に投稿 コメントを残す

フィリピンレストランNew Nanay’s(ニューナナイズ)に行きました。

どうも、海外サムライの義貞です。

このセブサムライのブログアクセス数を見ていくと、やはりフィリピン料理に関する投稿のアクセスが上位に上がります。

フィリピン料理がかなりニッチでマイナーなこともあって、どんな料理があるのか興味がある方もいるのだろうと思います。

フィリピン料理はそのマイナーさや国のイメージも合わさって、かなり低評価に思われているところがあります。また料理そのものが不味いとされていますが、僕はそうは思ってません。

キニラウやレチョン、クリスピー・パタやパンシット・カントンなど日本人の口にも合うフィリピン料理があります。フィリピン料理はスペインや中華の影響を色濃く残しており、ある種のフュージョン料理の要素があります。フィリピンの文化が独自の変遷を遂げており、マレー系、スペイン、中国の文化が混ざり合っています。

その文化の融合具合が料理にも現れています。フィリピンという国は今でも貧しい途上国ですが、そのリッチな文化は消えることなく残っています。

さて、今回は六本木にあるフィリピンレストラン「New Nanay’s(ニューナナイズ)」に行ってきました。ここはフィリピン大使館の近辺にあることもあり、フィリピン大使館員の御用達です。ドゥテルテ大統領も訪れたことがあると聞いたことがあります。

六本木という土地柄ゆえに値段はリーズナブルとは言えませんが、フィリピン人料理の初心者には行きやすい店だと思います。

僕としては「キニラウ」が一番のお気に入り料理なのですが、フィリピン料理の中でも人気があるのはポーク・シシグとレチョンカワリです。今回はレチョンカワリを食べてきました。

レチョンカワリについては、以前ブログで書きましたのでこちらの記事をお読みください。

フィリピン料理⑪レチョンカワリ Lechon kawali

様々なインターナショナル料理が集う六本木の中で今でも生き残っているということは、それだけお客さんがいるということですよね。僕が行ったときはほぼフィリピン人のお客でしたが、OFWたちのネットワークというの強固なのかもしれません。

 

 

に投稿 コメントを残す

ハードロックカフェに行きました

Hey, guys! 義貞です。

先日、アメリカン料理を提供するハードロックカフェでフィリピン観光省のタイアップメニューがあることをブログで書きました。

フィリピン観光省タイアップ アメリカンレストラン「ハードロックカフェ」東京店

https://wp.me/pbdNFZ-1jw

たまたまハードロックカフェのHPを見ていたらハードロックカフェの東京店(六本木)でフィリピンに関連するメニューを販売していました。フィリピン大使館が六本木にあるからということも関係ありそうですね。

ということで、僕はハードロックカフェに行ってきました。ただ上野店に行ったのでフィリピン関連メニューはNot available ですが、バーガーをロック音楽と共に楽しみたかったので行ってきました。

最初は横のショップ内を見て回ったのですが、店員さんからハードロックカフェ浅草店はクローズした情報を知りました。コロナの中でなかなか厳しいですね。

ハードロックカフェのロゴ入りコースターがほしかったのですが、それも在庫無しということでレストランの方へ移動。

プルドポークバーガーとバドワイザーを注文。

けっこういいお値段するのですが、バーガーはボリューミーで満足度は高いです。

壁一面にはロック・スターたちのギターや衣装などが飾ってあり、テレビ画面ではクイーンなどのバンドの演奏風景が流されていたり楽しいですね。

 

 

に投稿 コメントを残す

フィリピンのオッサンが作るレチョンカワリはなぜ美味しそうなのか

どうも、海外サムライの義貞です。

最近はフィリピン料理についてのブログ投稿が少なかったので、久々に料理関連の投稿です。

フィリピン料理の中で、お祭りの時に必ずレチョンを食べますが、レチョンカワリはレストランや一般家庭でも普通に食べるフィリピン料理です。

豚バラ肉の皮をカリッと揚げつつ、中身はジューシーなレチョンカワリは、通常のレチョン同様に僕の好きなフィリピン料理です。

そんな中で、YouTubeでフィリピン人の料理番組を見ているとフィリピン人のオッサンがレチョンカワリを料理していました。

なぜかオッサンの料理って美味しそうじゃないでしょうか?

