に投稿 コメントを残す

HISのセブ島ツアーも再開。

どうも、海外サムライの義貞です。

ついに旅行大手HISも海外ツアーを2年ぶりに再開させています。

https://www.nippon.com/ja/news/fnn20220419349178/

このセブサムライブログを本格的に更新し始めた2020年。

フィリピン留学を体験し、その魅力を感じたことから自分もフィリピンでの英語留学やセブ島、フィリピンの良さを伝えていきたいと思ってブログ開設したのですが、その年からコロナウイルスが広がっていき、セブ訪問の機会は失われました。

僕は、欧米諸国も嫌いではないのですが、欧米人たちは意外に欧米人以外と交わろうとしないような気がしていました。フィリピンも含めたアジア人や南米のラティーノたちの方が日本に対して良いイメージを持っていて、より日本人と交流したいと考えているような気がしています。

メキシコ人やブラジル人とはすぐに仲良くなれましたし、日本を欧米圏以外で成功した先進国としてリスペクトもしてくれます。

日本が平和的に経済大国になり、世界の中で今の地位を築いてきたこと今でもアジアや南米では憧れなのです。なので自信を持って堂々とアジアや南米と付き合っていけば良いし、アジアや南米に対して良い兄貴分になればいいのです。

そのような意味で、僕としてはアジアや南米から日本に来る人たちを受け入れたいと思っていますし、逆に日本人もアジアや南米に進出していってビジネスしていけばいいと思っています。

なので、日本の地域ではまちプロジェクトを進めていきながら、日本の個人や企業がアジアや南米に進出するためのサポートなども行っていきたいと思っています。

海外ビジネスに関わるためには英語がある程度できる必要がありますが、海外ビジネスに関わるための英語力の獲得であればフィリピン留学で十分です。

ネイティブレベルの英語を話したいのであればアメリカやイギリスに行く方が良いのかもしれないですが、海外は欧米だけではありませんし、フィリピンに行ってからも欧米に行くというのもありです。

断然にフィリピンでの英語取得をオススメします。そのための事業を行えるように、私も頑張っていきます。

Twitter: @itchanjapan

Instagram: @itchanjapan

に投稿 コメントを残す

なぜフィリピン人はバスケがうまいのか

Photo by Chbani Med on Pexels.com

Hey, guys! 海外サムライの義貞です。

今回はフィリピン人のバスケ熱について取り上げたいと思います。

2011年、初めてセブに行ったときに驚いたのは、子供やティーン、成人男性も含めてフィリピンの若い男たちはみなストリートでバスケをしていました。

手作り感満載のバスケゴールを家の屋根に設置して、ストリートのバスケコートで熱心にプレーしていて新鮮でした。フレンドリーなフィリピン人は通りかかる僕に「一緒にプレーしなよ!」と誘ってくるわけです。

なぜフィリピン人はこうまでバスケが好きなのか。そして、上手なのか。

やはりアメリカの影響は間違いないですが、身長がそれほど高くないフィリピン人がバスケが好きというのはその身体能力の高さゆえだと思います。

フィリピン国内で、もっとも人気のあるスポーツはバスケットボールです。マニラには「フィリピン・アリーナ」という施設があり、2023年の男子バスケW杯決勝戦がそこで行われる予定もあります。

世界最古のバスケットボールのプロリーグはアメリカのNBAですが、フィリピンのプロリーグであるPBAは1975年設立で、世界で2番めに古いプロリーグらしいのです。

Bリーグを席巻するフィリピン人の『超新星』コービー・パラス「このチームにいられることに本当に感謝しています」

日本のBリーグでも活躍し注目を集めるフィリピン人選手が出てきています。日本のプロリーグにはアジア選手枠があり、それでフィリピン人選手も増えているというのです。

最近は日本のBリーグもそれぞれの地域で愛着をもたれてきており、スラムダンクが流行った90年代以来に再びバスケ熱が高まるかもしれません。今年の秋にはスラムダンクのアニメ映画も公開される予定もあり、自分の中のバスケ熱も高まってきています。

