に投稿

フィリピンのローカル・カフェチェーン、フィガロとフィリピン産のコーヒー

delicious breakfast with various food and coffee
Photo by Maria Orlova on Pexels.com

Hi guys! welcome back to my blog. 海外侍の義貞です。

前回、なぜジョリビーは海外コーヒー・チェーンを買収しているのかを記事にしました。

なぜジョリビーは海外コーヒー・チェーンを買収するのか https://bit.ly/3jtHNJI

そこで今回はフィリピンのローカルコーヒー・チェーンのフィガロをご紹介したいと思います。

フィリピンのコーヒー産地としての歴史は実は古く、1740年にはスペインのコーヒー移入により生産が開始されていたようです。

もともとは世界でも有数のコーヒー生産国でしたが、19世紀の終わりにコーヒー錆病が蔓延し、害虫被害により生産量が激減してしまい、今でもコーヒーの生産国でありながら多くを輸入に頼っています。

ミンダナオ島などはカカオやココナッツ、バナナやコーヒーの生産に寄与しています。このミンダナオ島にはアポ山という山がありますが、標高が高く、コーヒー生産に適しています。

新農業を始めるミンダナオ島 https://bit.ly/3q1htZU

さて、フィリピンのローカルコーヒー・チェーンであるフィガロですが、フィリピン発祥のコーヒー店としてフィリピン国内で人気です。マレーシアや中東などにも進出しているようです。

豆の栽培から焙煎まですべて自社で手がけており、フィリピンで生産されたコーヒー豆を販売しています。バタンガス産のバラココーヒー・ブレンドが有名です。内装やインテリアがクラシックで落ち着いており、Bo’s coffee よりも個人的に僕は好きです。

Bo’s coffee はセブ発祥のコーヒーチェーンのため、また別の機会に取り上げたいと思います。

に投稿

ジョリビーはなぜ海外コーヒーチェーンを傘下に収めるのか

black pitcher on table
Photo by Viktoria Alipatova on Pexels.com

どうも、海外侍の義貞です。

前回、The coffee bean を買収していたジョリビーコーポレーションということでブログ記事をあげた後に色々サーチしていたら、ジョリビーコーポレーションはベトナムのハイランズ・コーヒーも自身の傘下におさめていました。

The coffee beanを買収していたジョリビー https://bit.ly/3oIkQmV

ハイランズ・コーヒーはご存知の方もいるかもしれませんが、ベトナムでは有名なコーヒーチェーンです。ベトナムはロブスタ種のコーヒー生産で有名であり、高いコーヒー生産国であると共に、ベトナム・コーヒーで有名です。

以前、ベトナムのエッグ・コーヒーをご紹介しましたが、少し変わった飲み方をします。また、ベトナムの避暑地として有名なダラット。ここは標高1500mに位置し、コーヒー農園でも知られている場所です。

ハノイで食べた美味しいフォーとエッグ・コーヒー https://bit.ly/3csJt4C

そんなベトナムの有名コーヒーチェーンであるハイランズ・コーヒーを密かに(密かではないでしょうが)ジョリビーが出資していました。

実際、ジョリビーはベトナムでも多くの店舗を運営しています。香港とハノイは近いですし、マニラから香港やハノイも距離的に近いのです。またハイフォン市などはネクスト香港を狙う野心的な都市でもあります。

ハイフォンは次なる香港になるか  https://bit.ly/39FC8wD

The coffee beanとハイランズ・コーヒーの買収を行ったということは、コーヒー産業に目をつけているというこですよね。次回のブログでご紹介したいと思いますが、フィリピンにはフィガロというローカルコーヒーチェーンがあります。そこでフィリピンのコーヒーについて色々調べてみたら、フィリピンは意外にもコーヒー生産で高い生産量があるようなのです。

ということは、ジョリビーは自国の新しいコーヒーブランドを考えているのかもしれません。そうでないとThe coffee beanとハイランド・コーヒーを傘下に収める意味がないですよね。

アジアでは中間層の増大ということもあり、カフェ文化が広がりつつあります。ジョリビーがどのように動いていくのかに注目したいと思います。