgL

女性だけのダンスではないフラメンコ https://bit.ly/2Y70rNB

長らくスペインの植民地となってきてフィリピン。東南アジアの群島にキリスト教を広めただけでなく、中国との貿易の中継地に使い、メキシコとのガレオン貿易を行い繁栄しました。このガレオン貿易に使用されたガレオン船の名前が「サン・フランシスコ号」であり、もともと米国のカリフォルニア州はメキシコ領だったことも関係があります。なのでフィリピンのスペイン文化は、メキシコのそれに近いものであるとされています。

フィリピンの代表的な家庭料理アドボは、スペインの肉料理“アドバード”を原型としているとされますし、フィリピンの不動産開発会社アヤラ・コーポレーションはスペイン系の財閥企業であったりします。アヤラ・コーポレーションについては次回のブログで書きたいと思います。

今やフィリピンもメキシコも、スペインよりもアメリカの方が重要な国になりましたが、それは世界覇権がスペインからアメリカに移ったからに他なりません。

さて、それは横に置いて、現在のスペインでは何かとカタルーニャが話題になっていますが、僕が注目するのはアンダルシアです。

イスラム王朝が繁栄したエキゾチックな都

このアンダルシア州には、北アフリカからやってきたイスラム勢力によって王朝が打ち建てられ、圧倒的な繁栄がなされました。特にコルドバという都市は、イスラム王朝の都となり、エキゾチックな文化が生み出されています。レコンキスタと呼ばれるキリスト教勢力の再征服が行われるまで、このコルドバはヨーロッパの中心ともされる場所だったのです。

グラナダという市には、アルハンブラ宮殿と呼ばれる城塞、宮殿があります。僕は城とか要塞、モスクや教会が好きなこともあり、ここは生きている間に一度は訪れてみたい場所です。

また、スペインの文化であるフラメンコや闘牛などは、このアンダルシア地方から出てきているようであり、やはり多様性の中から新しい文化が生まれてくることを現しています。

シェリー酒もこのアンダルシア州で生産されています。シェリー酒は白ブドウのみが原料の白ワインで、この地方のみで作られる酒精強化ワイン(醸造過程でアルコールを添加することでアルコール度数を高めたワイン)とのことで、興味深いですね。

参照:シェリー酒ってどんなお酒 

スペインのアンダルシア州は多くの魅力に溢れています。フィリピンのように日本から気軽に行ける距離ではないですが、いつかは一度訪れてみたい場所です。

に投稿

シリーズ②フィリピンの島ービザヤ地方・セブ島

aerial photography of seashore
Photo by BongVideos Production on Pexels.com

どうも、海外侍の義貞です。

フィリピンについてのブログでの発信も、いくつかシリーズに分けて書いていこうと思います。当分の間、フィリピンに行くことができないでしょうが、フィリピンに行くことができるようになったら限定公開で動画も配信していく予定です。

やはり、文章だけよりもその場を実際に体験できるような映像があった方が楽しいですし、何よりフィリピンの島々の自然が素晴らしいからです。それを知ってもらいたいという気持ちがあります。

さて、このシリーズではフィリピンの”島”についての情報を書いていきたいと思います。フィリピンは約7,000以上もの群島によって構成される国です。その中で、人々が定住する大きい島に限って紹介していきたいと思います。

最初に紹介するのは、やはりセブ島からにしましょう。

セブ島は、ビザヤ諸島に含まれる面積4,468 km²の島です。南北に長く、槍のような形をしています。両脇を海峡に挟まれますが、比較穏やかな流れです。

セブ島の中心都市はセブ市ですが、セブの国際空港はセブ市にはありません。空港は、セブ島近隣の別の島であるマクタン島に位置しています。セブの主なビーチリゾートは、このマクタン島にあります。

セブ市に行く為には、マクタン島から橋を渡り、隣接するマンダウェ市を通過する必要があります。マクタン島からセブ市街中心に入るまでに、混雑がなくてもタクシーで約40分くらいはかかります。マクタン島にあるラプラプ市からは、セブ市にフェリーで行くことも可能です。

また、マクタン島のさらに先にあるオランゴ環礁は、ダイビングスポットとして有名であり、海を楽しめる場所です。

セブ市はセブ島の中腹に位置していますので、ここが南北へ向う中心地になります。セブ島は意外にも山脈が縦断しているので、セブ島にある都市は主に海岸部に位置しています。オスロブ、モアルボアル、バンタヤン島、マラパスクア島などに綺麗なビーチがあります。海やビーチを堪能したい場合は、セブ市から南北に向かわないといけません。

セブ市は小さいながらも、それなりに近代化された都市です。しかし、南北に向かうと、ほとんど自然と共生するようなシンプル生活が広がります。

セブは漁業なども盛んで、ラプラプというビザヤ地方で捕れる魚があり、それがフィリピン料理のキニラウになります。

フィリピン料理キニラウ https://bit.ly/2XsCmAs

セブ観光地 https://cebusamurai.com/tourisum/

に投稿

シリーズ①世界の港から

Photo by Julia Volk on Pexels.com

How’s it going? 海外侍の義貞です。

僕は、港に興味があります。以前もお話したように、港は世界に開かれた場所であると共に、国防の重要な要ということもあり、開放的でありながら保守的な場所です。

僕は海が好きです。海に入りたいというわけではなく、海の彼方に別の世界が広がっていると感じられるからです。海というのは不思議な場所です。地球上の表面の7割は海です。日本という国は、排他的経済水域まで含めると巨大になります。そう考えると意外に日本人も海洋民族なのかもしれません。