たしかに女性の手料理の方がきめ細かくて繊細なもので美味しくもありますが、レチョンカワリみたいなシンプルかつジューシーなものはオッサンが調理した方が美味しそうに見えます。

中華やインド料理もそうで、シェフというのは男性的なイメージがあります。不思議ですよね。家庭料理は女性のイメージですが、レストランでは男性が食事を作ります。

ステーキや焼肉、このレチョンカワリみたいに肉を扱う料理は男性が主流なような気がします。動物を扱うからなのでしょうか。

いずれにせよ、レチョンカワリはフィリピン人のオッサンに作って貰う方が美味しそうに見えます。

に投稿 コメントを残す

台湾産ミルクパイナップル🍍🍍

ミルクパイナップル

どうも、義貞です。

今回は、台湾のミルクパイナップルについてご紹介したいと思います。

というか台湾産パイナップルとフィリピン産パイナップルの違いを詳しく書きたいのですが、自分でもまだ食べ比べしてないので、控えておこうと思います。

台湾人の友人からミルクパイナップルについてブログで紹介してくれと頼まれたので取り上げます。   (心の声:チュンチュンとかに頼まれたなら細かく書くけど、そうではないしなーー。)

↓↓友人である台湾人の女性社長の販売ストアページはこちら🍍↓↓

https://sankaboueki.stores.jp/

台湾は、フード・パラダイスですし、フルーツの種類も豊富です。

その中でも、僕も最近知ったミルクパイナップル(牛奶鳳梨)!なんだろう、タピオカミルクティもそうですが、ミルクを織り交ぜてきますね。それだけで甘くて美味しそうな響きになる。

ミルクパイナップルは通常のパイナップルと比較して、果肉がミルク色であり糖度が高く、酸味も少ないそうなのです。

そのミルクパイナップルを仕入れて日本で販売しているそうなので、ご興味ある方は下のインスタもご覧下さい。

https://www.instagram.com/y_taiwan_pineapple/

最近は、台湾関連の話題が多いですね。台湾産パイナップルであったり、台湾へのワクチンの提供であったり。日本と台湾の関係が良好なのは喜ばしいことです。

また別ブログでも取り上げますが、フィリピンのインフラ整備においても日本はかなり協力しています。台湾やフィリピンの繋がりを感じるこの頃です。

に投稿

その国の料理、歌を知ればどの外国人とも仲良くなれる

person in traditional dress at the street
Photo by Genaro Servín on Pexels.com

どうも、海外侍の義貞です。

インターネットによって世界が繋がった状態になった今、外国人と接する事も稀ではなくなった現代ですが、世界を旅してきた中で感じた事は、人間はどの国でも似ているという事です。

近代化の過程で一時的に西欧社会が台頭して世界の覇権を握った事で、まるで白人が世界の上位であり、中心であるような考えが生まれましたが、人が平等だという概念を生み出したのもまた西欧社会です。

しかし、そのような概念的なレベルを超えて、人間はどの国でも同じなんだと実感します。人は、食べないと生きていけないですし、眠らないといけません。

悲しければ泣き、楽しければ笑います。そして共通の身体的な感覚を有します。

言語が生まれる前の原初的な世界では、歌や踊りによって共通感覚を得ますし、そして皆で楽しむのは料理なのです。

よく映画で部族社会にまぎれ込んで歓待を受ける時は、焚き火を中心に歌や踊りを行いながら、料理を楽しみます。  

そういった行いが人間にはDNAレベルで刻まれている気がします。

何もかもが、言語や法体系によって統制された近代社会は、まるで監獄の中にいるような感じです。 

僕がフィリピンやメキシコなどが好きなのは、その原初的な部分が残っていると感じられるからかもしれません。

歌や料理で時間と空間を人とシェアする喜びを多く感じられることこそ、豊かな人生を生きられる気がします。

に投稿 コメントを残す

俺のジーローハン(鶏肉飯)

ジーローハン

どうも、海外侍の義貞です。

セブではなく、また台湾の話題になりますが、今回はジーローハン(鶏肉飯)を紹介したいと思います。

以前、台湾料理の牛肉麺を紹介しましたが、今回は屋台飯でも有名なジーローハンです。

字のごとく、茹で上げた鶏肉にタレと八角を混じえて食す料理です。シンプルにして旨し、スタミナ感もある男飯です。

台湾はフードパラダイスです。美味しい料理が沢山あります。確かにフィリピン料理よりはいいですね(笑)

