に投稿 コメントを残す

俺のジーローハン(鶏肉飯)

ジーローハン

どうも、海外侍の義貞です。

セブではなく、また台湾の話題になりますが、今回はジーローハン(鶏肉飯)を紹介したいと思います。

以前、台湾料理の牛肉麺を紹介しましたが、今回は屋台飯でも有名なジーローハンです。

字のごとく、茹で上げた鶏肉にタレと八角を混じえて食す料理です。シンプルにして旨し、スタミナ感もある男飯です。

台湾はフードパラダイスです。美味しい料理が沢山あります。確かにフィリピン料理よりはいいですね(笑)

当分、ブログでは台湾料理や台湾やハワイ関連を取り上げていきます。セブが復活する事を願っていますが。

に投稿 1件のコメント

台湾その魅力、パイナップル🍍、スタバ☕、夜市、新しいこと

city skyline at night time
Photo by 李昂軒 on Pexels.com

どうも、海外侍の義貞です。

台湾、南方のオーストロネシア語族に分類される台湾原住民と漢族の融合によって成り立つ多様な背景を持った島。オーストロネシア語族にはフィリピンも含まれており、西はマダガスカル、東はポリネシア諸島やニュージーランドまで広がる民族です。

現在は漢族の方が主流ですが、中華と東南アジアの融合といった形で魅力的な食文化や果物があり、海外侍義貞もとても好きな国です(台湾女性の戦闘民族的な強さがあっても)。

前に書いた記事

さて、2021年春という新しい時期を迎えるにあたり、新しい試みを行っていきたいと思っていました。 というのも当面はやはり海外に行くのが難しい状況ですし、特にフィリピンはコロナの状況もよくないです。

加えて、せっかく日本に居る期間が長いのであれば、日本の魅力を海外に発信したいという気持ちがずっとあります。セブサムライはセブサムライで継続的にフィリピンのことを伝えていくとして、新しいコンテンツとして”台湾“と”日本“にしたいと思います。

日本人向けで海外のことだと台湾がよいと考えました。僕は韓国のことでもいいですが、日本に台湾の友人がいることもあり台湾にしようと思います。加えて、台湾とフィリピンは近いですし。

もう一つは、海外に向けた日本に関する情報発信をYoshisadaJapanでやりたいと思います。こちらは完全に英のみでやっていこうと思います。

まず台湾の方ですが、こちらはHPを作成していきますが、現在台湾のスターバックス・グッズやパイナップルをオンライン販売しています。ご存知のように、中国からの輸入規制によって台湾のパイナップル農家が打撃をうけています。そのことから日本において台湾産のパイナップルを食べようという流れがあり、台湾のパイナップルが日本へやってきています。

【台湾パイナップルを食べよう 】日本で買える場所をみんなで共有しよう!!https://www.taipeinavi.com/special/80012662

また、アメリカでは台湾のスタバグッズが人気になっていることもあり、こちらも台湾の友人を介して行っています。

★【スターバックスのアジア限定グッズが人気】

https://www.businessinsider.jp/post-229182

海外侍が手伝っているインスタ

https://www.instagram.com/t_taiwan_starbucks/

また今年の6月には「台湾フェスティバル™TOKYO2021」があります。

台湾食文化で日台交流!を銘打っており、こちらにも海外侍は関わっていきます。

台湾といえば、夜市でよね。美味しいグルメが満載ですが、こちらの台湾フェスティバルでは台湾の多くの食が楽しめます。

台湾に渡航できない中で台湾を感じる機会を持てると思います。

に投稿

アンジュとして美味しいポッサム

画像はwikipediaより

どうも、海外侍の義貞です。

さて、前回レチョンカワリをご紹介しました。

フィリピン料理⑪レチョンカワリ https://bit.ly/2LbWfJe

豚バラ肉を使用した料理であるレチョンカワリですが、豚バラ肉で思い出した韓国料理ポッサムをご紹介したいと思います。

RCEP(地域的な包括的経済連携協定)によって、日本でも韓国のチャミスルがコンビニで手軽に買えるようになった今の時代、ぜひお酒のつまみとして今回ご紹介するポッサムを食してみてください。

韓国語ではお酒のつまみのことを「アンジュ」と言います。韓国人に「この前お酒を飲んで」という話をすると、「アンジュは何?」と聞かれますので、韓国語を勉強されている方は、このアンジュという言葉を覚えるといいかもしれません。

