に投稿

NYで蘇るアンドリュー・ヤン

Photo by Luis Dalvan on Pexels.com

Hey, guys! 海外侍の義貞です。

以前、アメリカ民主党の代表選最終候補にまで残ったアジア系アメリカ人のアンドリュー・ヤンを紹介しました。

アジア系アメリカ人の星アンドリュー・ヤンとは何者か https://bit.ly/34sSMfV

彼は台湾からの移民で、ビジネスマンとして成功した人物です。その彼がニューヨークの市長選に挑戦するという事で注目を集めています。近年、活躍するアジア系アメリカ人が多いことは嬉しいですね。”ウォーキング・デッド”や最近だと映画 “ミナリ” で話題のスティーブン・ユアンなどもそうです。

くしくも、以前ご紹介したアレクサンドリア・オカシオ=コルテスもニューヨーク選出です。

コルテスは若く、女性で、マイノリティです。ネットフィリックスの『Knock Down the House』(邦題:レボリューション -米国議会に挑んだ女性たち-)で彼女の奮闘を見ることができますが、もともと彼女はウェイトレスでもあります。

アメリカの場合、ニューヨークはかなり特殊な場所で、世界中からスーパーリッチたちが集まる場所です。であるがゆえに、リベラル・エリートみたいな富裕層が多いわけですが、そういう人たちが本当に一般人たちの気持ちを分かるかといえば疑問符がつきます。

アンドリュー・ヤンは台湾からの移民2世であり、政治エリートではないですし、アジア系からの人気は高く、白人系や黒人系からの支持も高いです。

もしヤンがニューヨーク知事になったとすると、台湾のこともクローズアップされてくるかもしれません。注目しています。

に投稿 コメントを残す

俺のジャージャー麺

香港飯店のジャージャー麺

What’s up, guys! 海外侍の義貞です。

僕の興味は海外の「食」と「音楽」です。

以前、台湾の「牛肉麺」の有名チェーン店である三商巧福についてご紹介しました。

今回は海外侍のもう一つのお気に入り麺料理である「ジャージャー麺」のお店をご紹介したいと思います。

ジャージャー麺といっても大陸中国のジャージャー麺もあれば、韓国のジャージャー麺もあり、日本のジャージャー麺もあります。ここで取り上げるのは、韓国のジャージャー麺です。正確にはチャジャンミョンと呼ばれるようです。

韓国のチャジャンミョンの味付けは甘いものになっていますが、甘すぎることもなく、麺と混ぜると絶妙な甘タレ感があります。僕はこのチャジャンミョンとタンスユク(酢豚のような料理)のコンビが好きです。

韓国の友人に聞いたところ、「香港飯店」というチェーン店が韓国では有名だということで、調べたところ東京の東新宿にあったので行きました。このお店は日本でも人気で、たまに外で待っているお客さんもいるくらいです。

韓国料理だとサムギョプサルやキムチチゲなどスープ、またはトッポギなど辛いものをイメージするかもしれないですが、このチャジャンミョンは韓国料理の中でも辛くはない一品です。

台湾の牛肉麺と同様にチャジャンミョンもお気に入りの麺料理です。ベトナムのフォーも以前紹介しましたが、フォーは朝食的な要素が強くあることもあり、ベトナムではブンチャーが好みです。

東京で美味しいブンチャーのお店があるのかどうかも探してみたいと思っています。

香港飯店0410 https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13202167/

に投稿 コメントを残す

セブの新しい開発1 ポッドキャスト

Hey, guys! 海外侍の義貞です。

今回は、セブの新しい開発についてポッドキャストを録りました。

セブ・マクタン地方の開発がドゥテルテ政権下で進んでいます。マクタン島からセブ市内への移動もよりスムーズになりますが、そこには日本のODA(政府開発援助)もかかわっています。

セブの開発1 セブサムライ

セブで進行する新しい開発について+日本のことin English
  1. セブの開発1
  2. フィリピン経済その2
  3. フィリピン系アメリカ人について
  4. フィリピンとメキシコ
  5. フィリピン経済その1
に投稿 1件のコメント

俺の牛肉麺

三商巧福の牛肉麺

Hey, guys! how’s it going?