当分、ブログでは台湾料理や台湾やハワイ関連を取り上げていきます。セブが復活する事を願っていますが。

に投稿 コメントを残す

東京の台湾料理店1 台湾にもある店

What’s up, guys! 海外侍の義貞です。

フィリピン料理が日本で少ないうえに、フィリピン料理があるところは大抵フィリピンパブということもあり、台湾料理店の紹介にシフト・チェンジしたいと思います。

僕はフィリピンの料理が好きなのですが、フィリピン料理の店が少なすぎるのと、やはりイメージ的にも料理の好みとしても台湾料理の方が日本人に合うので、ブログとしてもそちらを取り上げます。

台湾の場合、中華とオーストロネシアンのミックス的な要素もあるので(たまにフィリピン人の顔っぽい人もいる)、まあ好しとしましょう(?)。

まずは台湾にもあるお店から紹介したいと思います。

三商幸福   http://japan.3375.com.tw/

三商巧福については以前紹介しましたが、台湾現地では牛肉麺のチェーン店として有名です。東京にいる台湾人に「牛肉麺を手軽に食べたい」と伝えれば、おそらくは三商巧福に連れて行ってくれるでしょう。

春水堂  https://www.chunshuitang.jp/

タピオカミルクティーの発祥の店、春水堂。タピオカブームが去ってからは、麻辣担々麺などの料理を提供しています。辛さはお好みで選べます。八角の香りや少し痺れるような感じの担々麺がお勧めです。

騒豆花      https://saodouhua.jp/

こちらはスィーツのお店です。豆花は豆乳を凝固させて作ったお豆腐のようなものにフルーツなどをトッピングさせて頂きます。杏仁豆腐とは違って、もっと味が豆乳ぽいですね。

このスィーツは中華圏でよく食べられるので、台湾人女性が好きな方は覚えておいた方がいいと思います。

食は、生活に欠かせないものでありながら楽しみ、コミュニケーション、文化を最も現します。

外国人女性を好きならば、絶対に外せないのが、その国の料理に精通することです。その国の地理・風土・食文化を分かっていれば、間違いなく好感を持たれます。

番外

台湾フェスティバル2021

6月には台湾フェスティバル2021があります。コロナの状況にもよるかもしれませんが、ぜひ台湾の食文化を味わってみてください。

https://taiwanfes.org/

台湾産パイナップル🍍の購入をご希望の方はこちらをご覧下さい。

【数量限定】台湾パイナップル 樹上紅 10kg(¥6,000)がフリマアプリ ラクマで販売中♪ #rakuma #ラクマ https://item.fril.jp/e4ce5dec0ab68c111c34eb75b7192917

に投稿 1件のコメント

台湾その魅力、パイナップル🍍、スタバ☕、夜市、新しいこと

city skyline at night time
Photo by 李昂軒 on Pexels.com

どうも、海外侍の義貞です。

台湾、南方のオーストロネシア語族に分類される台湾原住民と漢族の融合によって成り立つ多様な背景を持った島。オーストロネシア語族にはフィリピンも含まれており、西はマダガスカル、東はポリネシア諸島やニュージーランドまで広がる民族です。

現在は漢族の方が主流ですが、中華と東南アジアの融合といった形で魅力的な食文化や果物があり、海外侍義貞もとても好きな国です(台湾女性の戦闘民族的な強さがあっても)。

前に書いた記事

さて、2021年春という新しい時期を迎えるにあたり、新しい試みを行っていきたいと思っていました。 というのも当面はやはり海外に行くのが難しい状況ですし、特にフィリピンはコロナの状況もよくないです。

加えて、せっかく日本に居る期間が長いのであれば、日本の魅力を海外に発信したいという気持ちがずっとあります。セブサムライはセブサムライで継続的にフィリピンのことを伝えていくとして、新しいコンテンツとして”台湾“と”日本“にしたいと思います。

日本人向けで海外のことだと台湾がよいと考えました。僕は韓国のことでもいいですが、日本に台湾の友人がいることもあり台湾にしようと思います。加えて、台湾とフィリピンは近いですし。

もう一つは、海外に向けた日本に関する情報発信をYoshisadaJapanでやりたいと思います。こちらは完全に英のみでやっていこうと思います。

まず台湾の方ですが、こちらはHPを作成していきますが、現在台湾のスターバックス・グッズやパイナップルをオンライン販売しています。ご存知のように、中国からの輸入規制によって台湾のパイナップル農家が打撃をうけています。そのことから日本において台湾産のパイナップルを食べようという流れがあり、台湾のパイナップルが日本へやってきています。

