に投稿

冬でもサンミゲルビールはうまいのか

サンミゲル・ライトとサンミゲル・ピルセン

What’s up, guys! Welcome back to my blog. 海外侍の義貞です。

さて、今回は「冬でもサンミゲルビールはうまいのか」ということで、フィリピン関連のストアでサンミゲルビールを買ってきて、日本のおつまみと宅飲みしようと思いました。

前回ブログでご紹介したように、サンミゲル・グループというのはフィリピンの財閥の中でも名前が知られているコングロマリットです。ヘンリー・シーのSMグループ、ルシオ・タンのLTグループ、トニー・タンのジョリビーなど、ほとんどの企業はフィリピン華僑たちがオーナーですが、サンミゲル・グループはどうやらスペイン関連のようです。

スペインにもサンミゲルビールがありますが、すでにフィリピンのサンミゲル・グループの傘下にあります。なので、実質的にフィリピンのサンミゲルが本家本元なのです。またサンミゲルのビール事業には日本のキリンホールディングスも多くのシェアを持っています。

サンミゲル・グループについて https://bit.ly/2LFmSXt

ステイホームでZOOM飲みなどが流行った日本ですが、ちょっと疑問に思ったのは、「サンミゲルビールって冬に飲んでもうまいのかな?」ということでした。というのも、フィリピンに冬はありません。

フィリピンで飲むサンミゲルビールは最高だけれども、日本の冬にサンミゲルビールを飲むのってどうだろう(?)と疑問に感じたので、さっそく赤羽にあるサラップ・ブッサン(フィリピンの食材店)でサンミゲルビールを買ってきました。

感想は、「普通にうまい!」です。僕はサンミゲル・ライトがお気に入りなのですが、この軽く柔らかいテイストは、ヘビーな肉料理などと本当によく合います。

辛口でありながら、苦みを残さないすっきりした感じです。加えて、お腹に溜まるという感じがないのです。

フィリピン料理はスペインのものを引き継いでいることもあり、けっこうジューシーなものが多いのですが、サンミゲルライトはその食事によく合います。

サンミゲル・コーポレーションとは何の関わりもないですが、サンミゲルビールはやはり最高です。

に投稿

なぜフィリピン人はビリヤードがうまいのか

bar billiards gambling game
Photo by Pixabay on Pexels.com

どうも、海外侍の義貞です。

以前書いたブログ『なぜフィリピン人は歌がうまいのか』のアクセスが良いので、別のジャンルでフィリピン人が得意とするものをご紹介したいと思います。

なぜフィリピン人は歌がうまいのか https://bit.ly/3nKMkb6

フィリピン人は歌が上手なことは周知の事実ですが、フィリピン人はビリヤードがうまいことでも知られています。

フィリピンで少し小粋なアメリカン・バーなどに行くと、ビリヤード台を見ることがあります。フィリピン人は陽気なので、「俺と玉突く?」といえばすぐに相手になってくれます。すぐにわかることは、フィリピン人はたいていビリヤードが上手なのです。

日本でプレイするゲームといえば、卓球や卓上ホッケーとかあると思いますが、フィリピン人はビリヤードです。

フィリピンからは「ビリヤードの神」とよばれるエフレン・レイズが輩出されています。フィリピンでどのようにビリヤードが根付いたのかということも興味深いですね。

ビリヤードは、スペインにも起源の一説があるようで、やはりスペインの影響があったということかもしれません。

どうやら日本には長崎の出島から伝わったようであり、ポルトガルやスペインの貿易商たちが行っていたようです。海外との交易に興味がある自分としたは、ビリヤードもやらないといけないなと感じました。

笹川スポーツ財団 ビリヤードの起源 https://www.ssf.or.jp/ssf_eyes/dictionary/billiards.html

に投稿

フィリピン料理⑫チキンイナサルChicken inasal

Hey, guys! Hope you are doing well.