今までは知られていなかったバスケを得意とするフィリピン人が日本でも知られていく可能性がありますね。

 

 

に投稿 コメントを残す

セブサムライ3年目 新年初の投稿

あけましておめでとうございます!海外サムライの義貞です。

2020年から始めたセブサムライも今年で3年目となりました。HPを立ち上げてブログを書き出したのは2019年の半ばくらいからですが、継続的にブログを書いていったのは2020年からでした。

くしくもコロナの時代になってしまい、セブに行ったのは2019年の夏が最後でした。それからコロナがここまで長引いていくとは想像もしていませんでした。

もはやセブを訪れることはできないのではないかとすら感じるこの頃ではありますが、こうなった以上はセブサムライとうたいながらも、セブとは全く関係のないこともブログで書いていきます(というか書いてきました)。

僕にとってセブはとても居心地の良い場所でした。セブ市はフィリピン第二の都市と言われながらも、人口が100万にも満たない都市です。圧倒的にマニラ首都圏にひとが集まるフィリピンなので、セブはちょどいい規模感の都市です。

セブの人口やセブ島の総人口でいっても千葉市や千葉県くらいの規模です。海も近いのでそういう意味でも千葉に似ているかもしれません。

僕は海のない群馬の出身なので、海のあるところに憧れをもっています。それもあってセブやハワイ、オーストラリアなどに憧れるのですが、その中でもセブがいいという気持ちがあります。

セブといってもフィリピンなので、途上国で汚いし、様々な面で不便で、融通がきかないところがあります。その反面、フィリピン人の明るさや優しさ、親切心や頭の良さなどもあります。

加えて、フィリピンという国は今後も当分の間は人口が増えます。コロナ禍でベビーブームが起こるくらいの国なので、まず減ることがありません。2030年くらいまでには、日本とフィリピンの総人口が逆転する可能性があります。

若い人口が多い国というのは、やはりエネルギーがあります。タイなどを除き、東南アジアは全体的にそうですが、東南アジアの若い世代は親の世代より豊かになれる可能性があります。

日本は困難を抱えています。団塊ジュニア世代が団塊世代より豊かになれていたのなら、団塊ジュニア・ジュニアの波があったはずですがそうはなりませんでした。価値の多様化やジェンダー平等などでよい面はありますが、経済的な面を含めて社会を再生産することができない局面に日本社会は入っているのです。

セブサムライでは、海外に出ていく取っ掛かりとしてフィリピンでの英語留学や学習を推奨する予定でしたが、コロナ禍を通してコンセプトが変わってきました。

この日本社会を保守することも考えたい。高齢化する社会であっても若い世代が多いのであればいいのですが、日本はそうではないわけです。若い人自体の人口が縮小していて、生産年齢人口が減っています。かつ東京にだけ人が集まり、地方は消滅の危機に瀕していきます。

保守であれば、このことに危機感を持つ必要があります。そこで考えるべき自分のテーマはグローバル×ローカルに変わっていきます。

地方や地域を活性化させていくためにも、その地域での活動と共に海外と地域を繋げる活動も必要だと思います。

引き続きセブの事や英語学習についても取り上げながら、セブと自分の地域の関わりについても発信していきます。

に投稿 コメントを残す

フィリピンレストランNew Nanay’s(ニューナナイズ)に行きました。

どうも、海外サムライの義貞です。

このセブサムライのブログアクセス数を見ていくと、やはりフィリピン料理に関する投稿のアクセスが上位に上がります。

フィリピン料理がかなりニッチでマイナーなこともあって、どんな料理があるのか興味がある方もいるのだろうと思います。

フィリピン料理はそのマイナーさや国のイメージも合わさって、かなり低評価に思われているところがあります。また料理そのものが不味いとされていますが、僕はそうは思ってません。