僕が好きなアジアの港は、ベトナムのハイフォン港です。以前もハイフォンについて書きましたが、ハイフォン港の近くにはハロン湾があります。ハロン湾は竜が降り立つ場所とされており、ドラゴンボール的な世界が広がります。

Photo by foc foodoncam on Pexels.com

日本では、横浜、神戸、長崎などですが、興味深いことにこれらの都市には外国との関わりがあります。加えて、どの都市にも中華街があります。フィリピンの英雄ホセ・リサールなどは横浜に寄った歴史もあります。

アジアでは、フィリピンのセブ、韓国の釜山、台湾の高雄、香港、シンガポールなどが港を有しており、このような場所は地の利を活かしています。

香港、シンガポールなどは港湾、物流から金融・情報のような流れやスピードの速い産業に移っていますが、釜山などもそうです。釜山は今、最先端のブロックチェーン技術の特区に指定されています。港湾や物流など物を扱う産業から、金融・情報などに中心が移ってきており、逆に物流なども最新のテクノロジーを使用するという流れがあります。今後、釜山はシンガポールと並ぶ最先端の金融都市になるかもしれません。

セブは、インバウンドのコールセンターなど情報産業が盛んですが、どうしても受け手の立場になり、フィリピン人が何かを生み出すという立場になっていません。例えば、フィリピンからTokopediaのようなオンライン・プラットフォームは生み出されていません。セブは観光・留学、漁業など盛んですし、情報産業があるにも関わらず、フィリピン人自らが商流を生み出すという点は苦手なような感じがします。

港の話から少し逸れてしまいましたが、アジアの港はやはり魅力的であり、日本から近いこともありますし、多くを学ぶことができます。

海、港、歴史、それから港湾から発展する情報・金融についても発信していきたいと思います。

に投稿

アンジュとして美味しいポッサム

画像はwikipediaより

どうも、海外侍の義貞です。

さて、前回レチョンカワリをご紹介しました。

フィリピン料理⑪レチョンカワリ https://bit.ly/2LbWfJe

豚バラ肉を使用した料理であるレチョンカワリですが、豚バラ肉で思い出した韓国料理ポッサムをご紹介したいと思います。

RCEP(地域的な包括的経済連携協定)によって、日本でも韓国のチャミスルがコンビニで手軽に買えるようになった今の時代、ぜひお酒のつまみとして今回ご紹介するポッサムを食してみてください。

韓国語ではお酒のつまみのことを「アンジュ」と言います。韓国人に「この前お酒を飲んで」という話をすると、「アンジュは何?」と聞かれますので、韓国語を勉強されている方は、このアンジュという言葉を覚えるといいかもしれません。

韓国語でビールは「メクチュ」、彼らのおススメはソジュメクチュのミックスです。合わせて「ソメク」と言いますが、これは韓国の若者グループたちが飲みに行く時は必須になるので気をつけましょう(笑)。簡単に酔いがまわります。

さて、おススメのポッサムですが、豚バラを使った韓国料理で、スパイスと一緒にお肉を茹で上げます。これをサムギョプサルのように、葉っぱで包んで食べるのですが、ポッサムを食べる時はポッサム用のキムチがあります。ポッサムキムチです。少し大きめのキムチで、これがまた絶妙なコンビなのです。

僕はこのポッサムからのタンスユク(酢豚みたいなもの)とジャージャー麺のコンビネーションが最高(チェゴヤ)と思っています。

韓国を訪問できるようになったら、ぜひ本場のポッサムを味わってみましょう。また、韓国のソジュは地域によってブランドが異なります。日本酒みたいなもので、ソウルとプサンのソジュは異なります。その違いも楽しみたいですね。

韓国語講座は随時アップ https://bit.ly/3pHWue6 

に投稿

フィリピンの地理あれこれ

Photo by slon_dot_pics on Pexels.com

どうも、海外侍の義貞です。

僕はGeography now というYouTubeチャンネルが好きでよく見ています。

Geography now は世界中の国の地理、歴史、文化を紹介するチャンネルで、韓国系アメリカ人とフィリピン系アメリカ人が運営しています。

短い時間の中で、大量の情報をコンパクトに分かりやすく、かつ楽しく伝える番組のため、勉強になると共にアメリカらしいコミカルさも感じられて結構気にいってます。

アメリカに行くにしても、オーストラリアに行くにしても、日本人に見た目が近いアジア系の人たちがいると安心しませんか?

たぶん、向こうもそう思っていて、ロンドンでもオーストラリアに行った時もアジア系の人から道を聞かれたり、路線を聞かれたりしました。

日本では、外国人旅行者が駅や道で困ってる時にCan I help you ?と声をかける人は少ないですが、僕はよく自分から話しかけるからなのか、外国でも道や路線を聞かれたりすることが多いです。(いくら海外侍とはいえ、世界の路線を知っているわけではない)

バンコクやロンドンで僕に路線を聞かれても困るんですが、しかし、地理感覚や方角を体得するのは結構自信があります。

だから、こういう番組が好きなのかもしれません。地理+食文化を把握する事は他の国を知っていく最初の段階です。そこから歴史を学んでいく、なぜその国の人たちがそのような行動を取るのか理解できるようになっていきます。

外国人が日本に来たときに、神社とお寺の違いや、どういった経緯で天皇が東京にいるのかなどを説明できるでしょうか。

浅草寺や四天王寺がどういう経緯で今そこにあるのかという歴史から、今の日本の成り立ちまでを考えてみると楽しいです。