海外侍の義貞です。

以前、フィリピンのファストフード店マンイナサルをご紹介しました。

https://bit.ly/35EV1xz フィリピンファストフード②マンイナサル

今回は、それに関連するフィリピン料理であるチキンイナサルをご紹介したいと思います。

イナサルとは、様々なタイプのグリルを意味します。前回ご紹介したレチョンなども広い意味ではイナサルに含まれます。タガログ語では、イニハウと呼ぶようです。

チキンイナサルは、主にビザヤ地方発祥の料理であり、西ビザヤの都市であるバコロドやイロイロなどの都市に由来する食べ物です。

鶏肉をカラマンシー、コショウ、ココナッツビネガーなどでマリネして炭火で焼きます。そして、カラマンシー、醤油や酢をつけて食べます。調理も見た目もシンプルですが、このチキンと醤油とカラマンシーのコンビが非常に食欲をそそります。

に投稿

シリーズ③カトリックの源流-フィリピンとキリスト教

art cathedral christ christian
Photo by Pixabay on Pexels.com

どうも、海外侍の義貞です。

フィリピンの文化は、統治者であったスペインの宗教、食文化、建築様式を取り入れて発展してきました。現在のスペイン人は、フィリピンに対してほとんど何の関心もないですが、その文化・様式は東方にある群島国家の中で根付いています。

スペインをはじめとする大航海時代の冒険家たちが、自国離れた遠い島国の形を変えてしまったという点で衝撃的です。その島にキリスト教を普及させたという点も興味深いです。

以前からブログで取り上げていますが、安土桃山から戦国にかけては南蛮貿易が行われ、多くの南蛮人たちが長崎港に寄港して日本で交易を行うとともに、日本全土で布教を行いました。

昨年はコロナもあり、行きたかった長崎に行けなかったのですが、可能なら今年は長崎に行って港や教会を見て回りたいです。サン・ファン・バウティスタ号と支倉常長が船出した仙台も見て回りたいですね。

カトリックとは、普遍を意味します。多くの哲学は神学から敷衍して出てきていることもあり、キリスト教に興味を持っています。

10代後半から20代前半の若かった頃、自分の人生の意味や価値、あらゆるものの存在の意義に対してよく分からなく混乱して、自分を見失っていました。人ごみの流れの中で、自分が孤独で不安な存在なんだと感じていましたが、そういう時でも教会というのは誰に対しても扉を開いていてくれます。

ロンドンの凍りつくような寒さの中で、教会に入った時に暖かく安らいで、可愛いらしいおばあさんがお花を供えながら、こちらを向いてHelloと言ってくれました。それだけでイギリスを好きになったものです。

このシリーズでは、なぜフィリピンでキリスト教が普及したのかを考えていきます。そもそもフィリピン人はマレー系で、マゼラン来航以前はアラブの商人の活躍などから、このリージョン(地域)ではイスラム教が主流でした。ながらくスペインに統治されて、アイデンティティまで変えられたのは、キリスト教の普及も関係していると思います。

そのようなコロニアル(植民地的)な関係とフィリピンでのキリスト教についてアップデートしていきます。

に投稿

シリーズ①世界の港から

Photo by Julia Volk on Pexels.com

How’s it going? 海外侍の義貞です。

僕は、港に興味があります。以前もお話したように、港は世界に開かれた場所であると共に、国防の重要な要ということもあり、開放的でありながら保守的な場所です。

僕は海が好きです。海に入りたいというわけではなく、海の彼方に別の世界が広がっていると感じられるからです。海というのは不思議な場所です。地球上の表面の7割は海です。日本という国は、排他的経済水域まで含めると巨大になります。そう考えると意外に日本人も海洋民族なのかもしれません。

僕が好きなアジアの港は、ベトナムのハイフォン港です。以前もハイフォンについて書きましたが、ハイフォン港の近くにはハロン湾があります。ハロン湾は竜が降り立つ場所とされており、ドラゴンボール的な世界が広がります。

Photo by foc foodoncam on Pexels.com

日本では、横浜、神戸、長崎などですが、興味深いことにこれらの都市には外国との関わりがあります。加えて、どの都市にも中華街があります。フィリピンの英雄ホセ・リサールなどは横浜に寄った歴史もあります。

アジアでは、フィリピンのセブ、韓国の釜山、台湾の高雄、香港、シンガポールなどが港を有しており、このような場所は地の利を活かしています。

香港、シンガポールなどは港湾、物流から金融・情報のような流れやスピードの速い産業に移っていますが、釜山などもそうです。釜山は今、最先端のブロックチェーン技術の特区に指定されています。港湾や物流など物を扱う産業から、金融・情報などに中心が移ってきており、逆に物流なども最新のテクノロジーを使用するという流れがあります。今後、釜山はシンガポールと並ぶ最先端の金融都市になるかもしれません。