キニラウやレチョン、クリスピー・パタやパンシット・カントンなど日本人の口にも合うフィリピン料理があります。フィリピン料理はスペインや中華の影響を色濃く残しており、ある種のフュージョン料理の要素があります。フィリピンの文化が独自の変遷を遂げており、マレー系、スペイン、中国の文化が混ざり合っています。

その文化の融合具合が料理にも現れています。フィリピンという国は今でも貧しい途上国ですが、そのリッチな文化は消えることなく残っています。

さて、今回は六本木にあるフィリピンレストラン「New Nanay’s(ニューナナイズ)」に行ってきました。ここはフィリピン大使館の近辺にあることもあり、フィリピン大使館員の御用達です。ドゥテルテ大統領も訪れたことがあると聞いたことがあります。

六本木という土地柄ゆえに値段はリーズナブルとは言えませんが、フィリピン人料理の初心者には行きやすい店だと思います。

僕としては「キニラウ」が一番のお気に入り料理なのですが、フィリピン料理の中でも人気があるのはポーク・シシグとレチョンカワリです。今回はレチョンカワリを食べてきました。

レチョンカワリについては、以前ブログで書きましたのでこちらの記事をお読みください。

フィリピン料理⑪レチョンカワリ Lechon kawali

様々なインターナショナル料理が集う六本木の中で今でも生き残っているということは、それだけお客さんがいるということですよね。僕が行ったときはほぼフィリピン人のお客でしたが、OFWたちのネットワークというの強固なのかもしれません。

 

 

に投稿 コメントを残す

フィリピンについて発信する韓国の女の子たち

Hey, guys! 海外サムライ義貞です。

先日、紹介したフィリピンで育った韓国人女性ジェシカ・リーがソウルのフィリピン・マーケットを開拓して面白かったのでブログで書きたいと思います。

彼女のフィリピン紹介チャンネルをフォローしていますが、それは単にジェシカ・リーが可愛いからだけではありません(笑)

フィリピンについてもかなり勉強しており、フィリピン料理を紹介したり、歴史についても発信していたりと共感が持てるからです。

また、彼女の話す英語は韓国人が話す独特のものではなく、比較的ニュートラルでありながら、韓国人の発音にありがちなアクセントの強さがなく割とソフトな口調だからです。

韓国人は日本人以上により直接的にフィリピンを見下し、けなすところがあるのですが、さすがに彼女はフィリピンで育ってきているのでそういうところは一切ありません。そこもまた共感できるところです。

セブなどの留学に来ている韓国人にも色々なタイプがいますが、韓国人女性は比較的にフレンドリーです。日本人男性にも女性にも壁を作ることはあまりしないような気がします。

韓国は90年代のアジア危機の影響をもろに体感したことから、一気にグローバル化に舵をきりました。そのため格差が広がり、エリート層(財閥系)と庶民の差が圧倒的になっています。なので「半地下の家族」や「イカゲーム」、「SKYキャッスル」などの社会的な問題を凝縮したエッジのきいた作品が生み出されているという面もあります。

ジェシカ・リーの動画から韓国・フィリピンの両方を見てみるというのも楽しいかもです。

 

に投稿 コメントを残す

フィリピンのオッサンが作るレチョンカワリはなぜ美味しそうなのか

どうも、海外サムライの義貞です。

最近はフィリピン料理についてのブログ投稿が少なかったので、久々に料理関連の投稿です。

フィリピン料理の中で、お祭りの時に必ずレチョンを食べますが、レチョンカワリはレストランや一般家庭でも普通に食べるフィリピン料理です。

豚バラ肉の皮をカリッと揚げつつ、中身はジューシーなレチョンカワリは、通常のレチョン同様に僕の好きなフィリピン料理です。

そんな中で、YouTubeでフィリピン人の料理番組を見ているとフィリピン人のオッサンがレチョンカワリを料理していました。

なぜかオッサンの料理って美味しそうじゃないでしょうか?

