に投稿 コメントを残す

ハワイのコナコーヒー☕

photo of woman sipping coffee
Photo by Cristian Rojas on Pexels.com

Hey, guys! 海外侍の義貞です。

ハワイ、日本人と関わりの深い島々。

今でも多くの日系人が住んでおり、知事も議員も日系というアメリカの州です。

今は日系人よりも徐々にフィリピン系が多くなっています。フィリピン系アメリカ人の歴史も興味深いですが、日本人と同様に多くのフィリピン人がハワイへと移っています。

アメリカでのジョリビーの拡大もさることながら、今では多くのフィリピン系アメリカ人がいます。

それで僕はハワイのフィリピン系アメリカ人と仲が良いのですが、彼女からハワイのコナコーヒーを教えてもらいました☕

コナコーヒーは、ハワイ島南西部のコナ地区でのみ栽培され、生産量は世界のコーヒー生産量の1%以下という希少なコーヒー豆だそうです。ハワイではこのコナコーヒーがどこでも売っているらしいのですが、希少なため通常のコーヒーの倍くらいの値段はするそうです。

コーヒー好きの義貞としては手に入れたいと思ったため、さっそく彼女から送って頂くことにしました。そのフィリピン系アメリカ人の彼氏はバリスタだったということもあり、コーヒーの淹れ方なども指南してもらおうと思ってます。

また、ハワイは温暖な気候から、野菜などの食物の栽培が容易です。その彼女も家の裏庭で野菜を育てていると言っていますし、バナナさえ容易に育てられるそうです。

送ってもらったサンドイッチ画像

いいなー、うらやましいと話を聞いています。

ハワイを含めアメリカではワクチンの接種がかなり進んできており、ハワイでも人口比で30%の人はすでにワクチン接種しているとのことで、誰もがワクチンを受けられる体制が整ってきているようです。

ハワイがリオープンする日は近いのかもしれません。

に投稿

ホノルルはアジアの首都

Photo by Troy Squillaci on Pexels.com

Hope you’re having a nice weekends. 海外侍義貞です。

さて、以前もご紹介しましたが、僕はハワイ発のオンライン英会話をたまに受講しているのですが、徐々にハワイのことを学んでいきました。(オンライン英会話③:https://bit.ly/3abkP5s)

ハワイといえば、長らく日本人の観光先として有名ですし、日系移民についても以前話しました。(ハワイと日系移民とフィリピン:https://bit.ly/2P7LvdE

しかし、ハワイもこの10年で大きく変わったようなのです。というのも、ハワイ州の人口構成比で白人24.7%・アジア系38.6%(Hawaii Lifestyleより)と、アジア系が多くなっています。

そして、アジア系の構成比の中で日系を抜いて首位に立ったのがフィリピン系なのです。アジア系の19%を占めています。

アメリカではカリフォルニア州についで多い日系人の比率を持つハワイ州ですが、そこでフィリピン系が多くなり、カリフォルニア州でも中華系やフィリピン系が増加しており、日系人は減少傾向にあります。アメリカの歴史は以前ブログで書きましたが、いずれは日系人のことも書きたいと思います。(フィリピン歴史⑤アメリカによる植民地化:https://bit.ly/3kpZgCU

ハワイ系オンライン英会話で先生と話すうちに、「なんかフィリピンにルーツがある子が多いな?」と思っていたら、実際に多くなっているのです。ただ、彼女たちはハワイの米国民として育っているため、必ずしもフィリピンに詳しくありません。俺の方がはるかにフィリピンに詳しい、、

ハワイでアジア系が増えていることもあって、アイデンティティがアメリカ本国というよりもアジアに向いています。もともとハワイはアジアへのゲートウェイなのです。

に投稿

ハワイと日系移民とフィリピン

Photo by Tyler Lastovich on Pexels.com

どうも、義貞です。

以前から日系移民の歴史に興味があるのですが、オンライン英会話にハワイ発の『Tomodachi-USA』というスクールがあるのですが、それはあとで紹介するとして、まずハワイと日系移民、そして現在のハワイにはフィリピン系も多いのでご紹介したいと思います。

そもそも日系移民とは

日系移民の歴史は約150年前に遡ります。それ以前にも南蛮貿易などで海外へ飛翔し、現地に日本街を作った日本人はいましたが、江戸時代に鎖国した後は、基本的に海外とのやり取りは一部の国や場所に限定的になりました。

江戸時代は、日本の歴史において最盛期であり、様々な文化が花開き、外国との争いもなく平和な時代でした。本格的にヨーロッパ諸国の植民地主義の脅威が日本へ近づいてきて、開国による近代化への道を開ていきます。ただ、鎖国当時の日本でも漁師などが度々漂流し、海外の船に救いあげられて外国へ行く事例などは発生しており、海外と交流する機会を持っています。



有名なところでは、アメリカの捕鯨船に助けられたジョン万次郎がいますが、彼は明治維新後の日本で英語通訳や教師として大活躍します。

当時のハワイ国は砂糖産業が活況を呈し、人手が足りなくなっていました。ハワイ国で人口減少があったのと、ゴールドラッシュ時のカリフォルニアで砂糖需要が劇的に上がったことで、労働者を必要としていました。そこで白羽の矢があたったのが日本からの移民労働者です。

明治維新以降、それまでの士農工商の秩序がなくなれば、豊かになる人も出てくれば貧しくなる人も出てきます。変化の時代というのはそういうものであり、それは仕方ないのですが、人口が増加していた日本では労働者はいました。多くは農民のため、仕事があれば海外に移住して一旗あげたいと思っていたと思います。

そして日本はハワイ王国からの要請を受けて、日本人移民がハワイへ向かうことになります。当初予期していたほど、現実は極めて厳しく、農地に居つかざるを得ない状況になりました。この辺りは日系ブラジル移民も似ています。ただ、なんだかんだで日本人は我慢強いし、勤勉で、当地に根付こうとします。

徐々に日系移民が増えていき、ハワイでは最大規模をほこるようになったようです。ただ、知らなかったのはフィリピンからの移民もいたということでした。フィリピン発のファストフード店「Jolibee」はオアフ島やマウイ島に数店舗あるとのことで、カリフォルニアに多く出店しているのは知っていましたが、ハワイにもあるようです。

見るだけで癒されるハワイのビーチ

日系移民たちは農民が多かったですし、「農耕を行う」=「定住すること」なので、人が増えていけば子供の数も増えるし、産業が農業であれば食べることには少なくともできるということがあるかもしれません。

今後もハワイ移民の歴史については追っていこうと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■ 今までになかった全く新しい英会話スクール「アクエス 」 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 今まで英語が話せずにあきらめかけていたあなたへ!! 全く新しい英会話スクールで、 効果的に英会話が上達する独自カリキュラムを持つ「アクエス」 日本人講師とフィリピン人講師が 交互にレッスンしてくれるユニークなハイブリットスタイルで、 あなたの英会話力UPをばっちりサポートしてくれる 今だけお試しレッスン5回×50分がなんと0円で受けられる!! 「アクエス」英会話スクールで、新しいあなたを発見しよう!! https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3BFMPA+F0LNLU+4D4Y+5YZ77