食文化、人間にとって根幹となる「食べる」という行為においても国ごとに様々な違いがあり、料理もバリエーション豊かです。

台湾、北東アジアと東南アジアの中間に位置しつつ、優しさと強さを兼ね備えるこの島には多くの魅力的な料理があります。台湾料理にちりばめられた八角の香りだけで、なぜか優しい気持ちにさせてくれます。

台湾料理は今までメジャーではありませんでしたが、昨今の台湾人気やタピオカミルクティなどのブームがあったこともあり、少しずつ台湾の料理について知られてきているように思います。

その中で、海外侍が好きな料理が「牛肉麺」です。

煮込んだ牛肉やスープから成るシンプルな料理ですが、各国の中華系にも愛される一品です。

高雄市にはこの牛肉麺で有名な「港園牛肉麺館」があり、港街ということもあって海外侍と縁があります。

東京の赤坂にこの牛肉麺を専門とする台湾で有名なチェーン店の「三商巧福」があります。台湾人の間ではよく知られている馴染みのチェーン店ですし、港園には到らないですが、台湾の味を楽しめるお店です。

フィリピンの華僑たちは、台湾に近いということもあり台湾の影響もあります。タイなどでは、潮州人(広東)が多いのか、 潮州 の文字をよく目にしますが、フィリピン華僑たちは福建の出が多いのかもしれません。

に投稿 コメントを残す

世界を目指すジョリビー

どうも、海外侍の義貞です。

日経新聞にも「ジョリビーの世界展開」についての記事があったので再びジョリビーについてです。

アメリカに200万人いるフィリピン系。

カナダも含めて北米全体、ハワイまで含めればより多くのフィリピン人が現地に住んでいます。

ジョリビーはそんな海外のフィリピン人を含めて、”ピーノ・プライド”を表すファストフード店です。

ジョリビーについてアップロードされているYouTube動画などを見ても、欧米人たちからのリアクションも悪くはない反応になっています。

ですので、今後北米や欧州などで怒涛の攻め姿勢をみせています。

欧米でもフィリピン人に対する見方は変わってきています。北米や欧州と南米スペイン圏というのは案外関係が深いものがありますし、アジアでありながら南米的なラテン気質で英語が話せるフィリピンというのはある意味特殊な存在です。

アジア人でもあるため、東アジア人である日本人や韓国人に対しても分かりやすい英語を話しますし、パシフィック・アイランダーたちとも近隣で、海を渡っていく力も有しています。

ジョリビーは日本の大手牛丼チェーンである吉野家とも合弁会社つくり、現地で日本の牛丼を広めてもいます。https://diamond-rm.net/management/76134/

ジョリビーが欧米でグローバル競争を勝ち残れば、遠くない将来にジョリビーが日本にやってくると思います。その日が待ち遠しいです。

に投稿 コメントを残す

海外侍シリーズ③ジョン万次郎 漂流からペリーの通訳まで

sunset ship boat sea
Photo by Pixabay on Pexels.com

どうも、海外侍の義貞です。

今回の海外侍シリーズでは、ジョン万次郎を取り上げたいと思います。

前回取り上げた常長や長政は海外へ飛翔するも、最後は悲しい結末をむかえていますし、日本で活躍したというわけではありません。

しかし、今回取り上げるジョン万次郎は、漂流からアメリカ時代を経て日本へ戻り、通訳や航海術の教えなどで大活躍した人物です。

土佐出身のジョン万次郎は漁師として生計を立てていましたが、漁の最中に遭難して漂流。長い漂流生活の後に、アメリカの捕鯨船に助けられて仲間たちと一緒にハワイへ連れられます。

