に投稿 コメントを残す

台湾スターバックス

スターバックス台湾限定

どうも、海外侍の義貞です。

僕はセブ、ハワイ、台湾が好きなのですが(女子っぽいですね)、なかなか台湾に旅行できない昨今、台湾への注目度もグングン高まっています。

台湾に関するアクティビティのことならKKday(https://www.kkday.com/ja)がお薦めです。

また、↓の記事もぜひご覧ください。

今は台湾パイナップルの話題ばかりですが、アメリカでは台湾のスタバ・グッツも人気が高まっています。

海外侍の友人も台湾スタバ・グッズの販売をしていますので、ぜひチェックしてください。

ITchanのショップをラクマでチェック! https://fril.jp/shop/itchanshop

いずれはまた台湾、セブ、ハワイなどを行き来できる日がくることを祈りつつ、少しでも台湾やセブを感じてもらえるように情報発信していきます。

に投稿

フィリピン料理⑪レチョンカワリ Lechon kawali

写真はwikipediaより

Hey guys! 海外侍の義貞です。

2020年はあっという間に過ぎてしまいました。

2021年はまたセブや海外を訪問できることを祈りながら、また人々の健康を祈りながらブログを更新していきます。

2020年最後のブログは、やはりフィリピン料理にしましょう。

以前、フィリピンの代表的な料理であるレチョンを紹介しました。

フィリピン料理②レチョン https://cebusamurai.com/2019/08/22/lechon/

今回は、レチョンカワリをご紹介したいと思います。ポッドキャストでもお話しますが、フィリピンにはスペイン系(メスティーソ)、純粋フィリピン人(ピノイ)、中華系(チノイ)がおり、様々な文化がミックスしています。

アドボなどは、スペインの影響を受けた料理ですが、今回ご紹介するレチョンカワリは中華系の影響を受けた料理です。

レチョンカワリのカワリは”kawali“と書きますが、中華鍋のことを意味します。つまり、中華鍋の中で豚バラ肉をからっと揚げて、皮をカリッカリにしたものにします。

そして、レチョン用のソースや醤油とカラマンシーを混ぜたソースで頂きます。皮はカリッカリでクリスピーです。クリスピーパタもそうですが、フィリピン人はこのカリッカリが好きなのだと思います。これをライスと一緒に食べます。

僕がよく見ているフィリピン人シェフのyoutubeで、このレチョンカワリの作り方を紹介していますが、完成されたものがめちゃくちゃ美味しいそうです。

今までフィリピン料理を紹介してきましたが、キニラウ、シニガン、そしてのこのレチョンカウリとフィリピン料理では魚も、野菜も、肉も十分美味しく頂けます。

フィリピン料理はけっしてまずくはありません。単にunderestimate(過小評価)されているだけだと思っています。

レチョンカワリとサンミゲルビール、陽気なフィリピン人たちの歌声の中で楽しみたいですね。

に投稿

フィリピン料理⑨ソータンホンSOTANGHON

フィリピン人の友人が作ってくれたソータンホン

What’s up, guys? 海外侍の義貞です。

本日は、フィリピンの麺料理を紹介したいと思います。

パンシットとは、フィリピンの言葉で「麺」を意味します。

ご存知のように、フィリピンには中国からのSettler(定住者)たちが多いのですが、だいたいは福建の出が多いです。前回のブログ(福建省とフィリピン華僑:https://bit.ly/2ORsegi

中国移民たちが持ち込んだ食文化で、語源は福建語の「便食」(pian-e-sit)にあるようです。そこから人口に膾炙(かいしゃ)して、今ではポピュラーなフィリピン料理となっています。

私のフィリピン人の友人が振る舞ってくれました。ペルー生まれのスペイン人の友人とも一緒にフィリピン料理を食べるという歴史的な会食でした(笑)

