に投稿

フィリピン料理⑪レチョンカワリ Lechon kawali

写真はwikipediaより

Hey guys! 海外侍の義貞です。

2020年はあっという間に過ぎてしまいました。

2021年はまたセブや海外を訪問できることを祈りながら、また人々の健康を祈りながらブログを更新していきます。

2020年最後のブログは、やはりフィリピン料理にしましょう。

以前、フィリピンの代表的な料理であるレチョンを紹介しました。

フィリピン料理②レチョン https://cebusamurai.com/2019/08/22/lechon/

今回は、レチョンカワリをご紹介したいと思います。ポッドキャストでもお話しますが、フィリピンにはスペイン系(メスティーソ)、純粋フィリピン人(ピノイ)、中華系(チノイ)がおり、様々な文化がミックスしています。

アドボなどは、スペインの影響を受けた料理ですが、今回ご紹介するレチョンカワリは中華系の影響を受けた料理です。

レチョンカワリのカワリは”kawali“と書きますが、中華鍋のことを意味します。つまり、中華鍋の中で豚バラ肉をからっと揚げて、皮をカリッカリにしたものにします。

そして、レチョン用のソースや醤油とカラマンシーを混ぜたソースで頂きます。皮はカリッカリでクリスピーです。クリスピーパタもそうですが、フィリピン人はこのカリッカリが好きなのだと思います。これをライスと一緒に食べます。

僕がよく見ているフィリピン人シェフのyoutubeで、このレチョンカワリの作り方を紹介していますが、完成されたものがめちゃくちゃ美味しいそうです。

今までフィリピン料理を紹介してきましたが、キニラウ、シニガン、そしてのこのレチョンカウリとフィリピン料理では魚も、野菜も、肉も十分美味しく頂けます。

フィリピン料理はけっしてまずくはありません。単にunderestimate(過小評価)されているだけだと思っています。

レチョンカワリとサンミゲルビール、陽気なフィリピン人たちの歌声の中で楽しみたいですね。

に投稿

バンコクで食べた美味しいチムチュム

Photo by VisionPic .net on Pexels.com

Hey guys! how are you doing? 海外侍の義貞です。

写真は三島由紀夫の小説「暁の寺」にも出てくるワット・アルン。今回は、美味しい海外料理シリーズで、タイの「チムチュム」をご紹介したいと思います。

他の美味しい料理シリーズは下記

高雄で食べた美味しい牛肉麺 https://bit.ly/3qRF3J9

ハノイのアメリカン・クラブで食べた美味しいプルドポーク https://bit.ly/2W78VTQ

タイのドラマについての考察は下記

タイのイケメンがおりなすBLドラマ https://cebusamurai.com/2020/12/02/bl2gether/

皆さんは、チムチュムをご存知でしょうか。僕が一番好きなタイ料理なのですが、このチムチュムはイサーン地方(タイ東北部)の伝統料理でして、茶色の土鍋を使い、肉やシーフード、野菜などを煮て食べる料理です。

画像はmovearound journeyより

僕はイサーン料理が大好きで、辛い料理が多いのですが、このチムチュムはフィリピンのキニラウ、台湾の牛肉麺に並んで、僕の好きなアジア料理ベスト3の1つです。

イサーン料理は、タイに住んでいる友人から写真を送ってもらいました。

チムチュムはバンコクに住むタイ人たちの間でも人気の料理のため、バンコクでも多くの店を見かけることができます。もしかしたら今はコロナで難しいかもしれませんが、七輪と土鍋がいくつも並べられている店を見かけたら、それは確実にチムチュムのお店です。

フィリピンは残念ながらグルメ天国ではないのですが、台湾やタイはグルメ天国です。台湾やタイには美味しい食べ物がたくさんあり、台湾やタイを扱うブログや動画などを今後やっていきたいです。

徐々にセブ&フィリピンから離れていってしまいますが(笑)、コロナをうまく抑えているのが台湾やタイですし。次回は、フィリピンと台湾についてポッドキャストを録りたいと思います。フィリピン華僑と台湾の関係について。