に投稿 コメントを残す

HISのセブ島ツアーも再開。

どうも、海外サムライの義貞です。

ついに旅行大手HISも海外ツアーを2年ぶりに再開させています。

https://www.nippon.com/ja/news/fnn20220419349178/

このセブサムライブログを本格的に更新し始めた2020年。

フィリピン留学を体験し、その魅力を感じたことから自分もフィリピンでの英語留学やセブ島、フィリピンの良さを伝えていきたいと思ってブログ開設したのですが、その年からコロナウイルスが広がっていき、セブ訪問の機会は失われました。

僕は、欧米諸国も嫌いではないのですが、欧米人たちは意外に欧米人以外と交わろうとしないような気がしていました。フィリピンも含めたアジア人や南米のラティーノたちの方が日本に対して良いイメージを持っていて、より日本人と交流したいと考えているような気がしています。

メキシコ人やブラジル人とはすぐに仲良くなれましたし、日本を欧米圏以外で成功した先進国としてリスペクトもしてくれます。

日本が平和的に経済大国になり、世界の中で今の地位を築いてきたこと今でもアジアや南米では憧れなのです。なので自信を持って堂々とアジアや南米と付き合っていけば良いし、アジアや南米に対して良い兄貴分になればいいのです。

そのような意味で、僕としてはアジアや南米から日本に来る人たちを受け入れたいと思っていますし、逆に日本人もアジアや南米に進出していってビジネスしていけばいいと思っています。

なので、日本の地域ではまちプロジェクトを進めていきながら、日本の個人や企業がアジアや南米に進出するためのサポートなども行っていきたいと思っています。

海外ビジネスに関わるためには英語がある程度できる必要がありますが、海外ビジネスに関わるための英語力の獲得であればフィリピン留学で十分です。

ネイティブレベルの英語を話したいのであればアメリカやイギリスに行く方が良いのかもしれないですが、海外は欧米だけではありませんし、フィリピンに行ってからも欧米に行くというのもありです。

断然にフィリピンでの英語取得をオススメします。そのための事業を行えるように、私も頑張っていきます。

Twitter: @itchanjapan

Instagram: @itchanjapan

に投稿 コメントを残す

なぜフィリピン人はバスケがうまいのか

Photo by Chbani Med on Pexels.com

Hey, guys! 海外サムライの義貞です。

今回はフィリピン人のバスケ熱について取り上げたいと思います。

2011年、初めてセブに行ったときに驚いたのは、子供やティーン、成人男性も含めてフィリピンの若い男たちはみなストリートでバスケをしていました。

手作り感満載のバスケゴールを家の屋根に設置して、ストリートのバスケコートで熱心にプレーしていて新鮮でした。フレンドリーなフィリピン人は通りかかる僕に「一緒にプレーしなよ!」と誘ってくるわけです。

なぜフィリピン人はこうまでバスケが好きなのか。そして、上手なのか。

やはりアメリカの影響は間違いないですが、身長がそれほど高くないフィリピン人がバスケが好きというのはその身体能力の高さゆえだと思います。

フィリピン国内で、もっとも人気のあるスポーツはバスケットボールです。マニラには「フィリピン・アリーナ」という施設があり、2023年の男子バスケW杯決勝戦がそこで行われる予定もあります。

世界最古のバスケットボールのプロリーグはアメリカのNBAですが、フィリピンのプロリーグであるPBAは1975年設立で、世界で2番めに古いプロリーグらしいのです。

Bリーグを席巻するフィリピン人の『超新星』コービー・パラス「このチームにいられることに本当に感謝しています」

日本のBリーグでも活躍し注目を集めるフィリピン人選手が出てきています。日本のプロリーグにはアジア選手枠があり、それでフィリピン人選手も増えているというのです。

最近は日本のBリーグもそれぞれの地域で愛着をもたれてきており、スラムダンクが流行った90年代以来に再びバスケ熱が高まるかもしれません。今年の秋にはスラムダンクのアニメ映画も公開される予定もあり、自分の中のバスケ熱も高まってきています。

今までは知られていなかったバスケを得意とするフィリピン人が日本でも知られていく可能性がありますね。

 

 