ペルーにもフィリピン料理と同名の「アドボ」があるらしいので、今度はフィリピンのアドボを作り、そのスペイン人に食べてもらいます。その違いのレビューも面白そうですし、ペルーは日系移民も多く、日本人とも歴史的な関わりのある国です。ペルーの歴史についても、おいおいブログでアップします。

さて、パンシットの料理にも色々と種類があります。

麺の種類によって料理名が異なります。


Example

パンシット・カントン(Pancit Canton)

広東風の焼きそば。卵麺に野菜や肉をミックスさせ、醤油ベースの味付け。日本の焼きそばに一番近い。フィリピンでパンシットというと、パンシット・カントンを日本人は思い出す。

パンシット・ミキ・ビーホン(Pancit Miki-Bihon)

ビーフンは米から作られているので、米麺の炒め。日本のビーフン炒めに近い。

ソータンホン(Sotagnhon)

麺は春雨を使用しており、あとはほぼカントンやビーフンと同じテイスト。


「ソータンホン」って名前の響きから中華っぽいですよね。面白いことに、このソータンホンをパンに挟んで食べるようです。「焼きそばパン」のスタイルで、このソータンホンを食べました。

西欧人からすると、この、パンにヌードルを挟むというところが興味深いようです。

麺はアジア文化なので、「」を巡る旅というのも面白いなと感じました。タイのバミーやミャンマーのモヒンガーなど、その土地を代表する麺文化があります。

西欧化される以前は、基本的には我々はフォークやナイフを使用していませんでした。

そもそもマックやスタバに入ることすら、現代アメリカナイゼーションのフラット化(トーマス・フリードマン)なので、それはそれでいいですが、「世界はもっと多様であり、歴史的なバックグラウンドがある」ということを、ソータンホンを食べながら思いました。

に投稿

なぜフィリピン人は歌がうまいのか

Photo by Skitterphoto on Pexels.com

どうも、海外侍の義貞です。

先日、フィリピン人やスペイン人の友人とカラオケ(ちゃんとマスクして)に行ったのですが、改めてフィリピン人は歌が上手だなと思いました。

そのフィリピン人は50代なので、選曲が「ビージーズ」や「アバ」など、自分の母親世代の時に流行った曲を歌いますが、やはり歌唱力があるのです。

しかも、彼女の弟は自分が歌っている動画をFacebookにアップしており、見せてもらいましたが(フィリピン人らしい)、素晴らしい歌声です。

フィリピンの田舎に行くと、だいたい家族に一台カラオケマシーン(?)があります。セブの中上流階級の友人(今はアメリカにいる)の家に行った時もカラオケマシーンがあり、結局歌う羽目になりましたが、フィリピンの最大の娯楽はおそらく”歌”です。

しかも、フィリピン人女性はやたらにしおらしい歌を歌います。以前紹介しましたが、「あなたが私を嫌っても私はついていくわ」みたいな歌とか、「あなたと別れずにいたかったけど、25分遅かったわ」とか、韓国ドラマばりの恋愛ソングを恥ずかしげもなくガンガン歌っていきます。

ヨーロッパでは、日本のカラオケ文化なるものはありません。欧州では、オープンなバーで公衆の前で歌うということはあっても、仲間内で歌を歌いに行くという習慣がありません。

フィリピンの場合、そこらじゅうで歌っているため(だからコロナになるのではないか、、、)、もともとの歌唱力の才能+練習で皆が歌がうまいのです。

デパートの店員が、カフェの店員が、タクシーのドライバーが、道を歩いてる女の子が、歌を歌ってます。加えて、天性のエンターテイナーという側面もあるため、人々を楽しませるのが好きということがあります。

