に投稿

シリーズ③カトリックの源流-フィリピンとキリスト教

art cathedral christ christian
Photo by Pixabay on Pexels.com

どうも、海外侍の義貞です。

フィリピンの文化は、統治者であったスペインの宗教、食文化、建築様式を取り入れて発展してきました。現在のスペイン人は、フィリピンに対してほとんど何の関心もないですが、その文化・様式は東方にある群島国家の中で根付いています。

スペインをはじめとする大航海時代の冒険家たちが、自国離れた遠い島国の形を変えてしまったという点で衝撃的です。その島にキリスト教を普及させたという点も興味深いです。

以前からブログで取り上げていますが、安土桃山から戦国にかけては南蛮貿易が行われ、多くの南蛮人たちが長崎港に寄港して日本で交易を行うとともに、日本全土で布教を行いました。

昨年はコロナもあり、行きたかった長崎に行けなかったのですが、可能なら今年は長崎に行って港や教会を見て回りたいです。サン・ファン・バウティスタ号と支倉常長が船出した仙台も見て回りたいですね。

カトリックとは、普遍を意味します。多くの哲学は神学から敷衍して出てきていることもあり、キリスト教に興味を持っています。

10代後半から20代前半の若かった頃、自分の人生の意味や価値、あらゆるものの存在の意義に対してよく分からなく混乱して、自分を見失っていました。人ごみの流れの中で、自分が孤独で不安な存在なんだと感じていましたが、そういう時でも教会というのは誰に対しても扉を開いていてくれます。

ロンドンの凍りつくような寒さの中で、教会に入った時に暖かく安らいで、可愛いらしいおばあさんがお花を供えながら、こちらを向いてHelloと言ってくれました。それだけでイギリスを好きになったものです。

このシリーズでは、なぜフィリピンでキリスト教が普及したのかを考えていきます。そもそもフィリピン人はマレー系で、マゼラン来航以前はアラブの商人の活躍などから、このリージョン(地域)ではイスラム教が主流でした。ながらくスペインに統治されて、アイデンティティまで変えられたのは、キリスト教の普及も関係していると思います。

そのようなコロニアル(植民地的)な関係とフィリピンでのキリスト教についてアップデートしていきます。

に投稿

マニラと長崎とローマ・カトリック

静かな教会

こんにちは。義貞です。

皆さんは、作家の遠藤周作原作、マーティン・スコセッシ監督の映画「沈黙」を見たことがありますでしょうか。長崎の隠れキリシタンを題材にした作品ですが、以前からブログで取り上げているように、大航海時代の当時はスペインやポルトガルなどの西欧諸国が新大陸を目指して船出し、香辛料の獲得とキリスト教の布教を行いました。

日本では、織田信長は比較的キリスト教に寛容であり、南蛮貿易などで西欧の物を取りいれていきました。その当時の強国であったスペインは西回り、ポルトガルは東回りで世界周航を行いました。ポルトガルはインドのゴア、マレーシアのマラッカ、中国のマカオを経て、日本の九州に辿り着きます。特に長崎は港町であり、海外との接触点が多い場所でした。布教者たちはまず長崎や熊本などでキリスト教の布教に努めていきました。

先日、ローマ法王が長崎の地を訪れたように、ローマ・カトリックと長崎は縁が深い場所なのです。もともと日本にローマ・カトリックを広めたのはイエズス会のフランシスコ・ザビエルです。九州にキリスト教信者が多いのはそのためでもあります。

フィリピンの場合は、マニラを中心にスペインによって布教をされたわけですが、スペインにしてもポルトガルにしても、カトリック教国ですし、ローマ・カトリックに繋がります。この歴史は非常に興味深いです。

私は、この2020年を通して、このテーマを追っていこうと思っています。まずは長崎の地へと向かいたいと思います。「英語留学」から離れますが、フィリピンの面白さは「英語」だけに留まりません。その歴史を通して、グローバル化を考える良いきっかけにもなります。