に投稿 コメントを残す

フィリピンレストランNew Nanay’s(ニューナナイズ)に行きました。

どうも、海外サムライの義貞です。

このセブサムライのブログアクセス数を見ていくと、やはりフィリピン料理に関する投稿のアクセスが上位に上がります。

フィリピン料理がかなりニッチでマイナーなこともあって、どんな料理があるのか興味がある方もいるのだろうと思います。

フィリピン料理はそのマイナーさや国のイメージも合わさって、かなり低評価に思われているところがあります。また料理そのものが不味いとされていますが、僕はそうは思ってません。

キニラウやレチョン、クリスピー・パタやパンシット・カントンなど日本人の口にも合うフィリピン料理があります。フィリピン料理はスペインや中華の影響を色濃く残しており、ある種のフュージョン料理の要素があります。フィリピンの文化が独自の変遷を遂げており、マレー系、スペイン、中国の文化が混ざり合っています。

その文化の融合具合が料理にも現れています。フィリピンという国は今でも貧しい途上国ですが、そのリッチな文化は消えることなく残っています。

さて、今回は六本木にあるフィリピンレストラン「New Nanay’s(ニューナナイズ)」に行ってきました。ここはフィリピン大使館の近辺にあることもあり、フィリピン大使館員の御用達です。ドゥテルテ大統領も訪れたことがあると聞いたことがあります。

六本木という土地柄ゆえに値段はリーズナブルとは言えませんが、フィリピン人料理の初心者には行きやすい店だと思います。

僕としては「キニラウ」が一番のお気に入り料理なのですが、フィリピン料理の中でも人気があるのはポーク・シシグとレチョンカワリです。今回はレチョンカワリを食べてきました。

レチョンカワリについては、以前ブログで書きましたのでこちらの記事をお読みください。

フィリピン料理⑪レチョンカワリ Lechon kawali

様々なインターナショナル料理が集う六本木の中で今でも生き残っているということは、それだけお客さんがいるということですよね。僕が行ったときはほぼフィリピン人のお客でしたが、OFWたちのネットワークというの強固なのかもしれません。

 

 

に投稿 コメントを残す

フィリピンについて発信する韓国の女の子たち

Hey, guys! 海外サムライ義貞です。

先日、紹介したフィリピンで育った韓国人女性ジェシカ・リーがソウルのフィリピン・マーケットを開拓して面白かったのでブログで書きたいと思います。

彼女のフィリピン紹介チャンネルをフォローしていますが、それは単にジェシカ・リーが可愛いからだけではありません(笑)

フィリピンについてもかなり勉強しており、フィリピン料理を紹介したり、歴史についても発信していたりと共感が持てるからです。

また、彼女の話す英語は韓国人が話す独特のものではなく、比較的ニュートラルでありながら、韓国人の発音にありがちなアクセントの強さがなく割とソフトな口調だからです。

韓国人は日本人以上により直接的にフィリピンを見下し、けなすところがあるのですが、さすがに彼女はフィリピンで育ってきているのでそういうところは一切ありません。そこもまた共感できるところです。

セブなどの留学に来ている韓国人にも色々なタイプがいますが、韓国人女性は比較的にフレンドリーです。日本人男性にも女性にも壁を作ることはあまりしないような気がします。

韓国は90年代のアジア危機の影響をもろに体感したことから、一気にグローバル化に舵をきりました。そのため格差が広がり、エリート層(財閥系)と庶民の差が圧倒的になっています。なので「半地下の家族」や「イカゲーム」、「SKYキャッスル」などの社会的な問題を凝縮したエッジのきいた作品が生み出されているという面もあります。

ジェシカ・リーの動画から韓国・フィリピンの両方を見てみるというのも楽しいかもです。

 

に投稿 コメントを残す

フィリピンのオッサンが作るレチョンカワリはなぜ美味しそうなのか

どうも、海外サムライの義貞です。

最近はフィリピン料理についてのブログ投稿が少なかったので、久々に料理関連の投稿です。

フィリピン料理の中で、お祭りの時に必ずレチョンを食べますが、レチョンカワリはレストランや一般家庭でも普通に食べるフィリピン料理です。

豚バラ肉の皮をカリッと揚げつつ、中身はジューシーなレチョンカワリは、通常のレチョン同様に僕の好きなフィリピン料理です。

そんな中で、YouTubeでフィリピン人の料理番組を見ているとフィリピン人のオッサンがレチョンカワリを料理していました。

なぜかオッサンの料理って美味しそうじゃないでしょうか?

