に投稿 コメントを残す

ポッドキャスト配信について、米中の狭間のフィリピンとASEAN、韓国の事例、音楽と文化(ポッドキャスト)

greyscale photography of condenser microphone
Photo by Tommy Lopez on Pexels.com

どうも、海外サムライの義貞です。

AnchorはSpotifyの傘下にある、というSpotifyの音声配信サービスがAnchorなのですが、AnchorでSpotifyの音楽が使用可能になったので、Music+Talkを配信していけます。

映画・ドラマコンテンツ配信のNetfilix、音楽配信のSpotify、教育コンテンツ配信のUdemyなど、欧米のプラットフォーマーたちの勢いを感じます。

中国は中国で独自のプラットフォームを築きあげていますが、中国は13億人の巨大市場があるので国内展開だけで回せます。

国際展開がうまい欧米と国内だけで巨大な中国といった感じですが、日本の世界的なプレゼンスは下がる一方です。

ここで見ていくべきは、韓国や台湾の事例だと思っています。たしかに韓国や台湾は経済規模では日本よりはるかに小さいですが、個別の分野で見ていくとすでに日本を超えています。

とくに「産業のコメ」と呼ばれる半導体分野では、日本は韓国や台湾に遥かに及びません。しかし、日本は部品や素材の分野では今なお強いのです。そういう面でいえばASEANとも連携していけます。

フィリピンやインドネシアなどの国に対して「日本が支援してやってる」という見方はもう終わりにした方がいいでしょう。ASEANの人々をエンパワーメントできる頼れる”兄または姉“が日本だと思われる方がよくないでしょうか?

他のアジア諸国の現在の力を冷静に見ていくことが必要です。日本が主で、他のアジアが従であるという時代では、もはやないからです。

世界で活躍するフィリピン企業 Cebu Samurai

モンデニッシン、ジョリビー、マルコペイなどのフィリピン企業
  1. 世界で活躍するフィリピン企業
  2. 今後のポッドキャスト配信、AnchorとSpotify
  3. 今後のフィリピンの産業形態
  4. フィリピン人が得意なスポーツ
  5. 台湾、ドゥテルテ、アジアの未来、e-economy、東南アジア、フィリピン
に投稿

アンジュとして美味しいポッサム

画像はwikipediaより

どうも、海外侍の義貞です。

さて、前回レチョンカワリをご紹介しました。

フィリピン料理⑪レチョンカワリ https://bit.ly/2LbWfJe

豚バラ肉を使用した料理であるレチョンカワリですが、豚バラ肉で思い出した韓国料理ポッサムをご紹介したいと思います。

RCEP(地域的な包括的経済連携協定)によって、日本でも韓国のチャミスルがコンビニで手軽に買えるようになった今の時代、ぜひお酒のつまみとして今回ご紹介するポッサムを食してみてください。

韓国語ではお酒のつまみのことを「アンジュ」と言います。韓国人に「この前お酒を飲んで」という話をすると、「アンジュは何?」と聞かれますので、韓国語を勉強されている方は、このアンジュという言葉を覚えるといいかもしれません。

韓国語でビールは「メクチュ」、彼らのおススメはソジュメクチュのミックスです。合わせて「ソメク」と言いますが、これは韓国の若者グループたちが飲みに行く時は必須になるので気をつけましょう(笑)。簡単に酔いがまわります。

さて、おススメのポッサムですが、豚バラを使った韓国料理で、スパイスと一緒にお肉を茹で上げます。これをサムギョプサルのように、葉っぱで包んで食べるのですが、ポッサムを食べる時はポッサム用のキムチがあります。ポッサムキムチです。少し大きめのキムチで、これがまた絶妙なコンビなのです。

僕はこのポッサムからのタンスユク(酢豚みたいなもの)とジャージャー麺のコンビネーションが最高(チェゴヤ)と思っています。

韓国を訪問できるようになったら、ぜひ本場のポッサムを味わってみましょう。また、韓国のソジュは地域によってブランドが異なります。日本酒みたいなもので、ソウルとプサンのソジュは異なります。その違いも楽しみたいですね。

韓国語講座は随時アップ https://bit.ly/3pHWue6 

に投稿

Hallyu とは何か

Photo by Sharon McCutcheon on Pexels.com

どうも、海外侍の義貞です。

今日は、世界に広まるHallyuについて考えたいと思います。

2020年はコロナの年として今後記憶されますが、文化面でいえば韓国のコンテンツ産業が世界的になった年とされるでしょう。

これに対して日本では否定的な見解もあるでしょうが、重要なことは「日本がどう見るか」とは別に、「世界がどう見るか」という視点があることです。

2000年代までは、日本こそが文化面で先進的でしたし、J-popが世界にチャレンジするという気持ちもあったと思います。宇多田ヒカルがアメリカの音楽シーンに英語でアルバムを出すということもありました。