セブは、インバウンドのコールセンターなど情報産業が盛んですが、どうしても受け手の立場になり、フィリピン人が何かを生み出すという立場になっていません。例えば、フィリピンからTokopediaのようなオンライン・プラットフォームは生み出されていません。セブは観光・留学、漁業など盛んですし、情報産業があるにも関わらず、フィリピン人自らが商流を生み出すという点は苦手なような感じがします。

港の話から少し逸れてしまいましたが、アジアの港はやはり魅力的であり、日本から近いこともありますし、多くを学ぶことができます。

海、港、歴史、それから港湾から発展する情報・金融についても発信していきたいと思います。

に投稿

アンジュとして美味しいポッサム

画像はwikipediaより

どうも、海外侍の義貞です。

さて、前回レチョンカワリをご紹介しました。

フィリピン料理⑪レチョンカワリ https://bit.ly/2LbWfJe

豚バラ肉を使用した料理であるレチョンカワリですが、豚バラ肉で思い出した韓国料理ポッサムをご紹介したいと思います。

RCEP(地域的な包括的経済連携協定)によって、日本でも韓国のチャミスルがコンビニで手軽に買えるようになった今の時代、ぜひお酒のつまみとして今回ご紹介するポッサムを食してみてください。

韓国語ではお酒のつまみのことを「アンジュ」と言います。韓国人に「この前お酒を飲んで」という話をすると、「アンジュは何?」と聞かれますので、韓国語を勉強されている方は、このアンジュという言葉を覚えるといいかもしれません。

韓国語でビールは「メクチュ」、彼らのおススメはソジュメクチュのミックスです。合わせて「ソメク」と言いますが、これは韓国の若者グループたちが飲みに行く時は必須になるので気をつけましょう(笑)。簡単に酔いがまわります。

さて、おススメのポッサムですが、豚バラを使った韓国料理で、スパイスと一緒にお肉を茹で上げます。これをサムギョプサルのように、葉っぱで包んで食べるのですが、ポッサムを食べる時はポッサム用のキムチがあります。ポッサムキムチです。少し大きめのキムチで、これがまた絶妙なコンビなのです。

僕はこのポッサムからのタンスユク(酢豚みたいなもの)とジャージャー麺のコンビネーションが最高(チェゴヤ)と思っています。

韓国を訪問できるようになったら、ぜひ本場のポッサムを味わってみましょう。また、韓国のソジュは地域によってブランドが異なります。日本酒みたいなもので、ソウルとプサンのソジュは異なります。その違いも楽しみたいですね。

韓国語講座は随時アップ https://bit.ly/3pHWue6 

に投稿

フィリピン料理⑪レチョンカワリ Lechon kawali

写真はwikipediaより

Hey guys! 海外侍の義貞です。

2020年はあっという間に過ぎてしまいました。

2021年はまたセブや海外を訪問できることを祈りながら、また人々の健康を祈りながらブログを更新していきます。

2020年最後のブログは、やはりフィリピン料理にしましょう。

以前、フィリピンの代表的な料理であるレチョンを紹介しました。

フィリピン料理②レチョン https://cebusamurai.com/2019/08/22/lechon/

今回は、レチョンカワリをご紹介したいと思います。ポッドキャストでもお話しますが、フィリピンにはスペイン系(メスティーソ)、純粋フィリピン人(ピノイ)、中華系(チノイ)がおり、様々な文化がミックスしています。

アドボなどは、スペインの影響を受けた料理ですが、今回ご紹介するレチョンカワリは中華系の影響を受けた料理です。

レチョンカワリのカワリは”kawali“と書きますが、中華鍋のことを意味します。つまり、中華鍋の中で豚バラ肉をからっと揚げて、皮をカリッカリにしたものにします。

そして、レチョン用のソースや醤油とカラマンシーを混ぜたソースで頂きます。皮はカリッカリでクリスピーです。クリスピーパタもそうですが、フィリピン人はこのカリッカリが好きなのだと思います。これをライスと一緒に食べます。

