に投稿

シリーズ①世界の港から

Photo by Julia Volk on Pexels.com

How’s it going? 海外侍の義貞です。

僕は、港に興味があります。以前もお話したように、港は世界に開かれた場所であると共に、国防の重要な要ということもあり、開放的でありながら保守的な場所です。

僕は海が好きです。海に入りたいというわけではなく、海の彼方に別の世界が広がっていると感じられるからです。海というのは不思議な場所です。地球上の表面の7割は海です。日本という国は、排他的経済水域まで含めると巨大になります。そう考えると意外に日本人も海洋民族なのかもしれません。

僕が好きなアジアの港は、ベトナムのハイフォン港です。以前もハイフォンについて書きましたが、ハイフォン港の近くにはハロン湾があります。ハロン湾は竜が降り立つ場所とされており、ドラゴンボール的な世界が広がります。

Photo by foc foodoncam on Pexels.com

日本では、横浜、神戸、長崎などですが、興味深いことにこれらの都市には外国との関わりがあります。加えて、どの都市にも中華街があります。フィリピンの英雄ホセ・リサールなどは横浜に寄った歴史もあります。

アジアでは、フィリピンのセブ、韓国の釜山、台湾の高雄、香港、シンガポールなどが港を有しており、このような場所は地の利を活かしています。

香港、シンガポールなどは港湾、物流から金融・情報のような流れやスピードの速い産業に移っていますが、釜山などもそうです。釜山は今、最先端のブロックチェーン技術の特区に指定されています。港湾や物流など物を扱う産業から、金融・情報などに中心が移ってきており、逆に物流なども最新のテクノロジーを使用するという流れがあります。今後、釜山はシンガポールと並ぶ最先端の金融都市になるかもしれません。

セブは、インバウンドのコールセンターなど情報産業が盛んですが、どうしても受け手の立場になり、フィリピン人が何かを生み出すという立場になっていません。例えば、フィリピンからTokopediaのようなオンライン・プラットフォームは生み出されていません。セブは観光・留学、漁業など盛んですし、情報産業があるにも関わらず、フィリピン人自らが商流を生み出すという点は苦手なような感じがします。

港の話から少し逸れてしまいましたが、アジアの港はやはり魅力的であり、日本から近いこともありますし、多くを学ぶことができます。

海、港、歴史、それから港湾から発展する情報・金融についても発信していきたいと思います。

に投稿

英字新聞紹介④SunStar CEBU

Photo by Daria Shevtsova on Pexels.com

What’s up, guys? 海外侍の義貞です。

今回は、セブの英字新聞SunStar CEBUを紹介したいと思います。

僕はカフェと英字紙が好きで、海外でカフェに行った時はローカルの英字新聞を探します。日本だとThe Japan TimesやThe Japan Newsなどです(日本でわざわざ英字紙をお金払ってまで購入しませんが)。

東南アジアなどには、大抵その当地のローカル英字紙があります。以前、紹介しましたが、SouthChina Morning Post やBangkok Postなどです。

また、僕の好きなカフェは以前紹介した通り、The Coffee Beansです。日本では、東京には1店舗しかありません。またブログでも後で紹介しますが、TOM N TOMS COFFEEHOLLYS COFFEEなど韓国のカフェチェーンも好きですが、日本にはありません。

ということもあり、日本ではもっぱらスターバックスですが、なぜか日本のスタバで英字新聞を読みたいという気持ちになれず、やはり海外のカフェに行った時に英字新聞を読みたくなります。単にカッコつけたいだけなのかもしれません。

さてセブでは、フィリピン人が英語を理解できることもあり、新聞も英語です。ローカルの新聞も当たり前のように英語で書かれています。セブのローカル紙はSunStar CEBUです。SunStar CEBUは紙の重量がけっこうあります。分量が多いし、紙面も日本の新聞より大きかった気がします。その分、写真も大きかったかもしれません。