たしかに女性の手料理の方がきめ細かくて繊細なもので美味しくもありますが、レチョンカワリみたいなシンプルかつジューシーなものはオッサンが調理した方が美味しそうに見えます。

中華やインド料理もそうで、シェフというのは男性的なイメージがあります。不思議ですよね。家庭料理は女性のイメージですが、レストランでは男性が食事を作ります。

ステーキや焼肉、このレチョンカワリみたいに肉を扱う料理は男性が主流なような気がします。動物を扱うからなのでしょうか。

いずれにせよ、レチョンカワリはフィリピン人のオッサンに作って貰う方が美味しそうに見えます。

に投稿 コメントを残す

フィリピン観光省タイアップ アメリカンレストラン「ハードロックカフェ」東京店

Photo by McHail Hernandez on Pexels.com

what’s up, guys! 海外サムライの義貞です。

僕はアメリカンレストランの「ハードロックカフェ」が好きなのですが、それはさまざまな音楽を聴きながら料理を楽しめるからであり、音楽&料理は最高の楽しみです。

日本のハードロックカフェは東京店(六本木)が1号店なのですが、六本木というのがいかにもといった感じですよね(笑)

ハードロックカフェのHPを見ていたら偶然見つけたのですが、2021年11月6日〜フィリピン観光省タイアップのキャンペーンが行われるそうです。

「MEET PHILIPPINES(ミート フィリピン)」をテーマに、フィリピンのローカルデザートをハードロックカフェ風にアレンジしたメニュー2品を販売するといった内容です。

フィリピンのローカルデザートにはハロハロのようなパフェが有名ですが、紫芋、フィリピン語でウベのアイスが特徴的です。ウベのケーキもありますし、ハードロックカフェで提供される2品のうち1品は「ココナッツ紫芋ケーキ」なのでそれ関連ですね。

PRタイムズ

  • 「ハードロックカフェ」 フィリピン観光省タイアップ メニューキャンペーン 開催概要

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000995.000018232.html

面白そうなので期間中に行ってみようと思います。

ハードロックカフェについては別でブログでも取り上げたいと思います。

音楽&料理で楽しい一時を過ごしましょう。

に投稿 コメントを残す

ドゥテルテ アジアの未来でかく語りき

日経新聞社WEB版より

どうも、海外侍の義貞です。

先日、第26回国際交流会議「アジアの未来」が開催されました。

アジアの未来は日本経済新聞社が主催の国際会議ですが、アジアのトップリーダーたちが集まる重要な国際会議です。コロナ禍ともあってライブ配信で行われたようですが、ドゥテルテ大統領もオンライン講演として参加されました。

日経新聞の記事によると、ドゥテルテ氏はワクチンの供給格差の是正やアジアで躍進する電子商取引(EC)などのデジタル化についても言及されて、今後のフィリピンの発展に自信を見せたようです。

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCB210C20R20C21A5000000/

実際にフィリピンだけでなく、東南アジアのデジタルエコノミーの台頭ぶりには勢いがあり、今回もテマセクホールディングス(シンガポールの政府系投資会社)とグーグルなどによるレポートでは、ASEAN主要6ヶ国(フィリピン含む)のレポートが無料で公開されています(英語のみ)。

https://economysea.withgoogle.com/

これを見ると、すでにフィリピンの人口は1億800万とされています(笑)。

人口が多ければ良いというわけでもないでしょうが、早晩フィリピンの人口規模は日本を超えることになるはずです。ということは、東南アジアには人口規模で日本超える国がインドネシアとフィリピンになるということです。

インドネシアはコロナ前には、首都をジャカルタからボルネオ島に移すと公言していました。それが実現されれば、フィリピン南部ミンダナオ島はより注目を浴びる場所になるはずです。