僕がよく見ているフィリピン人シェフのyoutubeで、このレチョンカワリの作り方を紹介していますが、完成されたものがめちゃくちゃ美味しいそうです。

今までフィリピン料理を紹介してきましたが、キニラウ、シニガン、そしてのこのレチョンカウリとフィリピン料理では魚も、野菜も、肉も十分美味しく頂けます。

フィリピン料理はけっしてまずくはありません。単にunderestimate(過小評価)されているだけだと思っています。

レチョンカワリとサンミゲルビール、陽気なフィリピン人たちの歌声の中で楽しみたいですね。

に投稿

なぜ先進中華圏(シンガポール、香港、台湾)は日本人女性に人気なのか

Photo by Vladislav Vasnetsov on Pexels.com

どうも、海外侍の義貞です。

今回は、なぜ大陸を除く中華圏が日本人女性が働き、生活する場所として人気になってきたのかを考えたいと思います。

参考はこちら『日本人の越境するライフスタイルにみる現代日本をめぐる”もうひとつの”多文化化』http://www.tufs.ac.jp/blog/ts/g/cemmer_old/mlmc002008_full.pd           

シンガポールや香港に行った時に感じた事は、「独りで移って来てる日本人女性多いな」ということです。

まず、日本の企業組織の中で女性が海外に駐在員として移るということはほぼありません。だいたい海外、アジアでもヨーロッパでも日本人女性が現地にいるのは、いわゆる「駐妻」たちです。つまり、駐在員の家族帯同として海外にやってくる人たちです。

そうでない人もいますが、基本的に海外駐在員たちはその国に興味があってやって来るわけではなく、日本的な組織文化の中で、日本的なビジネス慣行をそのまま背負ってやって来ます。そして当地においても、日系企業同士での同質的なビジネスを行います。

そのような閉鎖的な慣行の中で、「現地の食べ物は口に合わない」とか、「現地人たちは主体性がない」とか、好き勝手な事をグローバルに通用しない「日本語」という言語で言い合っている人たちです。

さて、今やシンガポールや香港の不動産価格や物価は東京を超えて遥かに高いものになりました。シンガポールも香港も、物流や金融、情報などの第3次産業で発展してきており、そもそも日本の発展形態と異なります。日本のように集団的な労働集約的な産業発展とは異なります。

つまり、シンガポールや香港はより軽い物、動きの速いものを扱っていると言えます。その身軽さや速さは、中華系的な決定スピードの速さにも表れていると思います。

90年代以降、教科書で習うように「NIES(新興工業経済地域)」と呼ばれる勢力が出てきます。それがシンガポールや香港、台湾でした。

どうやらその当時に日本人女性の香港移住ブームみたいなものがあったようです。90年代くらいであれば、女性が「お茶くみ」や「酒つぎ」が当たり前の時代だったはずです。そういう環境から逃れたいと思っていた女性たちが香港移住を決めたのかもしれません。

台湾や香港の女性の知り合いがいればわかりますが、台湾人女性や香港人女性はそんなことしてくれません。「てめーでつげ」で終わります。なぜか台湾人女性に幻想を持っている日本人が多いのですが、台湾人女性はとんでもなく強いので、台湾人男性は日本人女性が好きなのです。

以前から取り上げているように、香港やシンガポールではお手伝いさんとしてフィリピン人を雇います。家事や清掃系の仕事は主にフィリピン人が担っています。シンガポールではコンビニの店員やホテルの従業員もフィリピン人でした。バーの歌手やダンサーもフィリピン人でしたし、とにかくサービス系にはフィリピン人が多い。今はコロナなので、おそらく少なくなっていると思いますが。

コロナによってグローバルな人の流れもストップしたこともありますし、現在の香港の騒乱もあって香港へ移る人はかなり減ると思いますが、逆に台湾はコロナを抑えることにも成功しており、天才IT大臣のオードリー・タンのような存在や多様性を認める台湾の状況から今後も台湾へ移住する日本人女性は多いかもしれません。

に投稿

Hallyu とは何か

Photo by Sharon McCutcheon on Pexels.com

どうも、海外侍の義貞です。

今日は、世界に広まるHallyuについて考えたいと思います。

2020年はコロナの年として今後記憶されますが、文化面でいえば韓国のコンテンツ産業が世界的になった年とされるでしょう。

これに対して日本では否定的な見解もあるでしょうが、重要なことは「日本がどう見るか」とは別に、「世界がどう見るか」という視点があることです。

2000年代までは、日本こそが文化面で先進的でしたし、J-popが世界にチャレンジするという気持ちもあったと思います。宇多田ヒカルがアメリカの音楽シーンに英語でアルバムを出すということもありました。