韓国語でビールは「メクチュ」、彼らのおススメはソジュメクチュのミックスです。合わせて「ソメク」と言いますが、これは韓国の若者グループたちが飲みに行く時は必須になるので気をつけましょう(笑)。簡単に酔いがまわります。

さて、おススメのポッサムですが、豚バラを使った韓国料理で、スパイスと一緒にお肉を茹で上げます。これをサムギョプサルのように、葉っぱで包んで食べるのですが、ポッサムを食べる時はポッサム用のキムチがあります。ポッサムキムチです。少し大きめのキムチで、これがまた絶妙なコンビなのです。

僕はこのポッサムからのタンスユク(酢豚みたいなもの)とジャージャー麺のコンビネーションが最高(チェゴヤ)と思っています。

韓国を訪問できるようになったら、ぜひ本場のポッサムを味わってみましょう。また、韓国のソジュは地域によってブランドが異なります。日本酒みたいなもので、ソウルとプサンのソジュは異なります。その違いも楽しみたいですね。

韓国語講座は随時アップ https://bit.ly/3pHWue6 

に投稿

ハノイで食べた美味しいフォーとエッグ・コーヒー

Photo by Nguyu1ec5n Anh Vu0169 on Pexels.com

Hey! What’s up, guys! 海外侍の義貞です。

さて、今回は海外の美味しい料理シリーズとしてベトナムのフォーを取り上げたいと思います。前回の台湾牛肉麺と同様、フォーはベトナムの代表的な麺料理です。

高雄で食べた美味しい牛肉麺 https://bit.ly/3qRF3J9

ハノイのアメリカン・クラブで食べた美味しいプルドポーク https://bit.ly/2W78VTQ

例えば、タイの麺料理などは色々な調味料を使用し、味も濃くて日本人の口に合うかどうか分かれます(トムヤムクン・ヌードルなど)。しかし、台湾やベトナム(特にベトナム北部)は同じ東アジア圏というとこもあり、日本人の口に合いやすいと思います。

台湾やベトナムは、女子旅としても徐々に人気が高まっており、女性だけで行っても安全な旅行先です。

僕は基本的に海外に行った時には、現地を知るローカルの友人を独力で作るようにしています。ツアーや現地日本語ガイドは基本つけず、なるべく自分で知り合った人に現地を案内してもらいます。

主に女性の知人に案内してもらいます。女性の方が、美味しいお店に敏感だったり、現地の流行りを知っている可能性が高いですし、単に女性といると楽しいからということもあり、台湾や韓国やイギリスなどでは女性に案内してもらいました。

ハノイでは、Airbnbでホームステイした先の若い男の子にバイクで市内中を案内してもらいました。ハノイには1,000年の歴史があり、都市中心部にあるホアンキエム湖や聖ヨセフ大聖堂など非常に歴史を感じさせる素晴らしい街並みです。

大聖堂があるだけで、アジアだけれどもヨーロッパにいるような気持になります。それはフィリピンでも同じように感じました。

広告

さて、フォーは代表的なベトナム料理です。米紛を原料に作られる平たいライスヌードルで、牛肉や鶏肉などのをベースとする透明なあっさりスープで頂きます。

ハノイ発祥のフォーですが、ベトナムの文化では朝に食べるものとされています。ベトナムのホテルに宿泊すると、朝ごはんでフォーを選ぶことができます。もちろんお店では朝食限定ではなく、いつでも食べられますが、ベトナムへ行った時には、ぜひ朝フォーを食べてみてください。

ロン君(ホームステイ先の男の子)がハノイで有名なフォーのお店に連れていってくれました。

朝から長蛇の列でした

フォーはあっさりスープですし、麺も米なので、ヘビーな感じもなく味も優しいです。台湾もベトナムもそうですが、アジアの優しさを感じます。ちなみに台湾とベトナムは関係の深い国です。シンガポールとベトナムの関係も深いのですが、その話はまた後でブログで書きたいと思います。

また、ベトナムはベトナム・コーヒーでも知られていますが、ハノイにはエッグ・コーヒーと呼ばれるコーヒーがあります。溶いた卵黄に砂糖とコーヒーで作られるハノイでは定番のコーヒーです。コーヒーに卵という面白い組み合わせですので、ハノイでは一度飲んでみることをおススメします。

フィリピンもそうですが、ベトナムもかなりアメリカとの関係が深い国であり、東アジアの中でもかなりの成長株です。ベトナム戦争時には、フィリピンのスービック海軍基地からアメリカは出撃などもしていますし、機会がある時にその歴史などもブログで書きたいと思います。

グルメメディア ヒトサラ