捕鯨船の船長であったホイットフィールドは、万次郎たちを日本へ帰国させようとしましたが、日本が頑な鎖国政策を取っていたため、外国船は沖合に近づくことができず、彼らをハワイへと連れ帰ります。

万次郎の素養をかった ホイットフィールド は、彼をアメリカ本国へと彼を養子として連れ帰ります。アメリカで英語や航海術を学んだ万次郎は、カリフォルニアからハワイを経て日本へと戻ってくるのです。

長崎奉行に捕まって江戸へと戻ってきた万次郎ですが、ペリー来航によって一躍時の人となります。

アメリカに関する知識、英語力、航海術に関する技術や知識を有した万次郎の能力を幕府は活かそうと思います。そして万次郎はペリーとの通訳などに抜擢され、日米修好通商条約の立役者となっていくのです。

万次郎のサクセス・ストーリーにはある種の爽快感があります。彼は貧しい漁師からアメリカを通過することで、一気に幕府の重要人物になったのです。当時は武家によって統治されていた時代なので、本来であれば漁師の出身などが幕府の重要なポストに就くことなんてできません。しかし、海外(アメリカ)や航海術を知っていたことによって大きな出世を遂げました。

彼には能力があったとうことです。言葉の分からない見ず知らずの人の国で行きたいという好奇心と生き残るサバイバル力があった。その行動力によって、幕府のエリートたちにできないことが彼にはできたわけです。

に投稿 コメントを残す

セブの新しい開発

What’s up, guys! 海外侍の義貞です。

今回は、ドゥテルテ政権によって進んでいる「ビルド政策」によってセブがいかに変わっていくかを取り上げたいと思います。セブ島とマクタン島をつなぐ第4の橋がJICAの支援によって進められていますが、SM Seaside近くのSRP(サウス・ロード・プロパティーズ)の開発が進みそうです。

セブはどちらかといえばアップタウンの方が栄えていたと思うのですが、今後はダウンタウンの方がホットな場所になるかもしれません。セブ市の沿岸部+マクタン島とのコネクトによって、都市とリゾートのかけ橋が生まれつつあります。

今まではセブ市内からマクタン島のビーチリゾートに行くまでに大変時間がかかったのですが、4つも橋がつながるとなれば交通の流れも緩和されて往来が活発になり、時間も短縮されるはずです。

たしかに表面だけ豪勢にしている感はありますが、今後はモノレールもセブ市街を通るようになります。セブは可能性ある都市だと思います。

に投稿 コメントを残す

海外侍シリーズ②山田長政 アユタヤ王に仕えた侍

majestic sunset sky over big buddha statue
Photo by Valeriy Ryasnyanskiy on Pexels.com

どうも、海外侍の義貞です。

前回、取り上げた支倉常長と同時代の侍として同じく海外に飛翔した人物がいます。それが山田長政です。

駿河出身の彼は関ヶ原の戦い以後、戦う場所を失い海外へと渡ります。この辺が面白いですね。武士として命がけで仕える場所を失う=仕事失うみたいなものなので、彼は自分探しの旅に向かったのかもしれません。

当時は朱印船貿易が活況を呈していたので、長崎奉行を通って、台湾から当時のシャム国(現タイ王国)へと赴きます。当時のタイはアユタヤ王朝ですので、アユタヤで貿易商などをやろうとしていたのかもしれません。そこから日本人傭兵部隊に参加した長政は、瞬く間に頭角を現し日本人町の頭領へと上り詰めます。

当時のスペインはフィリピンを支配している最中で、そこからタイの方へも進出しようとしていました。マライ王国はポルトガルの手に墜ちたので、アユタヤ王朝を支配下に入れたかったのかもしれないですが、そのスペイン艦隊を2度に渡って退けたのが山田長政でした。