しかし、2000年代以降の日本の音楽シーンは盛り上がりに欠けるものになった印象があります。僕は2000年代後半以降はひたすら英米の洋楽チャートを聴いていました。

そして、2010年代から台頭してくるのがKpopです。Kpopの凄いところはローカルと洋楽のハイブリッドで、クオリティが高く、メッセージ性も強いところです。

まず日本では邦楽ファンと洋楽ファンはわかれて、僕のような洋楽ファンは少ないですが、Kpopの場合、その両者を掴むことができます。

また韓国はインターネットの普及率が高く、最速レベルの回線を有していることもあり、このネット時代にもうまく適用したといえます。若い人たちは、テレビよりもスマホでyoutubeを見るわけですし、『V LIVE』のようにインタラクティブで双方向的なコミュニケーションで繋がります。

2010年代後半にTWICEやBlack Pinkの人気が高まり、今となってはNiziuです。つまり、Kpopのプラットフォームに乗せるが、アイドルは全員日本人にして日本的なローカルさにもアジャストさせるという戦略です。

こうまで差をつけられたのは、韓国がコンテンツ産業をグローバルに輸出させるために国を挙げて取り組んだことと、国内市場から段階を踏んで世界に出るという形ではなく、はなから世界市場を目指して研鑽を積んできたというところです。

Kpopのアーティストや韓国の俳優たちを見ていると、非常に落ち着いた雰囲気があり、知的で大人なスマートさを感じます。自立している感じですし、なんというか努力してきたことが滲み出ています。

Netfilixで一回韓国のコンテンツを観ると、怒涛のごとく次から次へと新しい作品が出現してきます。近日公開の映画「新感染」もすでに話題になっており、なんか観ないといけないかなという気持ちになってきますね。

に投稿

ヒスパニック系アメリカ人の星、アレクサンドリア・オカシオ=コルテスとは何者か

AFPより画像

What’s up, guys! 海外侍の義貞です。

以前、アジア系アメリカ人の星、アンドリュー・ヤンをご紹介しました。

https://bit.ly/34sSMfV アジア系アメリカ人の星アンドリュー・ヤンとは何者か

今回はヒスパニック系アメリカ人の星、オカシオ・コルテスをご紹介したいと思います。アジア系、ヒスパニック系の星と分類していますが、これは単に個人的な見解なのでご容赦下さい。個人的にヤンやコルテスが好きなため。

オカシオ・コルテスは民主党議員の中で最年少、さらに女性、さらにマイノリティ出身の議員として注目されています。僕と同じミレニアル世代(1981年以降に生まれ、インターネットが当たり前の時代に育った世代)であり、キュートな見た目でファンも多いです。

彼女はニューヨークのプエルトリコ系移民の出身です。前にもブログで書いた通り、プエルトリコはプエルト(美しい)、リコ(港)というスペイン語に由来しています。ヒスパニック系の見た目が、フィリピン人女性のような感じ(明るくて可愛らしい)もあり、僕は彼女のファンです。

彼女のニックネームはAOC、アレクサンドリア・オカシオ=コルテスの頭文字を取っています。アメリカでは、若者たちから人気があり、人種問題や気候変動問題などの課題に積極的に取り組もうとする姿勢が支持されています。

ただ、アメリカはかなり分断された社会になっていることもあり、白人男性主義者の中では当然不人気です。そのあたり、アンドリュー・ヤンの立ち位置は面白く、彼は一部の白人男性主義者の中でも人気があります。それは彼がビジネスマン出身で、どちらかというと統制より自由を重んじる意識があり、男性だからということもあるでしょう。

なんだかんだ言っても、アメリカはヨーロッパと比較すればかなりマッチョな社会です。自分たちに対決姿勢を示す(ように感じられる)非白人の女性より、白人男性的な価値観を共有しているように感じられる非白人の男性の方に共感が得られるのだと思います。あくまで私の分析ですが。

Knock Down The House という彼女や他の女性議員を取り上げたドキュメンタリーがネットフィリックスであります。