下記は最近のニュースで、ユニクロが台風被害にあった家族にAIRismマスクを寄付したという記事です。

↓★Uniqlo provides aid to families affected by Typhoons Rolly, Ulysses

https://www.sunstar.com.ph/article/1878248/Cebu/Feature/Uniqlo-provides-aid-to-families-affected-by-Typhoons-Rolly-Ulysses

英字紙を読むことは、かなり英語の勉強になります。まず知らない単語が次から次へと出現します。いかに自分が普段同じ語彙で会話しているのかを思い知らされます。英語でボキャブラリーや様々な表現を覚えるためには、英字新聞を読むというのが良いです。

早くセブのCoffee BeansでSunStar CEBUを読みたいですね。

に投稿

セブビーチ③オスロブ

穏やかに泳ぐジンベイザメ

こんにちは。義貞です。

今日はセブのビーチについて紹介します。前回紹介したモアルボアルもセブ観光の定番地ですが、セブに来た時に行ってほしい場所がセブ東南部のオスロブです。

オスロブまでは、セブからバスで3時間ほどで行けますので日帰りで帰ってくることも可能です。綺麗なビーチがあるのは当たり前のこととして、オスロブが良いのはジンベイザメと泳ぐことができるということです。

ジンベイザメは世界最大の魚です。サメと名前がついてますが、穏やかな生物です。ジンベエザメが主食とするのは小さなプランクトンたちです。大きな口を開けて、通り道にいるプランクトンとその周りにいる小魚たちを丸のみするように食べていきます。

フィリピンの良いところは、このように自然や海、魚に溢れている点です。人々はいわゆる「文明」から離れた静かな暮らしをおくっています。そのことで不便さはあるでしょうし、経済発展から取り残された貧困もあるでしょうが、オスロブなどでゆったりした時間を過ごし、夜空澄み渡った星空を見ると、自然溢れるフィリピンはいいなと感じます。

ぜひオスロブでフィリピンの自然を体感して下さい。

に投稿

フィリピン料理⑤キニラウ Kinilaw

生の魚を使用する料理

どうも、海外侍の義貞です。

今日は、日本人にも人気があるフィリピン家庭料理キニラウを紹介します。

キニラウ(Kinilaw)は「生で食べる」という名の通り、生の魚で作られています。生の魚を食べる日本人にとっては、有難い食べ物です。フィリピン料理は肉や油を使用したものが多いため、たまにさっぱりした魚が食べたくなります。

島国で魚介類が豊富なフィリピンでは、魚やシーフードの料理もさまざまです。自分としては、シニガンという酸っぱいスープが好きですが、そのスープにも魚介類が使われています。

広告

生のマグロを切り身として、キュウリに、玉ねぎ、酢や塩を混ぜて作ります。気候的に生の魚が腐りやすいこともあるため、酢などを混ぜて保存しやすくするためもあるかもしれません。

唐辛子も入っていて、スパイスがきいており、酸っぱさがあるのでお酒のつまみとして食べると美味しいです。

フィリピンに行った際は、ぜひご賞味ください。

に投稿

セブビーチ②モアルボアル

運がよければウミガメにも会えるかも

どうも、義貞です。

今日はセブのビーチの紹介ですが、マラパスクアも良いところですが、今後はセブ南端の方にあるモアルボアルを紹介しましょう。

モアルボアルは、セブ市からバスにとって3時間ほどで着くビーチリゾートです。マラパスクアに行こうとすれば、トータル6時間くらいかかりますが、モアルボアルはその半分の時間で行くことができます。のどかな雰囲気がひろがるモアルボアルは、まだまだ日本人に知られていないビーチです。

エメラルドグリーンの海で、シュノーケリングすれば、たくさんの色とりどりのお魚さんたちと一緒に海中散策を楽しめます。また運が良ければウミガメにも会うことができるでしょう。

ストローが鼻に刺さったままの可哀想なウミガメの動画が話題になりましたが、海中で魚やウミガメたちと戯れれば、より環境破壊の問題に関しても自分事に感じるようになるかもしれません。

