に投稿 コメントを残す

ポッドキャスト配信について、米中の狭間のフィリピンとASEAN、韓国の事例、音楽と文化(ポッドキャスト)

greyscale photography of condenser microphone
Photo by Tommy Lopez on Pexels.com

どうも、海外サムライの義貞です。

AnchorはSpotifyの傘下にある、というSpotifyの音声配信サービスがAnchorなのですが、AnchorでSpotifyの音楽が使用可能になったので、Music+Talkを配信していけます。

映画・ドラマコンテンツ配信のNetfilix、音楽配信のSpotify、教育コンテンツ配信のUdemyなど、欧米のプラットフォーマーたちの勢いを感じます。

中国は中国で独自のプラットフォームを築きあげていますが、中国は13億人の巨大市場があるので国内展開だけで回せます。

国際展開がうまい欧米と国内だけで巨大な中国といった感じですが、日本の世界的なプレゼンスは下がる一方です。

ここで見ていくべきは、韓国や台湾の事例だと思っています。たしかに韓国や台湾は経済規模では日本よりはるかに小さいですが、個別の分野で見ていくとすでに日本を超えています。

とくに「産業のコメ」と呼ばれる半導体分野では、日本は韓国や台湾に遥かに及びません。しかし、日本は部品や素材の分野では今なお強いのです。そういう面でいえばASEANとも連携していけます。

フィリピンやインドネシアなどの国に対して「日本が支援してやってる」という見方はもう終わりにした方がいいでしょう。ASEANの人々をエンパワーメントできる頼れる”兄または姉“が日本だと思われる方がよくないでしょうか?

他のアジア諸国の現在の力を冷静に見ていくことが必要です。日本が主で、他のアジアが従であるという時代では、もはやないからです。

世界で活躍するフィリピン企業 Cebu Samurai

モンデニッシン、ジョリビー、マルコペイなどのフィリピン企業
  1. 世界で活躍するフィリピン企業
  2. 今後のポッドキャスト配信、AnchorとSpotify
  3. 今後のフィリピンの産業形態
  4. フィリピン人が得意なスポーツ
  5. 台湾、ドゥテルテ、アジアの未来、e-economy、東南アジア、フィリピン
に投稿 1件のコメント

フィリピンのタクシー内で聞ける80’S アメリカン・ポップス

Photo by Jeremy Semanhyia on Pexels.com

どうも、義貞です。

フィリピンでタクシーに乗ると、大体のタクシードライバーがラジオを聴いています。この時点で日本のタクシードライバーと決定的に違うのですが、世界的にタクシードライバーはラジオで気分を高めています。

オーストラリアでも、イギリスでも、タクシードライバーは普通に音楽を流していました。オーストラリアで、インド系のドライバーはインド音楽を大音量で流していてさすがに気が滅入りました。人種的にひとくくりにしてはいけないと思いますが、インド人ドライバーは大抵うざい。クアラルンプールから空港までタクシーに乗ったら、その道中永遠と話しかけられ、最終的にその分の料金までふっかけられました。

なので、海外ではタクシードライバーは音楽を流すのです。さてフィリピンのタクシードライバーたちは30代以上のおじさんたちが多いこともあるからなのか、昔懐かしいアメリカン・ポップスを聴いています。例えば、JourneyやAir Supplyなどです。

自分も80年代のアメリカン・ポップスが好きなので、たまにYoutubeで見つけると聞いてしまいます。JourneyのDon’t stop believin’などは気分を盛り上げてくれますね!

アーネル・ピネダ

加えて、Journeyの新メインボーカルはフィリピン人です。スティーヴ・ペリーがメインボーカルを脱退した後にバンドは低迷していましたが、Youtubeでフィリピン人でJourneyの曲をカバーしていたアーネル・ピネダが見出されます。アーネルは路上生活少年として生活していたこともあるほど貧しかったのですが、Journeyに見出されたことで一躍フィリピンのスターになりました。