に投稿 コメントを残す

セブサムライ3年目 新年初の投稿

あけましておめでとうございます!海外サムライの義貞です。

2020年から始めたセブサムライも今年で3年目となりました。HPを立ち上げてブログを書き出したのは2019年の半ばくらいからですが、継続的にブログを書いていったのは2020年からでした。

くしくもコロナの時代になってしまい、セブに行ったのは2019年の夏が最後でした。それからコロナがここまで長引いていくとは想像もしていませんでした。

もはやセブを訪れることはできないのではないかとすら感じるこの頃ではありますが、こうなった以上はセブサムライとうたいながらも、セブとは全く関係のないこともブログで書いていきます(というか書いてきました)。

僕にとってセブはとても居心地の良い場所でした。セブ市はフィリピン第二の都市と言われながらも、人口が100万にも満たない都市です。圧倒的にマニラ首都圏にひとが集まるフィリピンなので、セブはちょどいい規模感の都市です。

セブの人口やセブ島の総人口でいっても千葉市や千葉県くらいの規模です。海も近いのでそういう意味でも千葉に似ているかもしれません。

僕は海のない群馬の出身なので、海のあるところに憧れをもっています。それもあってセブやハワイ、オーストラリアなどに憧れるのですが、その中でもセブがいいという気持ちがあります。

セブといってもフィリピンなので、途上国で汚いし、様々な面で不便で、融通がきかないところがあります。その反面、フィリピン人の明るさや優しさ、親切心や頭の良さなどもあります。

加えて、フィリピンという国は今後も当分の間は人口が増えます。コロナ禍でベビーブームが起こるくらいの国なので、まず減ることがありません。2030年くらいまでには、日本とフィリピンの総人口が逆転する可能性があります。

若い人口が多い国というのは、やはりエネルギーがあります。タイなどを除き、東南アジアは全体的にそうですが、東南アジアの若い世代は親の世代より豊かになれる可能性があります。

日本は困難を抱えています。団塊ジュニア世代が団塊世代より豊かになれていたのなら、団塊ジュニア・ジュニアの波があったはずですがそうはなりませんでした。価値の多様化やジェンダー平等などでよい面はありますが、経済的な面を含めて社会を再生産することができない局面に日本社会は入っているのです。

セブサムライでは、海外に出ていく取っ掛かりとしてフィリピンでの英語留学や学習を推奨する予定でしたが、コロナ禍を通してコンセプトが変わってきました。

この日本社会を保守することも考えたい。高齢化する社会であっても若い世代が多いのであればいいのですが、日本はそうではないわけです。若い人自体の人口が縮小していて、生産年齢人口が減っています。かつ東京にだけ人が集まり、地方は消滅の危機に瀕していきます。

保守であれば、このことに危機感を持つ必要があります。そこで考えるべき自分のテーマはグローバル×ローカルに変わっていきます。

地方や地域を活性化させていくためにも、その地域での活動と共に海外と地域を繋げる活動も必要だと思います。

引き続きセブの事や英語学習についても取り上げながら、セブと自分の地域の関わりについても発信していきます。

に投稿

森と自然のデンマークとフィリピン

Photo by Pixabay on Pexels.com

(このブログ記事ではプロモーションも含みます)

Hey, What’s up guys! 海外侍の義貞です。

さて以前、フィリピンとイスラエルとの関係で、イスラエルで介護士をするフィリピン人について触れましたが、ヨーロッパでもフィリピン人はそのホスピタリティ能力を存分に発揮しています。

その場所が北欧のデンマークです。北欧は、基本的に英語力が高い国としても知られていますし、デンマークなどではドイツ語も通用します。僕の知っているドイツ語を話せるフィリピン人はデンマークに移住しました。


森と自然、幸福でエコなデンマーク

北欧諸国に持つイメージはどのようなものでしょうか。福祉が充実している、税金が高いが医療や教育は無料、美男美女が多い、背が高くて金髪、幸福度が高い、創造性のある教育を行っている、というように比較的に良いイメージがあるかと思います。

日本から一番近いヨーロッパはフィンランドですが、フィンランドもムーミンなどで知られていますよね。ノルウェーなどではオーロラを見ることができます。

また、北欧のイメージで共通するのは、森や自然だと思います。森や自然との共生を大事にしているイメージがあります。そもそも、『エコ』の元になる言葉エコロジーはドイツから出てきましたが、ドイツを含め北欧圏ではエコロジーの思想がエコビレッジなどで表現されています。

