に投稿 コメントを残す

台湾、ドゥテルテ、アジアの未来、東南アジアe-conomy(ポッドキャスト)

what’s up, guys! 海外侍の義貞です。

ここ最近は時間がなく、なかなかポッドキャストを更新できてなかったですが、久々にアップしました。

海外侍の興味は、セブの事を中心に、台湾(東南アジアに繋がる)、世界の料理や音楽、映画などです。

発信したいことが多すぎるのですが、少しでも皆さんの興味に繋がるものを出していきたいと思ってます。

冒頭は英語でのものになるので、徐々にアメリカからのリスナーも増えてきて嬉しい限りです。

フィリピン人が得意なスポーツ Cebu Samurai

バスケットボール、ビリヤード、スイミング、ボクシング
  1. フィリピン人が得意なスポーツ
  2. 台湾、ドゥテルテ、アジアの未来、e-economy、東南アジア、フィリピン
  3. フィリピン経済その3
  4. セブの開発1
  5. フィリピン経済その2
に投稿 コメントを残す

台湾のスタバグッツ

people standing on road close up photography
Photo by Henry & Co. on Pexels.com

Hope you’re having a nice golden week!

なんかセブよりも台湾人気の方が高いから、移りかえようかな(笑)と考えている海外侍の義貞です。

ビーチは圧倒的にフィリピンなのですが、やっぱりイメージですかね。

台湾の優しい雰囲気に癒やされる方も多いですし、IT 化や半導体分野でも台湾は日本の先をいきます。
食べ物も美味しいですし。

フィリピンは食べ物も東アジア圏とは異なりますし、まだ貧しさがあるし、技術が高いわけでもない。
ただ、フィリピンも前進してきているので、今後というかんじでしょうかね。

台湾のスタバグッズ関連は下記をご覧ください。

ITchan’s shop https://fril.jp/shop/itchanshop

に投稿 1件のコメント

台湾その魅力、パイナップル🍍、スタバ☕、夜市、新しいこと

city skyline at night time
Photo by 李昂軒 on Pexels.com

どうも、海外侍の義貞です。

台湾、南方のオーストロネシア語族に分類される台湾原住民と漢族の融合によって成り立つ多様な背景を持った島。オーストロネシア語族にはフィリピンも含まれており、西はマダガスカル、東はポリネシア諸島やニュージーランドまで広がる民族です。

現在は漢族の方が主流ですが、中華と東南アジアの融合といった形で魅力的な食文化や果物があり、海外侍義貞もとても好きな国です(台湾女性の戦闘民族的な強さがあっても)。

前に書いた記事

さて、2021年春という新しい時期を迎えるにあたり、新しい試みを行っていきたいと思っていました。 というのも当面はやはり海外に行くのが難しい状況ですし、特にフィリピンはコロナの状況もよくないです。

加えて、せっかく日本に居る期間が長いのであれば、日本の魅力を海外に発信したいという気持ちがずっとあります。セブサムライはセブサムライで継続的にフィリピンのことを伝えていくとして、新しいコンテンツとして”台湾“と”日本“にしたいと思います。

日本人向けで海外のことだと台湾がよいと考えました。僕は韓国のことでもいいですが、日本に台湾の友人がいることもあり台湾にしようと思います。加えて、台湾とフィリピンは近いですし。

もう一つは、海外に向けた日本に関する情報発信をYoshisadaJapanでやりたいと思います。こちらは完全に英のみでやっていこうと思います。

まず台湾の方ですが、こちらはHPを作成していきますが、現在台湾のスターバックス・グッズやパイナップルをオンライン販売しています。ご存知のように、中国からの輸入規制によって台湾のパイナップル農家が打撃をうけています。そのことから日本において台湾産のパイナップルを食べようという流れがあり、台湾のパイナップルが日本へやってきています。

【台湾パイナップルを食べよう 】日本で買える場所をみんなで共有しよう!!https://www.taipeinavi.com/special/80012662

また、アメリカでは台湾のスタバグッズが人気になっていることもあり、こちらも台湾の友人を介して行っています。

★【スターバックスのアジア限定グッズが人気】

https://www.businessinsider.jp/post-229182

海外侍が手伝っているインスタ

https://www.instagram.com/t_taiwan_starbucks/

また今年の6月には「台湾フェスティバル™TOKYO2021」があります。

台湾食文化で日台交流!を銘打っており、こちらにも海外侍は関わっていきます。

台湾といえば、夜市でよね。美味しいグルメが満載ですが、こちらの台湾フェスティバルでは台湾の多くの食が楽しめます。

台湾に渡航できない中で台湾を感じる機会を持てると思います。