に投稿 コメントを残す

ポッドキャスト配信について、米中の狭間のフィリピンとASEAN、韓国の事例、音楽と文化(ポッドキャスト)

greyscale photography of condenser microphone
Photo by Tommy Lopez on Pexels.com

どうも、海外サムライの義貞です。

AnchorはSpotifyの傘下にある、というSpotifyの音声配信サービスがAnchorなのですが、AnchorでSpotifyの音楽が使用可能になったので、Music+Talkを配信していけます。

映画・ドラマコンテンツ配信のNetfilix、音楽配信のSpotify、教育コンテンツ配信のUdemyなど、欧米のプラットフォーマーたちの勢いを感じます。

中国は中国で独自のプラットフォームを築きあげていますが、中国は13億人の巨大市場があるので国内展開だけで回せます。

国際展開がうまい欧米と国内だけで巨大な中国といった感じですが、日本の世界的なプレゼンスは下がる一方です。

ここで見ていくべきは、韓国や台湾の事例だと思っています。たしかに韓国や台湾は経済規模では日本よりはるかに小さいですが、個別の分野で見ていくとすでに日本を超えています。

とくに「産業のコメ」と呼ばれる半導体分野では、日本は韓国や台湾に遥かに及びません。しかし、日本は部品や素材の分野では今なお強いのです。そういう面でいえばASEANとも連携していけます。

フィリピンやインドネシアなどの国に対して「日本が支援してやってる」という見方はもう終わりにした方がいいでしょう。ASEANの人々をエンパワーメントできる頼れる”兄または姉“が日本だと思われる方がよくないでしょうか?

他のアジア諸国の現在の力を冷静に見ていくことが必要です。日本が主で、他のアジアが従であるという時代では、もはやないからです。

世界で活躍するフィリピン企業 Cebu Samurai

モンデニッシン、ジョリビー、マルコペイなどのフィリピン企業
  1. 世界で活躍するフィリピン企業
  2. 今後のポッドキャスト配信、AnchorとSpotify
  3. 今後のフィリピンの産業形態
  4. フィリピン人が得意なスポーツ
  5. 台湾、ドゥテルテ、アジアの未来、e-economy、東南アジア、フィリピン
に投稿

アンジュとして美味しいポッサム

画像はwikipediaより

どうも、海外侍の義貞です。

さて、前回レチョンカワリをご紹介しました。

フィリピン料理⑪レチョンカワリ https://bit.ly/2LbWfJe

豚バラ肉を使用した料理であるレチョンカワリですが、豚バラ肉で思い出した韓国料理ポッサムをご紹介したいと思います。

RCEP(地域的な包括的経済連携協定)によって、日本でも韓国のチャミスルがコンビニで手軽に買えるようになった今の時代、ぜひお酒のつまみとして今回ご紹介するポッサムを食してみてください。

韓国語ではお酒のつまみのことを「アンジュ」と言います。韓国人に「この前お酒を飲んで」という話をすると、「アンジュは何?」と聞かれますので、韓国語を勉強されている方は、このアンジュという言葉を覚えるといいかもしれません。

韓国語でビールは「メクチュ」、彼らのおススメはソジュメクチュのミックスです。合わせて「ソメク」と言いますが、これは韓国の若者グループたちが飲みに行く時は必須になるので気をつけましょう(笑)。簡単に酔いがまわります。

さて、おススメのポッサムですが、豚バラを使った韓国料理で、スパイスと一緒にお肉を茹で上げます。これをサムギョプサルのように、葉っぱで包んで食べるのですが、ポッサムを食べる時はポッサム用のキムチがあります。ポッサムキムチです。少し大きめのキムチで、これがまた絶妙なコンビなのです。

僕はこのポッサムからのタンスユク(酢豚みたいなもの)とジャージャー麺のコンビネーションが最高(チェゴヤ)と思っています。

韓国を訪問できるようになったら、ぜひ本場のポッサムを味わってみましょう。また、韓国のソジュは地域によってブランドが異なります。日本酒みたいなもので、ソウルとプサンのソジュは異なります。その違いも楽しみたいですね。