エコビレッジとは、持続可能性(サステナビリティ)を目標としたまちづくりのコンセプト、またはそのコミュニティのことを指しており、自然と共同体を大切にすることに主眼があります。

デンマークのくらし (暮らし再発見マガジン のくらし)

https://nokurashi.rebita.co.jp/machi/vol42


家事や育児の手伝いによってデンマークに滞在できるビザ【オペア】

デンマークでは40年以上も前から導入されているオペアと呼ばれる制度があります。

この制度は、現地の子どものいる家庭に居住し、食事も賄われ、語学学校にも通える代わりに、家事や育児の手伝いをするというのが条件となっています。

このオペアを活用し、現地に滞在している労働しているのがフィリピン人たちだということをご存知でしょうか。家事や育児を行う場所にフィリピン人ありなのです。

それは、イスラエルでの介護士のところでも述べましたが、フィリピン人女性が勤勉で雇用主の言うことを守り、ホスピタリティが高く、陽気で歌がうまく、英語でコミュニケーションできるというアドバンテージからです。


フレキシキュリティとワークライフバランス

上記のような制度を持っているデンマークでは、労働制度も非常にユニークなものになっています。フレキシキュリティはデンマークから出てきた概念ですが、労働市場の流動化を行い産業の移転を促すが、社会保障を充実させ、セーフティネットを整えるバランスを取っています。

ベーシックインカムなどの議論もデンマークが先進的に取り組んでおり、非常に興味深くあります。また、女性の社会進出とワークライフバランスの推進などもかなり進んでおり、まさに先進国です。

女性が活躍できるという点では、フィリピンも負けていないですし、自然との共生や美しいビーチなどはフィリピンもかなり良いのです。


デンマークの文化やデザインを有するサステナブルブランド Nordgreen
Nordgreen x Koyuki x Umisakura – 
小雪さんサステナビリティアンバサダーに

世界一のサステナブルブランドを目指して社会貢献プログラムの実施や、カーボンニュートラルな活動にも日々取り組んでいるノードグリーンと、デンマークの文化やデザインにも親しみを持ち、日頃から自然と共に生きる暮らしやワークライフバランスを大切にしている小雪さん。お互いの大切にしている想いに共鳴し、コラボレーションキャンペーンが実現しました。

このセブサムライ・ブログをお読みの方には、デンマークの文化やデザインをもつNordgreenで使用できるクーポンコードを差し上げます。

こちらのクーポンをご利用くださいませ:CEBU

メーカー再製品を除く全商品15%OFF(下記URLよりアクセス)

https://nordgreen.jp/pages/koyuki

今回のコラボレーション企画として、地中海の海洋プラスチックゴミから生み出される、リサイクルポリエステルの糸で出来たナイロンストラップを発売。ストラップの裏面も産業廃棄物から生み出されたスエード素材と、サステナブルにこだわった腕時計ストラップは、全サイズ対応のユニセックス6色カラーで展開しています。

白:雪色(ゆきいろ)

黒:墨色(すみいろ)

紺:藍色(あいいろ)

ライトブルー:空色(そらいろ)

ベージュ:茅色(かやいろ)

カーキ:蓬色(よもぎいろ)

詳細はこちらから:https://nordgreen.jp/collections/_koyuki-straps-and-watches

に投稿

知られざるボホール島の魅力①カラペ

Photo by Damon Hall on Pexels.com

Hope you are doing well! 海外侍の義貞です。

僕にはセブやハワイにフィリピン人やフィリピン系アメリカ人の友人がいるため、彼女たちから現在のセブやハワイの様子をリポートしてもらったり、写真や動画をもらっていますが、ボホール島に戻ったフィリピン人から送られてきたビーチの写真や動画がとても良かったので、ブログで共有したいと思います。

カラぺは、フィリピンのボホール州にある3番目のクラスの自治体で、セブ海峡に面したボホール島の西部に位置しています。セブ海峡にいくつもの島々が点在しており、リゾートもあります。

カラぺのリゾート

青々とした空と海がうらやましいですね。ボホール島はまだセブ島ほど認知されていないので、人の少ない綺麗なビーチが多いはずです。

カラぺには、フィリピンおきまりの教会があります。田舎感があって、のんびりしていますね。

フィリピンの人口は北部ルソン島、さらにマニラ首都圏に集中しているので、セブやボホールまで来ると独特の南国感があります。フィリピンは治安が悪いイメージがありますが、ほとんどはマニラ首都圏のせいです。

セブ島、ボホール島、そしてレイテ島などの魅力も今後取り上げていければと思っています。また、定番のグアムやハワイに来年は行けることも願いながら。