その功績から当時のアユタヤ王でソンタム王に認められ、高い官位を与えられたうえ、王女とも結婚。異例の大出世を遂げ、海外の地で自己実現を果たしました。

ソンタム王が亡くなった後は、政局に巻き込まれたり、貿易権をめぐる華僑勢力との対立に巻き込まれたりして戦いの中で悲しい死を遂げてしまいますが、今でも長政は伝説の人物として語り継がれています。

興味深いところとして、当時は傭兵なる職業があったということです。今でいえば軍人ですが、外国で軍人として働けたということです。というより日本は資源がない国ですので、輸出できるといえば「人」なのです。

その後のハワイ移民にしても、ブラジル移民にしても農業に従事する労働力を求められたから日本人は海を渡りました。そしてハワイでも、ブラジルでも日系人たちは高い評価を得ています。なので日本人が海外で活躍できない、なんてことは全くありません。

に投稿 コメントを残す

フィリピン経済その2(ポッドキャスト)

gray wooden computer cubicles inside room
Photo by Pixabay on Pexels.com

どうも、海外侍の義貞です。

フィリピンのコロナ感染状況が再び拡大ということで、セブにいる僕の友人もまたオンライン英会話の仕事を再開させました。ビズメイツで働くといっていたが、実際に働き始めたら確認してみようと思っています。

今回、フィリピン経済その2ということでまたポッドキャストを録りました。

フィリピンではBPO産業がGDPの一割を占める大きいものなのですが、今後フィリピンが進化できるかどうかは、この産業をより高度化させていくことができるかにあるのではないかと思っています。

つまり、今ではコールセンターやオンライン英会話講師のような”語学”に頼ったものになっていますが、そこからITスキルやシステム開発、ウェブデザイン、データ分析などのアウトソースによって従業員たちのスキルが上がっていけば、フィリピン経済はより発展していくのではないかと。

フィリピンがものづくりで発展できるとは思えないですし、環境的にも製造業に適した環境ではないし、美しい自然が残っている’フィリピンでは環境を保存したほうがよいとも。

アイルランドなどはヨーロッパのITハブとして発展を遂げたので、フィリピンはアジアのITハブになることを目指せばいいのではないかと思います。

セブの開発1 セブサムライ

セブで進行する新しい開発について+日本のことin English
  1. セブの開発1
  2. フィリピン経済その2
  3. フィリピン系アメリカ人について
に投稿 コメントを残す

チェンマイとコーヒー

youtubeより

どうも、海外侍の義貞です。

youtubeを見ていたら、チェンマイの焙煎コーヒーを日本で販売されている方を取り上げていた番組があったのでご紹介したいと思います。

僕はタイのコーヒーも好きなため、このブログで取り上げたいと思いました。そもそも、タイで販売されているコーヒーは激甘のものが多いのですが(屋台のコーヒーショップで作っているのを見るとヤバいほどの砂糖とミルクを入れる)、チェンマイのコーヒーには可能性があると思っています。

そもそも北部チェンマイはミャンマーとの国境に近く、またラオスも近いこともあり、中華系や少数民族系のタイ人もいます。もともとこの地域は「ゴールデン・トライアングル」と呼ばれ、麻薬を栽培する地域だったのですが、それが改められてコーヒーやお茶の栽培が推奨されたことにより、「ドイトン・コーヒー」のような新しいコーヒーショップが生まれました。

タイ北部には秘境感がある場所が多くあり、昔アユタヤに行くために鉄道に乗っていたら隣に着席したヴァイオリン青年と仲良くなり、彼の故郷はPaiという北部の街で自然豊かで美しい街で、「これから帰省するから一緒に来ないかい?」と誘われました。

その時はアユタヤに行く予定で、さらにPaiまで鉄道で行くと14時間くらいかかるため断ったのですが、今思うと若かったあの時に行っておけば良かったと思っています(さすがに14時間の旅とかは20代でないと体力的にキツい)。