たしかに女性の手料理の方がきめ細かくて繊細なもので美味しくもありますが、レチョンカワリみたいなシンプルかつジューシーなものはオッサンが調理した方が美味しそうに見えます。

中華やインド料理もそうで、シェフというのは男性的なイメージがあります。不思議ですよね。家庭料理は女性のイメージですが、レストランでは男性が食事を作ります。

ステーキや焼肉、このレチョンカワリみたいに肉を扱う料理は男性が主流なような気がします。動物を扱うからなのでしょうか。

いずれにせよ、レチョンカワリはフィリピン人のオッサンに作って貰う方が美味しそうに見えます。

に投稿 コメントを残す

フィリピン観光省タイアップ アメリカンレストラン「ハードロックカフェ」東京店

Photo by McHail Hernandez on Pexels.com

what’s up, guys! 海外サムライの義貞です。

僕はアメリカンレストランの「ハードロックカフェ」が好きなのですが、それはさまざまな音楽を聴きながら料理を楽しめるからであり、音楽&料理は最高の楽しみです。

日本のハードロックカフェは東京店(六本木)が1号店なのですが、六本木というのがいかにもといった感じですよね(笑)

ハードロックカフェのHPを見ていたら偶然見つけたのですが、2021年11月6日〜フィリピン観光省タイアップのキャンペーンが行われるそうです。

「MEET PHILIPPINES(ミート フィリピン)」をテーマに、フィリピンのローカルデザートをハードロックカフェ風にアレンジしたメニュー2品を販売するといった内容です。

フィリピンのローカルデザートにはハロハロのようなパフェが有名ですが、紫芋、フィリピン語でウベのアイスが特徴的です。ウベのケーキもありますし、ハードロックカフェで提供される2品のうち1品は「ココナッツ紫芋ケーキ」なのでそれ関連ですね。

PRタイムズ

  • 「ハードロックカフェ」 フィリピン観光省タイアップ メニューキャンペーン 開催概要

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000995.000018232.html

面白そうなので期間中に行ってみようと思います。

ハードロックカフェについては別でブログでも取り上げたいと思います。

音楽&料理で楽しい一時を過ごしましょう。

に投稿 コメントを残す

フィリピンで「台風発電」は可能なのか

photo of wind turbines lot
Photo by Narcisa Aciko on Pexels.com

Hey, guys! 海外サムライの義貞です。

友人がタイから福岡へと戻ってきたのですが、コロナの状況もあり夏休みでも会いにいけず、残念ですが福岡からの発信はまた別の機会にしたいと思います。

さて今回は、また日経新聞から面白そうなフィリピン関連ニュースを見つけたのでご紹介したいと思います。

東京都墨田区にある株式会社チャレンジャーという会社が、猛烈な台風でも発電できる発電機を開発して、初の海外での稼働をフィリピンで開始したというのです。

「台風発電」フィリピンで稼働 チャレンジャー

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC2513X0V20C21A8000000/#:~:text=%E5%8F%B0%E9%A2%A8%E3%81%AA%E3%81%A9%E3%81%AE%E5%BC%B7%E9%A2%A8%E3%81%A7%E3%82%82,%E3%81%9F%E3%81%8C%E3%80%81%E6%B5%B7%E5%A4%96%E3%81%AF%E5%88%9D%E3%82%81%E3%81%A6%E3%80%82

フィリピンのエネルギー省が発表したデータによると、急激な経済成長によりエネルギー需要が著しく増大しており、電化率は92%に達しているが、約800万人が未電化地域に住んでおり、電気が通っている地域でも24時間の電力供給が受けられない地域が多いそうなのです。

またフィリピンには台風が多く、台風の影響で安定的な電力供給というものができないのだそうです。確かにフィリピンは台風が多く、レイテ島なども甚大な被害が出たのは記憶に新しいです。