もし洋楽を上手に歌えるようになりたいという方は、フィリピン人とカラオケに行きましょう。必ず上達すると思います。まず否定されることはないので自信がつくでしょう。

ちなみに僕とスペイン人は同世代ということもあって、バックストリート・ボーイズやボン・ジョビ、グリーン・デイズなどを歌いました。懐かしい。

に投稿

フィリピン料理⑤キニラウ Kinilaw

生の魚を使用する料理

どうも、海外侍の義貞です。

今日は、日本人にも人気があるフィリピン家庭料理キニラウを紹介します。

キニラウ(Kinilaw)は「生で食べる」という名の通り、生の魚で作られています。生の魚を食べる日本人にとっては、有難い食べ物です。フィリピン料理は肉や油を使用したものが多いため、たまにさっぱりした魚が食べたくなります。

島国で魚介類が豊富なフィリピンでは、魚やシーフードの料理もさまざまです。自分としては、シニガンという酸っぱいスープが好きですが、そのスープにも魚介類が使われています。

広告

生のマグロを切り身として、キュウリに、玉ねぎ、酢や塩を混ぜて作ります。気候的に生の魚が腐りやすいこともあるため、酢などを混ぜて保存しやすくするためもあるかもしれません。

唐辛子も入っていて、スパイスがきいており、酸っぱさがあるのでお酒のつまみとして食べると美味しいです。

フィリピンに行った際は、ぜひご賞味ください。

に投稿 コメントを残す

イギリス人は”Cheers!”をよく使う

Photo by Pixabay on Pexels.com

What’s up, guys? 海外サムライの義貞です。

今回は、またイギリス人の使用する英語について取り上げたいと思います。

イギリス英語は、アメリカ英語とは違い、発音やイントネーションが品のある感じがします。イギリスの場合、階級社会なので階級によって話すイントネーションがかなり異なりますし、地域によっても様々です。

ロンドンを北上した第二の都市(今ではマンチェスターの方が第二の都市とされますが・・・)バーミンガムはかなり聞き取りにくいアクセントやイントネーションがあります。

また、ハリウッドでもよく知られるベネディクト・カンバーバッチやキーラ・ナイトレなどは完全に上流階級のアクセントです。

さて、一般的なイギリス人はよく”Cheers”を使います。これは、いわゆる「乾杯!」ということではなく、この”Cheers”はどんなことにも使用することができます。

挨拶にもなるし、お礼をいう時にも使いますし、特にイギリス人男性は”Cheers mate”をほんとうによく使用します。イギリスに留学や旅行に行かれたことがある方はまず聞かない日はないほどではないでしょうか。

“mate”は「友」のような意味になっています。アメリカ的に言うと”Thanks my friend”となるでしょう。それをイギリスでは”Cheers mate”と言います。

イギリス英語(そもそも英語というくらいなのでイギリスの言葉なのですが)は、アメリカ英語がグローバル・スタンダードになったことによって、その通用性が落ちましたが、僕はけっこうイギリス英語のアクセントが好きですし、かっこいいと思います。

アメリカ英語はハワイに到達し、そこからグアムやフィリピンまでを取り込んでいきましたが、大西洋の方では(ヨーロッパがアメリカを見下しているところもあり)その影響力を発揮できていない気がします。

イギリスはブレクジットがあったとはいえ、やはりヨーロッパ大陸に近い国なので、アメリカとはまた違う一面があり英語も違います。ヨーロッパが好きであればイギリス英語を学ぶ方がよいかもしれませんね。

 

 

 

に投稿 コメントを残す

バックパッカーからコミュニティオーガナイザーへ

Photo by Monstera on Pexels.com

Hey, guys! 海外サムライの義貞です。

私はこれまでバックパッカーとして色々な国をまわり住みたいと思う場所に居住してきたのですが、コロナを契機として変わってきました。

コロナ以前であればセブに行きたければ3泊4日あれば楽に行けましたが、今や海外に行くことも非常に難しくなりました。

いずれは回復する日が来るかと思いますが、この期間を通して感じてきたのは、ローカル(地方)との関わりの見直しです。

インバウンド、アウトバウンドの海外旅行も大事だけれど、自分が住んで関わっている地域こそ重要なのではないかという想いに至ったのです。

海外を周って、英語を使って現地の人々とコミュニケーションしていくと、日本の閉塞感というか、特に地方の衰退ぶりを如実に感じるようになります。

成功している地方自治体もありますが、特に大都市圏近郊はその波にのまれて人口は減り、本来ある観光資源を活かすことができず、農業や福祉の担い手不足、空き家や独居老人などの問題が顕在化していきます。