韓国語講座は随時アップ https://bit.ly/3pHWue6 

に投稿

Hallyu とは何か

Photo by Sharon McCutcheon on Pexels.com

どうも、海外侍の義貞です。

今日は、世界に広まるHallyuについて考えたいと思います。

2020年はコロナの年として今後記憶されますが、文化面でいえば韓国のコンテンツ産業が世界的になった年とされるでしょう。

これに対して日本では否定的な見解もあるでしょうが、重要なことは「日本がどう見るか」とは別に、「世界がどう見るか」という視点があることです。

2000年代までは、日本こそが文化面で先進的でしたし、J-popが世界にチャレンジするという気持ちもあったと思います。宇多田ヒカルがアメリカの音楽シーンに英語でアルバムを出すということもありました。

しかし、2000年代以降の日本の音楽シーンは盛り上がりに欠けるものになった印象があります。僕は2000年代後半以降はひたすら英米の洋楽チャートを聴いていました。

そして、2010年代から台頭してくるのがKpopです。Kpopの凄いところはローカルと洋楽のハイブリッドで、クオリティが高く、メッセージ性も強いところです。

まず日本では邦楽ファンと洋楽ファンはわかれて、僕のような洋楽ファンは少ないですが、Kpopの場合、その両者を掴むことができます。

また韓国はインターネットの普及率が高く、最速レベルの回線を有していることもあり、このネット時代にもうまく適用したといえます。若い人たちは、テレビよりもスマホでyoutubeを見るわけですし、『V LIVE』のようにインタラクティブで双方向的なコミュニケーションで繋がります。

2010年代後半にTWICEやBlack Pinkの人気が高まり、今となってはNiziuです。つまり、Kpopのプラットフォームに乗せるが、アイドルは全員日本人にして日本的なローカルさにもアジャストさせるという戦略です。

こうまで差をつけられたのは、韓国がコンテンツ産業をグローバルに輸出させるために国を挙げて取り組んだことと、国内市場から段階を踏んで世界に出るという形ではなく、はなから世界市場を目指して研鑽を積んできたというところです。

Kpopのアーティストや韓国の俳優たちを見ていると、非常に落ち着いた雰囲気があり、知的で大人なスマートさを感じます。自立している感じですし、なんというか努力してきたことが滲み出ています。

Netfilixで一回韓国のコンテンツを観ると、怒涛のごとく次から次へと新しい作品が出現してきます。近日公開の映画「新感染」もすでに話題になっており、なんか観ないといけないかなという気持ちになってきますね。

に投稿

NiziU(ニジュー)の登場とK-POP

Photo by mali maeder on Pexels.com

どうも、海外侍の義貞です。

フィリピンでの英語留学が日本よりも韓国で先に広がった事をご存知でしょうか。

1997年のアジア通貨危機は、韓国社会を劇的に変えたとされています。以前、ドラマ「愛の不時着」を題材として朝鮮戦争について書きましたが、そもそも韓国は分断という大きな問題を抱えています。

さらに97年の金融危機を経験した韓国は、完全なグローバル化路線に進みます。経済規模や人口が内需だけではままならない韓国は、世界に出る事を決めます。

文化的にK-popが台頭してくるのはここからです。

2000年代以降BoAの登場、そして第1次韓流ブームを決定付けたペ・ヨンジュンの『冬のソナタ』。この当時から韓国ではフィリピンへの英語留学が始まります。

そして、少女時代、東方神起と来て、今やBLACK PINKやBTSは世界レベルに到達しました。「愛の不時着」「梨泰院クラス」とネットフリックスも人気を博し、映画「新感染」、「半地下の家族」と世界的な評価も高まっています。

そして、今年の秋にはNiziU(ニジュー)が登場します。日本人の女の子ですが、完全にK-POPテイストのガールズグループです。

NiziU(ニジュー)MV

先日ハワイの子と話をしていても、K-popの最新音楽を知っているくらいなので、韓国はソフトパワーで大成功をおさめているといえます。

加えて、韓国は東南アジアにいち早く目をつけ、日本とは比較にならないくらい深くコミットしています。「ベトナム、ベトナム」と口で言ってるだけの日本とは違います。

ベトナムだ、フィリピンだと言ったところで、彼らの現地感覚を理解しようとしなければ、その市場で成功は無理でしょう。その意味で韓国はグローバル化できた例なのだと思います。