 電力の地産地消が可能となる再生可能エネルギーへの注目が集まる中で、この企業のフィリピンでの取り組みはなかなか面白そうです。フィリピンは電気料金も非常に高いうえ、電力供給も不安定だったので、そういった課題に「台風発電」で挑むというのも、まさにチャレンジャーです。

農業分野もそうですが、自然エネルギーの分野でもそれを支えるテクノロジーの進化が進んでいて、かなりハイテク度合が高まってきています。フィリピンは自然豊かな国ですし、食農やエネルギーの分野でも注目されていってほしいと思っています。

に投稿

中華系が席巻するフィリピン、マレーシア、インドネシア

timelapse photo of china town
Photo by Jimmy Chan on Pexels.com

どうも、海外サムライの義貞です。

中華の経済的な台頭、これは今世紀に入って避けては通れない課題だと思います。

フィリピン、マレーシア、インドネシア、このマレー系の3ヵ国では華僑たちが経済的な面で成功し、実権を握っています。マニラにも、クアラルンプールにも、インドネシアにも中華街が存在します。

シンガポールにも中華街がありますが、「いや、君たちの多くが中華系だよね?」と思うのですが、チャイナタウンとされています。

また東南アジアの華僑は台湾とも近く、以前ご紹介したようにフィリピンの華僑たちの学校では今でも台湾の繁体字を学習します。

台湾は中国の巨大さと対峙しながらも、オードリー・タンのような天才やアンドリュー・ヤンのような台湾系アメリカ人を生み出しており、アメリカにもコネクションがあります。

拡大する中華の経済圏がある一方、東南アジアの中華系というのは、単に大陸一辺倒かというとそうではありません。中国に対して一定の距離を保ちつつ、ASEANとして一つの塊になろうとしています。

以前から取り上げていたように、マニラ・ガレオン貿易の時代から一定の中国人がフィリピンに住んでいたことを考えると、地政学的な面でいってもフィリピンは中国を意識せざるをえない状況です。

ただフィリピンが東南アジアの中で面白いのは、日本や韓国からも一番距離が近い東南アジアというところです。フィリピン人はかなりアメリカ好きであり欧米かぶれが多いですが、距離的には今後は東アジアを意識せざるをえない点があります。

そういう面からいっても、フィリピンとの今後の付き合いを考えておかないといけないでしょう。

に投稿 コメントを残す

ポッドキャスト配信について、米中の狭間のフィリピンとASEAN、韓国の事例、音楽と文化(ポッドキャスト)

greyscale photography of condenser microphone
Photo by Tommy Lopez on Pexels.com

どうも、海外サムライの義貞です。

AnchorはSpotifyの傘下にある、というSpotifyの音声配信サービスがAnchorなのですが、AnchorでSpotifyの音楽が使用可能になったので、Music+Talkを配信していけます。

映画・ドラマコンテンツ配信のNetfilix、音楽配信のSpotify、教育コンテンツ配信のUdemyなど、欧米のプラットフォーマーたちの勢いを感じます。

中国は中国で独自のプラットフォームを築きあげていますが、中国は13億人の巨大市場があるので国内展開だけで回せます。

国際展開がうまい欧米と国内だけで巨大な中国といった感じですが、日本の世界的なプレゼンスは下がる一方です。

ここで見ていくべきは、韓国や台湾の事例だと思っています。たしかに韓国や台湾は経済規模では日本よりはるかに小さいですが、個別の分野で見ていくとすでに日本を超えています。

とくに「産業のコメ」と呼ばれる半導体分野では、日本は韓国や台湾に遥かに及びません。しかし、日本は部品や素材の分野では今なお強いのです。そういう面でいえばASEANとも連携していけます。

フィリピンやインドネシアなどの国に対して「日本が支援してやってる」という見方はもう終わりにした方がいいでしょう。ASEANの人々をエンパワーメントできる頼れる”兄または姉“が日本だと思われる方がよくないでしょうか?

他のアジア諸国の現在の力を冷静に見ていくことが必要です。日本が主で、他のアジアが従であるという時代では、もはやないからです。