に投稿

フィリピンの最古の大手財閥アヤラ・コーポレーション

city traffic water skyline
Photo by Meo Fernando on Pexels.com

What’s up, guys!

今回は、フィリピン最古にして最大の財閥であるアヤラ・コーポレーションをご紹介したいと思います。

このアヤラ・コーポレーションなしにマニラのセンタービジネス街であるマカティも、そして近年マカティを超える勢いで人気となっていたBGC(ボニフォシオ・グローバル・シティ)もありません。

僕はマニラが好きではないのであまり行きませんが、BGCなどはそこだけ取ればシンガポールみたいな感じです。そのBGCを司っているのが不動産大手のアヤラ・ランドです。

Nikkei Asian Reviewは2014年にASEAN地域に拠点を置く上場企業から122社を「ASEAN100」として選びました。その中でフィリピンの上場企業は20社選ばれていますが、アヤラ・コーポレーションもアヤラ・ランドも両方とも選ばれています。

マニラ中心部のマカティにも、セブ中心部にもアヤラショッピングモールがあります。両都市の一等地を占有しているのがこのアヤラグループなのです。

wikipediaより ここだけシンガポールのよう

アヤラ・コーポレーションはスペイン植民地時代から存在する最古の財閥企業であり、あらゆる分野の複合企業です。そしてフィリピンで1番資産を持っている伝統的企業でもあります。

セブの中心街にあるアヤラショッピングモールもその作りから高級感があります。セブに行った時は必ず訪れる場所となっています。

に投稿

ITパークの新しいアヤラモール

久々にITパークに行ってみたら

フィリピンのモールと言えば、アヤラモールかSMモール。

僕がセブに留学していたころは、大きいモールは1つずつしかありませんでした。しかし、先日ITパークに行ったみたら新しいアヤラモールがITパーク内にできていた。

SMもSM Seasideができていた(まだ行ったことない、、)。

フィリピンは経済的にここのところ好調みたいで、たしかにマニラのマカティとかに行くとダイナミックな変化を感じ取ることができます。その流れはセブやダバオなどにも波及しているのでしょう。

自分たちで「Next Asian Miracle」とか言っているくらいなので。

アヤラやSMについても今後紹介していきます!