自分の生まれ育ってきた地方が衰退していき単に大都市圏や国が潤うだけでいいはずがありません。

そういう想いを元に「一新塾」という政策塾に通い始めました。一新塾は経営コンサルタントであった大前研一氏が打ち立てた「平成維新の会」という団体が前身の政策・起業塾です。

私は49期生としてこの塾に入塾し、地域で活動できるコミュニティオーガナイザーを目指します。それはNPOという形になるか、企業とするかまだ分かりませんが、地方や地域の問題を解決する存在を目指します。

特に第一次産業の農業や漁業、そして介護や福祉などは完全に人手が足りなくなります。教育や子育てのあり方、雇用のあり方も従来通りにはいかない時代です。

今回300投稿目のブログ記事ということもあるので、気持ちを新たに少し早く来年に向けての抱負を書きました。

に投稿 コメントを残す

フィリピンでイケアがオープン

Photo by Alexander Isreb on Pexels.com

どうも、海外サムライの義貞です。

成長著しいフィリピン市場、特に人口の増加によって今後は大きな消費市場になることが期待されていますが、今月25日にスゥエーデンの大手家具販売店イケアがフィリピン初となる店舗をマニラで開店しました。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO77890510V21C21A1FFJ000/

コロナ禍による在宅時間の増加によって家具需要が増えたこともあり、ネット通販に対応した倉庫を含めた面積は世界最大にとなるようです。

フィリピンの財閥系であるSMグループが運営する「モール・オブ・エイシア(MOA)」の敷地内にあるということで、またドデカイ建物が立っていることなのでしょう。

タイにもバンコクのバンナー地区に巨大なイケアがありますが、その規模を超えるものがフィリピンにできたということで、フィリピンの人口規模を考えると(インドネシアもそうですが)今後は東南アジアの海洋側の国がより繁栄していくのかもしれないなと思います。

フィリピンとインドネシアはなんとなく親和性があるように感じるのですが、タイとベトナムなどは全く異なった国という印象があります。

ASEANの中で人口規模を見ると、マレーシア、インドネシア、フィリピンが大部分を占めるので、ASEANの勢力図も変わりそうです。

イケアなどの巨大企業はそのようにASEANの分布図やフィリピン市場の可能性などを考慮して開店させてきたのでしょう。

に投稿 コメントを残す

フィリピンレストランNew Nanay’s(ニューナナイズ)に行きました。

どうも、海外サムライの義貞です。

このセブサムライのブログアクセス数を見ていくと、やはりフィリピン料理に関する投稿のアクセスが上位に上がります。

フィリピン料理がかなりニッチでマイナーなこともあって、どんな料理があるのか興味がある方もいるのだろうと思います。

フィリピン料理はそのマイナーさや国のイメージも合わさって、かなり低評価に思われているところがあります。また料理そのものが不味いとされていますが、僕はそうは思ってません。

キニラウやレチョン、クリスピー・パタやパンシット・カントンなど日本人の口にも合うフィリピン料理があります。フィリピン料理はスペインや中華の影響を色濃く残しており、ある種のフュージョン料理の要素があります。フィリピンの文化が独自の変遷を遂げており、マレー系、スペイン、中国の文化が混ざり合っています。

その文化の融合具合が料理にも現れています。フィリピンという国は今でも貧しい途上国ですが、そのリッチな文化は消えることなく残っています。

さて、今回は六本木にあるフィリピンレストラン「New Nanay’s(ニューナナイズ)」に行ってきました。ここはフィリピン大使館の近辺にあることもあり、フィリピン大使館員の御用達です。ドゥテルテ大統領も訪れたことがあると聞いたことがあります。

