に投稿 コメントを残す

ハードロックカフェに行きました

Hey, guys! 義貞です。

先日、アメリカン料理を提供するハードロックカフェでフィリピン観光省のタイアップメニューがあることをブログで書きました。

フィリピン観光省タイアップ アメリカンレストラン「ハードロックカフェ」東京店

https://wp.me/pbdNFZ-1jw

たまたまハードロックカフェのHPを見ていたらハードロックカフェの東京店(六本木)でフィリピンに関連するメニューを販売していました。フィリピン大使館が六本木にあるからということも関係ありそうですね。

ということで、僕はハードロックカフェに行ってきました。ただ上野店に行ったのでフィリピン関連メニューはNot available ですが、バーガーをロック音楽と共に楽しみたかったので行ってきました。

最初は横のショップ内を見て回ったのですが、店員さんからハードロックカフェ浅草店はクローズした情報を知りました。コロナの中でなかなか厳しいですね。

ハードロックカフェのロゴ入りコースターがほしかったのですが、それも在庫無しということでレストランの方へ移動。

プルドポークバーガーとバドワイザーを注文。

けっこういいお値段するのですが、バーガーはボリューミーで満足度は高いです。

壁一面にはロック・スターたちのギターや衣装などが飾ってあり、テレビ画面ではクイーンなどのバンドの演奏風景が流されていたり楽しいですね。

 

 

に投稿 コメントを残す

フィリピン観光省タイアップ アメリカンレストラン「ハードロックカフェ」東京店

Photo by McHail Hernandez on Pexels.com

what’s up, guys! 海外サムライの義貞です。

僕はアメリカンレストランの「ハードロックカフェ」が好きなのですが、それはさまざまな音楽を聴きながら料理を楽しめるからであり、音楽&料理は最高の楽しみです。

日本のハードロックカフェは東京店(六本木)が1号店なのですが、六本木というのがいかにもといった感じですよね(笑)

ハードロックカフェのHPを見ていたら偶然見つけたのですが、2021年11月6日〜フィリピン観光省タイアップのキャンペーンが行われるそうです。

「MEET PHILIPPINES(ミート フィリピン)」をテーマに、フィリピンのローカルデザートをハードロックカフェ風にアレンジしたメニュー2品を販売するといった内容です。

フィリピンのローカルデザートにはハロハロのようなパフェが有名ですが、紫芋、フィリピン語でウベのアイスが特徴的です。ウベのケーキもありますし、ハードロックカフェで提供される2品のうち1品は「ココナッツ紫芋ケーキ」なのでそれ関連ですね。

PRタイムズ

  • 「ハードロックカフェ」 フィリピン観光省タイアップ メニューキャンペーン 開催概要

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000995.000018232.html

面白そうなので期間中に行ってみようと思います。

ハードロックカフェについては別でブログでも取り上げたいと思います。

音楽&料理で楽しい一時を過ごしましょう。

に投稿 コメントを残す

ポッドキャスト配信について、米中の狭間のフィリピンとASEAN、韓国の事例、音楽と文化(ポッドキャスト)

greyscale photography of condenser microphone
Photo by Tommy Lopez on Pexels.com

どうも、海外サムライの義貞です。

AnchorはSpotifyの傘下にある、というSpotifyの音声配信サービスがAnchorなのですが、AnchorでSpotifyの音楽が使用可能になったので、Music+Talkを配信していけます。

映画・ドラマコンテンツ配信のNetfilix、音楽配信のSpotify、教育コンテンツ配信のUdemyなど、欧米のプラットフォーマーたちの勢いを感じます。

中国は中国で独自のプラットフォームを築きあげていますが、中国は13億人の巨大市場があるので国内展開だけで回せます。

国際展開がうまい欧米と国内だけで巨大な中国といった感じですが、日本の世界的なプレゼンスは下がる一方です。

ここで見ていくべきは、韓国や台湾の事例だと思っています。たしかに韓国や台湾は経済規模では日本よりはるかに小さいですが、個別の分野で見ていくとすでに日本を超えています。

とくに「産業のコメ」と呼ばれる半導体分野では、日本は韓国や台湾に遥かに及びません。しかし、日本は部品や素材の分野では今なお強いのです。そういう面でいえばASEANとも連携していけます。

フィリピンやインドネシアなどの国に対して「日本が支援してやってる」という見方はもう終わりにした方がいいでしょう。ASEANの人々をエンパワーメントできる頼れる”兄または姉“が日本だと思われる方がよくないでしょうか?

他のアジア諸国の現在の力を冷静に見ていくことが必要です。日本が主で、他のアジアが従であるという時代では、もはやないからです。

に投稿

洋楽から学ぶ英語②クリスティーナ・アギレラ

どうも、義貞です。

さて、洋楽から学ぶ英語ということで、エイバ・マックスに続きクリスティーナ・アギレラの歌詞から借りてきたいと思います。

クリスティーナ・アギレラはエクアドル出身の父親とアイルランド系の母親を持ち、軍人だった父親の仕事で世界の米軍基地に駐留し、日本にも住んだことがあるようです。

クリスティーナの歌声も、すごい伸びの良さと力強さがあり、響き渡る音量です。個人的に好きなタイプの歌手です。

Ain’t No Other Man“から、ここで使われるAin’tについて説明していきます。

よく洋楽の歌詞ではAin’tが登場しますし、アメリカ人はこの言い回しを好んで使います。Ain’tは am not、is not、are not、have not、has notを短縮したものです。

たかしに、am notというよりain’tと使った方がより音が短縮され、歌詞にしやすいということがあるかもしれません。巻いていくように言葉を繰り出していくアメリカ人的には、より言いやすい表現のような気がしています。

ただ、このスラングは通常ではあまり品の良い表現ではないようです。英語の教科書などでは出てこない表現ですが、ネイティブのアメリカ人同士は比較的によく使っています。ですので、教科書的ではないが、覚えていて損はない表現です。

Ain’t No Other Man『他の男じゃダメなのよ』といった感じでしょう。少しサビの部分を見ていきましょう。

Ain’t no other man that can stand up next to you 他の男じゃダメなの、あなたの隣には

Ain’t no other man on the planet does what you do 地球上のどの男でもダメなのよ、あなたのように振る舞えない

You’re the kinda guy a girl finds in a blue moon あなたのような男はめったに見当たらないわ

最後のセンテンスのkindaもよくネイティブが使います。「kind of」(一種の)の短縮系でkinda cool(なかなかクールだ)みたいに使います。in a blue moonも一見何だ?と思いますが、これは直訳すれば「青い月」になりますが、青い月はめったに見ることがないので、めったに~ないのような表現となります。