しかし、2000年代以降の日本の音楽シーンは盛り上がりに欠けるものになった印象があります。僕は2000年代後半以降はひたすら英米の洋楽チャートを聴いていました。

そして、2010年代から台頭してくるのがKpopです。Kpopの凄いところはローカルと洋楽のハイブリッドで、クオリティが高く、メッセージ性も強いところです。

まず日本では邦楽ファンと洋楽ファンはわかれて、僕のような洋楽ファンは少ないですが、Kpopの場合、その両者を掴むことができます。

また韓国はインターネットの普及率が高く、最速レベルの回線を有していることもあり、このネット時代にもうまく適用したといえます。若い人たちは、テレビよりもスマホでyoutubeを見るわけですし、『V LIVE』のようにインタラクティブで双方向的なコミュニケーションで繋がります。

2010年代後半にTWICEやBlack Pinkの人気が高まり、今となってはNiziuです。つまり、Kpopのプラットフォームに乗せるが、アイドルは全員日本人にして日本的なローカルさにもアジャストさせるという戦略です。

こうまで差をつけられたのは、韓国がコンテンツ産業をグローバルに輸出させるために国を挙げて取り組んだことと、国内市場から段階を踏んで世界に出るという形ではなく、はなから世界市場を目指して研鑽を積んできたというところです。

Kpopのアーティストや韓国の俳優たちを見ていると、非常に落ち着いた雰囲気があり、知的で大人なスマートさを感じます。自立している感じですし、なんというか努力してきたことが滲み出ています。

Netfilixで一回韓国のコンテンツを観ると、怒涛のごとく次から次へと新しい作品が出現してきます。近日公開の映画「新感染」もすでに話題になっており、なんか観ないといけないかなという気持ちになってきますね。

に投稿

K-popグループMAMAMOO(ママム)の魅力

Photo by Pixabay on Pexels.com

What’s up, guys! 海外侍の義貞です。

前回投稿した「愛の不時着」「サイコだけど大丈夫」などの韓国ドラマに関する考察のアクセス数が良かったので、引き続き韓国関連で書きたいと思います。

僕は海外侍ということもあり、韓国の友人も多いです。スペイン人の友達とも韓国料理を食べに行ったりしますし、音楽についても話します。スペイン人とは同世代なので、アメリカのBackstreet boysやGreen dayとかが好きなのですが、やはり最近はK-popです。

広告

Black pinkになるとかなり若い世代になりますが、僕としてはMAMAMOO(ママム)をおススメします。Black pinkよりも大人っぽくセクシーだけど可愛くて、かっこいいグループです。高い歌唱力がありながら、派手なダンスパフォーマンスで魅力的です。

HIPという曲のダンスパフォーマンスが素晴らしいです。

このMAMAMOO(ママム)は、特に女性のファンが多いです。カッコいい女性グループとして人気があるのでしょう。TWICEやIZ*ONEのように日本で知名度が高いグループではないのですが、韓国では非常に人気があります。

韓国では近年、女性の権利意識が高まっていて、次回紹介しますが、映画「1982年生まれ、キム・ジヨン」など女性の主体性に関する認識が強くなっています。

そういう面が文化的な側面を作り、音楽やドラマ、映画などに反映されてきています。

に投稿

米ビルボードチャートNo.1を獲得し、英語でも歌えるBTS

Photo by Skitterphoto on Pexels.com

What’s up, guys?

先日ネットニュースで、韓国のボーイズグループであるBTS が最新曲『Dynamite』で米ビルボードチャートNo.1を獲得したことを知りました。

アジア人としては、坂本九さんの「SUKIYAKI」(上を向いて歩こうの英語表記で、スキヤキとは、、)以来の快挙ということで、韓国ではかなり盛り上がっているようです。

韓国の文化的な台頭は勢いがあり、ドラマやコスメ、音楽と人気を博しているのと、最初から世界を狙っているというところにあります。

韓国にも様々な問題がありますが、日本との違いは、目線が国内ではなく世界というところです。世界に発信し、世界から人を韓国に注目させるという、そのオープンな姿勢。

2000年代からのその試みは、2020年になって完全に花を咲かせました。2000年代の音楽シーンやドラマは日本の方が確実に質が高かったと思いますが、今やどちらも韓国のコンテンツに及びません。