【台湾パイナップルを食べよう 】日本で買える場所をみんなで共有しよう!!https://www.taipeinavi.com/special/80012662

また、アメリカでは台湾のスタバグッズが人気になっていることもあり、こちらも台湾の友人を介して行っています。

★【スターバックスのアジア限定グッズが人気】

https://www.businessinsider.jp/post-229182

海外侍が手伝っているインスタ

https://www.instagram.com/t_taiwan_starbucks/

また今年の6月には「台湾フェスティバル™TOKYO2021」があります。

台湾食文化で日台交流!を銘打っており、こちらにも海外侍は関わっていきます。

台湾といえば、夜市でよね。美味しいグルメが満載ですが、こちらの台湾フェスティバルでは台湾の多くの食が楽しめます。

台湾に渡航できない中で台湾を感じる機会を持てると思います。

に投稿

フィリピン料理⑬リエンポ Liempo

写真はPhilipinas recipesから

どうも、海外侍の義貞です。

さて今回は、フィリピンのサムギョプサル的な料理であるリエンポを紹介したいと思います。

サムギョプサルはご存知のように韓国料理であり。豚バラ肉の焼肉です。

前回紹介したレチョンカワリに近いですが、リエンポはレチョンとはまた違います。

レチョンカワリについてはこちら https://bit.ly/3r3Swgk

正直なところ、僕もよく違いはわかりません。ポークベリーという点では同じだと思うのですが、、、

レチョンカワリはカリカリにあげますが、こちらはBBQのような感じで焼くような感じですかね。一口サイズに切り刻まれて出てきます。肉の色や見た目的にタイのコームーヤーンに近い感じです。柔らかくてジューシーなのです。コームーヤーンよりは厚い肉ですが。

以前、ご紹介したタイのチムチュムですが、この料理はいわゆるイサーン地方(東北)の料理であるのですが、コームーヤーンもこのイサーン地方の郷土料理ですので、チムチュムを頼む時は同じようにコームーヤーンも注文します。

タイの場合は唐辛子が交じった辛いタレで食べますが、フィリピンの場合は醤油、ビネガー、みじん切りにされた玉ねぎと一緒に食べます。

日本ではフィリピン料理を食べる場所が本当に限られてしまいますが、タイ料理はたくさんあります。ちょうど「孤独のグルメ」を見ていたらタイのチムチュム店も取り上げられていました。ぜひ行ってみたいと思います。

に投稿

The coffee beanを買収していたジョリビー・コーポレーション

Hey, guys! 海外侍の義貞です。

フィリピンのNo.1ファストフード店であるジョリビーについて調べていたら、以前紹介した僕のお気に入りのコーヒーチェーンであるアメリカのThe coffee bean & Tea Leaf ですが、ジョリビーを運営するジョリビー・コーポレーションが買収していました。

日本には少ないTHE COFFEE BEAN https://bit.ly/3bOTdpj

日本では、このコーヒーチェーンはほとんど店舗がないのですが、アメリカや特に東南アジアでは人気があります。面白いことに、The coffee beanはフィリピンでも、タイでも、マレーシアでも見かけました。それから韓国系のコーヒーチェーンもよく見かけます。

ジョリビーを生み出したのも、フィリピン華僑であるトニー・タンです。今やジョリビーはアメリカでも拡大し、香港やイギリスでも展開しています。特にファストフードの本元であるアメリカで拡大しているというところがすごいですね。フィリピン市場では、マクドナルドが唯一勝つことができないファストフードチェーン。それがジョリビーです。

もともとアイスクリーム店から始めたビジネスが、今やグローバル・ファストフード・ブランドに対抗できるようになっています。

僕もフィリピンに行った時はよくジョリビーに行きます。ジョリビーは安定的というか、外れがない感じです。接客員もすごい明るくテキパキしているし、ジョリビーは本当に成功したファストフード店です。

フィリピンに根付いた華僑たちというのは、本当に凄い。そのバイタリティと行動力が違う。フィリピン人というのは一般的にはのんびりしています。何かを成し遂げてよう、というような野心はあまり無いように感じます。しかし海を渡り、その土地で生きると決意した華僑たちは並々ならないものがあります。

The coffee beanはアメリカ発ということもあって、店員さんも英語が上手ですし、リラックスした雰囲気で店員さんと会話できます。セブが良いのはこういうところですね。普通に店員さんと話しをすることができる点です。