特にダバオ市は農業とIT-BPO産業で注目を集めており、ASEANの中でも治安の良さで知られます(ドゥテルテ氏が市長を務めてきて、今は娘が市長なので)。

ドゥテルテ大統領は強面で言葉も激しいですが、非常に合理的な思考の持ち主であり、フィリピンにとって日本がいかに重要かも理解しています。

に投稿

フィリピン料理⑬リエンポ Liempo

写真はPhilipinas recipesから

どうも、海外侍の義貞です。

さて今回は、フィリピンのサムギョプサル的な料理であるリエンポを紹介したいと思います。

サムギョプサルはご存知のように韓国料理であり。豚バラ肉の焼肉です。

前回紹介したレチョンカワリに近いですが、リエンポはレチョンとはまた違います。

レチョンカワリについてはこちら https://bit.ly/3r3Swgk

正直なところ、僕もよく違いはわかりません。ポークベリーという点では同じだと思うのですが、、、

レチョンカワリはカリカリにあげますが、こちらはBBQのような感じで焼くような感じですかね。一口サイズに切り刻まれて出てきます。肉の色や見た目的にタイのコームーヤーンに近い感じです。柔らかくてジューシーなのです。コームーヤーンよりは厚い肉ですが。

以前、ご紹介したタイのチムチュムですが、この料理はいわゆるイサーン地方(東北)の料理であるのですが、コームーヤーンもこのイサーン地方の郷土料理ですので、チムチュムを頼む時は同じようにコームーヤーンも注文します。

タイの場合は唐辛子が交じった辛いタレで食べますが、フィリピンの場合は醤油、ビネガー、みじん切りにされた玉ねぎと一緒に食べます。

日本ではフィリピン料理を食べる場所が本当に限られてしまいますが、タイ料理はたくさんあります。ちょうど「孤独のグルメ」を見ていたらタイのチムチュム店も取り上げられていました。ぜひ行ってみたいと思います。

に投稿

なぜフィリピン人はビリヤードがうまいのか

bar billiards gambling game
Photo by Pixabay on Pexels.com

どうも、海外侍の義貞です。

以前書いたブログ『なぜフィリピン人は歌がうまいのか』のアクセスが良いので、別のジャンルでフィリピン人が得意とするものをご紹介したいと思います。

なぜフィリピン人は歌がうまいのか https://bit.ly/3nKMkb6

フィリピン人は歌が上手なことは周知の事実ですが、フィリピン人はビリヤードがうまいことでも知られています。

フィリピンで少し小粋なアメリカン・バーなどに行くと、ビリヤード台を見ることがあります。フィリピン人は陽気なので、「俺と玉突く?」といえばすぐに相手になってくれます。すぐにわかることは、フィリピン人はたいていビリヤードが上手なのです。

日本でプレイするゲームといえば、卓球や卓上ホッケーとかあると思いますが、フィリピン人はビリヤードです。

フィリピンからは「ビリヤードの神」とよばれるエフレン・レイズが輩出されています。フィリピンでどのようにビリヤードが根付いたのかということも興味深いですね。

ビリヤードは、スペインにも起源の一説があるようで、やはりスペインの影響があったということかもしれません。

どうやら日本には長崎の出島から伝わったようであり、ポルトガルやスペインの貿易商たちが行っていたようです。海外との交易に興味がある自分としたは、ビリヤードもやらないといけないなと感じました。

笹川スポーツ財団 ビリヤードの起源 https://www.ssf.or.jp/ssf_eyes/dictionary/billiards.html

に投稿

フィリピン料理⑫チキンイナサルChicken inasal

Hey, guys! Hope you are doing well.

海外侍の義貞です。

以前、フィリピンのファストフード店マンイナサルをご紹介しました。

https://bit.ly/35EV1xz フィリピンファストフード②マンイナサル

今回は、それに関連するフィリピン料理であるチキンイナサルをご紹介したいと思います。

イナサルとは、様々なタイプのグリルを意味します。前回ご紹介したレチョンなども広い意味ではイナサルに含まれます。タガログ語では、イニハウと呼ぶようです。

チキンイナサルは、主にビザヤ地方発祥の料理であり、西ビザヤの都市であるバコロドやイロイロなどの都市に由来する食べ物です。

鶏肉をカラマンシー、コショウ、ココナッツビネガーなどでマリネして炭火で焼きます。そして、カラマンシー、醤油や酢をつけて食べます。調理も見た目もシンプルですが、このチキンと醤油とカラマンシーのコンビが非常に食欲をそそります。