実質的に国民の経済的豊かさを示す指標である一人あたりGDPでも韓国は日本を抜き去りました。2000年代に韓国が日本よりも豊かになるとは、誰も思わなかったでしょう。

韓国の英語学習熱が高いのは、財閥企業(大企業)が高い英語力を求めているからであり、そういった企業も海外での市場開拓に積極的だからです。

加えて、海外進出する際にかなり深く現地の文化や言語などを学習しようとします。海外で会ってきた韓国人たちは、その国に骨を埋める覚悟で来ている人が多く、3年したら国に帰るといった気持ちではなかったようです。

今回の曲「Daynamite」は、全て英語で歌っています。だからこそアメリカでNo.1を獲得できたわけですし、アメリカでもK-popはかなり人気を博しています。イギリス人の友人に聞いたら、イギリスでもドームで演奏するそうです。

今後もK-popの勢いは続きそうです。

に投稿

『愛の不時着』と朝鮮戦争、韓国と英語

どうも、海外侍の義貞です。

本日は最近話題になっている韓国ドラマ『愛の不時着』をトピックとして、朝鮮戦争の歴史、現代韓国の英語熱などについて紹介していきたいと思います。

韓国ドラマ『愛の不時着』の人気によって、第3次韓流ブームと言われている昨今、『冬のソナタ』が流行った第1次の時はまだ自分は高校生でした。なので最近のBlack PinkやBTS、TwiceやMamamooなどのK-popアーティストたちの隆盛を観ると、時代の変化をより感じられます。先述のエイバ・マックスもBlack Pinkとコラボしたいといっています。

『愛の不時着』は、財閥の令嬢がパラグライダーをやってる時に竜巻に巻き込まれて北朝鮮に不時着し、北朝鮮の兵士に介抱されて韓国へ脱出を試みる中でお互いに愛が芽生えるというストーリーです。

これは現実的にはありえないシナリオですが、現実的にありえない事を妄想するのがロマンスであって、そこに大きい障害があるからこそ、見ている方は感情移入するものです。

そもそも、なぜ半島が分断され別の国になっているのかを知っていこうとすると、いきつくのは『朝鮮戦争』です。朝鮮戦争は、その後のベトナム戦争へも繋がる悲劇的な戦争です。

第二次世界大戦以後、世界の統治を巡ってアメリカとソ連は対立し、冷戦に突入します。日本の植民地支配から解放された朝鮮の所有は、西側のアメリカ、東側のソ連のどちらに属するのかと二つのパワーが争うことになります。そこに、もともと朝鮮を属国としていた中国が介入し、中ソVSアメリカの戦いが始まります。

朝鮮半島は太平洋へ向けて突き出された大陸への架け橋のような場所であり、アメリカとしては、ここに自国軍を配備することで中国とソ連ににらみをきかせたいと常に思っています。

あと一歩のところで中ソ側に占有されるところを、アメリカ&国連軍が挽回し、38度線で膠着してから現在に至ります。

韓国へ旅行した方は分かると思いますが、韓国の都市で電車に乗ると軍隊服を来た兵士たちをよく見かけます。韓国は今でも戦時下なのです。

さらに韓国の経済体制は一部の財閥によって完全に固定化されています。そのため、日本の学生が大企業に入りたいと思うのとは比べものにならないほど、一部の大企業に入るための熾烈な競争が起こっています。

財閥企業は同時にグローバル企業のため、日本では考えられないくらいの高い英語力を要求されており、それゆえ韓国では英語を学習することが必須とされています。

そのため、韓国では早いうちから英語留学が始まり、まずは英語圏であるフィリピンで缶詰になってマンツーマンで学習するというスタイルが一般的になりました。

マニラやセブの学校で英語力を上げてからアメリカやカナダなどのネイティブ圏に行くというルートを取っており、ベイシックレベルならフィリピンで良いという考えです。

そのような考えからみると、韓国の方が日本よりも海外に対してはオープンであると思います。逆にいえば、海外からの巨大な力と国内の巨大な力のサイクルの中で、韓国は外に対してオープンでないとやっていけないというのがあるかもしれません。

Black Pinkのリサはタイ人ですし、Twiceには日本人も台湾人もいます。そのオープンさと多様性を保つ事がk-popを世界レベルまでステージを上げたといっていいでしょう。

LINEで割引クーポン配布中!韓国レディース服店CUTE CHERRY(キュートチェリー)