に投稿

フィリピンの古都であり開発が進むイロイロ市

Hey, guys! 海外侍の義貞です。

ボホール島の友人と話した時に、彼女は旦那(ニュージーランド人)と一緒にイロイロ市に移る予定でいると聞きました。イロイロ市の情報を送ってくれたので調べていく、なかなか面白い場所であることがわかりました。

まず、名前からして変わってますよね。イロイロという。

ビサヤ諸島のパナイ島南岸に位置するイロイロ市。フィリピンで最も住みやすい街と言われ、コロニアルな建築様式が残り、世界遺産の教会もあります。イロイロ空港はマニラから約1時間15分、セブからは約50分で到着できる上、香港とシンガポールから国際線も出ているようです。

フィリピンの古都としてその趣を残す一方で、近年は新開発地区として発展しているようです。SMやロビンソンズなどの大手不動産開発会社が開発を主導しています。

フィリピンには地の利があります。また、人々を惹きつけるビーチなどの観光地も多くあります。

特に発展しているシンガポール、香港や台湾から人が来ますし、中華圏の人々にとってはお手軽かつ気楽に行ける場所に位置しています。フィリピンは人々はオープンですが、政府が今までは保護的でした。フィリピン人は世界に出て活躍できるにも関わらず、国内の産業の育成がうまくいかなかったわけです。

しかし、今や400万人のフィリピン系アメリカ人が米国に暮らしており、中華系アメリカ人に次いでアジア系では最大規模です。中国の人口はフィリピンの約13倍ですから、それと比較すればいかに多くのフィリピン系アメリカ人が米国にいるか分かります。

なので、フィリピンにとってはフィリピン系アメリカ人との関係が重要であり、多くのフィリピン系アメリカ人を国に成長に繋げたいと思うはずです。そのためにフィリピン自体がより発展していかないといけません。

に投稿

ダグパン-マニラから8時間かけて北上して知った優しい地方都市

Photo by Snapwire on Pexels.com

どうも、海外侍の義貞です。

今日は、昔、マニラからバスで8時間かけてルソン島を北上して行ったダグパン市を紹介したいと思います。

僕は海外の地方都市を訪れるのが好きなこともあり、日本人にあまり知られていない場所によく行きました。イギリスはチェスターという場所に行きましたし、タイではカンチャナブリーなどが好きです。チェスターの近くにはリバプールがあり、日本人旅行者はそちらに行くでしょう。

フィリピンのダグパンもそうで、近くには人気避暑地であるバギオがあります。バギオは標高500メートルの高原にあり、フィリピンの中でも涼しく過ごしやすい場所です。トロピカルな場所が好きなのであれば、セブやダバオの方がいいですが。

マニラからバスに乗って行きます。僕はマニラが好きではないので、即座にバスに乗り込みました。そこから8時間かけてバスに揺られて行きます。

フィリピンの国道沿いの風景をぼんやり眺めていたら、隣に座っていたフィリピン人の女の子が果物やナッツを分けてくれたりします。こういう所がフィリピンはいいなと思う所以です。その彼女は途中で下車し、その後も一人バスに揺られて到着したのがダグパンです。

リンガエン湾

ダグパンはイロコス地方に属し、リンガエン湾に面した広いビーチがあります。ビーチ自体はフィリピンらしからぬ綺麗なものではなくイマイチなのですが、沈む夕日がきれいで、どこまでも続く海に癒されます。フィリピンが好きなのは、やはり海に憧れがあるからかもしれません。

ダグパンを訪れた目的は、オンライン英会話で仲良くなった先生に会いにいくためだったのですが、家の家族を紹介してくれたり、美味しいシーフードのお店に連れてってくれたりと手厚くもてなしてくれました。

リンガエン湾は、太平洋戦争時に日本軍がフィリピンへと侵攻した際に上陸した場所でありますし、マッカーサーが戻って来た時にも上陸した場所です。歴史深い場所であることも分かり、思いがけない発見のあった旅でした。