セブ島には、ダイビングに来られている欧米人観光客も多いです。マクタン島でもそうですが、ダイビングのライセンス資格もたしか取得できるコースなどあったと思うので、ダイビングに興味ある方にはおススメです。

また、モアルボアルから比較的距離が近いところにカワサン滝もありますので、そちらも紹介していきます。

に投稿

セブ観光地⑤コロンストリート

活気のある大通りコロンストリート

こんにちは。海外侍の義貞です。

今日は、セブの観光地第5弾として、コロンストリートをご紹介します。

このコロンストリートもセブ観光では有名な場所なので、そんなに新鮮味がありませんが、お土産などのショッピングには良いところなので、見に行くだけでも楽しいと思います。

コロンストリートは、セブのダウンタウンにあります。アップタウンから下っていくので、メインのショッピングモールであるアヤラ・センターなどからはだいぶ距離があります。セブの心臓部に位置するフェンテ・オスメニア(オスメニア・サークル)を通って下って行くとコロンストリートに辿り着きます。

もともと、このコロンストリートはフィリピンを統治した初代総督レガスピが都市計画で整備したことが始まりのようです。コロンという名前は、クリストファーコロンブスのスペイン語名が由来になっているようです。

コロンブスはアメリカ大陸に初めて上陸した白人ということで有名なのはご存知の通りです。スペインの地で亡くなっているようなので、スペインとも関わりが深そうです。

このコロンストリートには数多くのお店が軒を連ねています。ファッション、シューズ、バック、ファストフード、モール、映画館などあらゆるお店があり、通りを見て歩くだけでも楽しいですね。

ただ、このコロンストリートはローカル色が強いので、外国人が行くと目立ちます。なのでスリなどには気を付けた方が良いでしょう。

に投稿

フィリピン歴史②スペインの支配に立ち向かう首長ラプラプ

どうも、義貞です。

今日はフィリピンの歴史について、また書いていきます。前回はガレオン貿易について説明しました。16世紀の当時、世界の覇権はスペインにありました。無敵艦隊とされたスペインは、大航海時代の恩恵を受けて、大西洋を越えてメキシコ、太平洋を越えてフィリピンをその支配下に置き、アカプルコとマニラを結ぶガレオン貿易を行い、ヌエバ・エスパーニャ(新スペイン)を達成しました。

洋の東西支配をしたスペインはフィリピンをスペイン領東インドとして活用していきます。スペインの支配は長く続きますが、しかし支配が長ければ長いほど、必ずその支配を覆す革命家が登場するのが歴史の面白いところです。それがフィリピンの英雄であるホセ・リサールなのですが、その前に今回はマクタン島の首長ラプラプの話をしたいと思います。

ガレオン貿易が本格的に始まる前のフィリピンの首都はセブでした。それは、マゼランが到達した場所がセブであり、そこからフィリピンの近代史が始まっていくのですが、マゼランはキリスト教の布教に熱心であり、セブ王たちは比較的寛容にキリスト教を受け入れていったようです。サントニーニョ教会にはサントニーニョ(幼きイエスの像)がありますが、マゼランがセブの女王に贈ったものとして有名であるように、飛ぶ鳥を落とす勢いでキリスト教に改宗させています。

そんな中でも、キリスト教への改宗と服従を拒否した人物がおり、それがマクタン島の首長ラプラプです。部族の首長であり、イスラム教徒であるラプラプは、マゼランの要求を拒否ったことで怒りを買い、マゼランはマクタン島に攻め込みました。そして「マクタン島の戦い」が始まります。

マクタン島の地理や潮の満ち引きを知り尽くしていたラプラプは、周到な戦略を練り、マゼラン軍を迎え撃ちます。海岸付近に船を停めることが難しくなったマゼラン軍は船を下りて戦うことになりましたが、そこでラプラプたちは返り討ちにしました。そしてマゼラン軍を退却させるまでに至るのです。

その抵抗と勝利によって、ラプラプは英雄とされています。マクタン島の最大都市はラプラプ市と命名されていまし、ラプラプという名前の魚もいますし、なにより現大統領ドゥテルテがラプラプの日というのを4月に設けて称えています。

スペインの侵略に立ち向かい、打ち勝ったという歴史はピーノ・プライドを刺激するものなのかもしません。

に投稿

セブ観光地③マゼランクロス

フィリピンの近代史のはじまり

どうも、義貞です。

今日はセブの観光地マゼランクロスについて紹介します。”マゼランの十字架”、通称マゼランクロスは、ポルトガル人の探検家マゼランが16世紀にセブに到着した時に打ち込んだ十字架とされています。

前回ご紹介したサントニーニョ教会とセットで訪問されることが多い観光名所です。というのも、教会の隣のチャペルの中にあるからです。加えて、前回記事のカルボンマーケットもこの周辺にあります。

交易の歴史やグローバリゼーションに興味がある私、義貞としては、このサントニーニョ教会とマゼランクロスのセットがとても好きでした。マゼランがセブにいた当初からセブの王たちはけっこうキリスト教に興味・関心を持っていたらしいのです。

そのことに頑強に反対していたのが、マクタン島の王であり、最強の戦士ラプラプなのですが、その話はまた別の機会に記事にします。

に投稿

カラマンシージュース

夏バテ対策にばっちり

こんにちは、義貞です。

日本はタピオカブームですが、タピオカ・ミルクティは台湾発祥で、東南アジアでも大人気です(タイやベトナムで)。タイ人やベトナム人は、甘党なのか、甘いものが大好きですね。

心地よい海風にあたりながら、爽快感を感じるなら、どちかというと酸っぱい飲み物もよいでしょう。

セブに行くと、「Thirsty Juices & Shakes」というスタンドのお店がそこかしこに出ています。お好みの果物(マンゴーやパイナップルなど)とアイス、ミルクなどを混ぜてシェークを作ってくれます。これが抜群にうまい。マンゴーシェイクは王道ですね。

シェークの他にも、スイカジュースやカラマンシージュースがあります。前回のブログでご紹介したように、カラマンシーには健康に良い材料が豊富に含まれています。ビタミンも豊富でお肌にもよいということで、韓国でも人気になっています。

今後は日本にもカラマンシーが知られてくるかもしれません。

に投稿

セブ観光地②カルボンマーケット

どうも、義貞です。

今日は、またセブの観光地についてご紹介します。

セブ最大の市場といえば、「カルボンマーケット」が有名です。ここはセブで最も歴史があるファーマーズマーケット(生産者農家が集まって直接消費者へ販売する市場)です。野菜や果物だけでなく、魚、鶏、服など様々な物が販売されており、見てまわるだけでも楽しめる場所です。

農業生産に興味がある私、義貞にとっては非常に興味深い場所です。フィリピンの農業生産高がどれくらいなのか知りませんが、セブの消費者向けの産物は、まずこのマーケットに集まってくるといっても過言ではないでしょう。

カルボンという名称は、カーボン(石炭)の行商が行われていた場所であったことから来ているようです。今や巨大マーケットになりましたが、いくつか難点があります。

まず、セブの中心地からアクセスしようとすると、けっこう遠いです。それから混雑するためタクシーが止まる場所がなく、行きたがらない。また人が多いためピックポケット(スリ)が多い場所です。そんなこともあり、カルボンマーケットを訪れる際は注意が必要になります。 ただ気を付けていれば楽しい場所なので、東南アジアな雑多な感じが好きな方は行ってみるとよいでしょう。

タイにもタラート・タイという卸売り市場がありますが、ここも広大な土地に巨大なマーケットがあります。新鮮な野菜を低価格で購入することができて、タイに行く時はよく行っています。 タイは農業立国ですが、フィリピンは地形的に農業よりも漁業や船舶などの分野、ホスピタリティが強い国だと思います。「食」はその国の根幹を表すため、フィリピン料理、材料などをこれから考察していきます。