六本木という土地柄ゆえに値段はリーズナブルとは言えませんが、フィリピン人料理の初心者には行きやすい店だと思います。

僕としては「キニラウ」が一番のお気に入り料理なのですが、フィリピン料理の中でも人気があるのはポーク・シシグとレチョンカワリです。今回はレチョンカワリを食べてきました。

レチョンカワリについては、以前ブログで書きましたのでこちらの記事をお読みください。

フィリピン料理⑪レチョンカワリ Lechon kawali

様々なインターナショナル料理が集う六本木の中で今でも生き残っているということは、それだけお客さんがいるということですよね。僕が行ったときはほぼフィリピン人のお客でしたが、OFWたちのネットワークというの強固なのかもしれません。

 

 

に投稿 コメントを残す

フィリピンについて発信する韓国の女の子たち

Hey, guys! 海外サムライ義貞です。

先日、紹介したフィリピンで育った韓国人女性ジェシカ・リーがソウルのフィリピン・マーケットを開拓して面白かったのでブログで書きたいと思います。

彼女のフィリピン紹介チャンネルをフォローしていますが、それは単にジェシカ・リーが可愛いからだけではありません(笑)

フィリピンについてもかなり勉強しており、フィリピン料理を紹介したり、歴史についても発信していたりと共感が持てるからです。

また、彼女の話す英語は韓国人が話す独特のものではなく、比較的ニュートラルでありながら、韓国人の発音にありがちなアクセントの強さがなく割とソフトな口調だからです。

韓国人は日本人以上により直接的にフィリピンを見下し、けなすところがあるのですが、さすがに彼女はフィリピンで育ってきているのでそういうところは一切ありません。そこもまた共感できるところです。

セブなどの留学に来ている韓国人にも色々なタイプがいますが、韓国人女性は比較的にフレンドリーです。日本人男性にも女性にも壁を作ることはあまりしないような気がします。

韓国は90年代のアジア危機の影響をもろに体感したことから、一気にグローバル化に舵をきりました。そのため格差が広がり、エリート層(財閥系)と庶民の差が圧倒的になっています。なので「半地下の家族」や「イカゲーム」、「SKYキャッスル」などの社会的な問題を凝縮したエッジのきいた作品が生み出されているという面もあります。

ジェシカ・リーの動画から韓国・フィリピンの両方を見てみるというのも楽しいかもです。

 

に投稿 コメントを残す

義貞読書録①『深夜特急』沢木耕太郎

Photo by Kun Fotografi on Pexels.com

どうも、海外サムライの義貞です。

フィリピンというニッチな国、東アジア文化圏からも外れている東南アジアの中の1国でありながら西欧文化や米国文化に多分に影響されている不思議な国に興味を持つようになったのはセブ留学したことがきっかけでした。

その当時はバックパッカーでもあったので、東南アジアやヨーロッパの一部の国を旅していました。

そういう若い人は昔よりもだいぶ少なくなったのかもしれませんが、自由な旅好きはいつの世も存在します。そんなバックパッカーたちのバイブル的な本が沢木耕太郎の『深夜特急』です。

90年代にはドラマ化もされた本作ですが、この本を読んでバックパッカーになった人は多いですし、私もその中の1人です。「地球の歩き方」を片手にそれほど知られていない観光場所を回ることがカッコいいと思ってしまっていた時期ですね。

『深夜特急』の内容には、ビルドゥングスロマンの香りがします。

ビルドゥングスロマンとは、主人公の性格や思想、人間的成長の過程を描くものですが、80−90年代くらいの時代にはその要素が多分にあったような気がします。

ビルドゥングスロマンといえば聞こえがいいのですが、ある種のマッチョな側面もあります。旅を通しての修養というか、「強くなる」ための旅というか、精神修養的な面がありますよね。

沢木耕太郎のノンフィクション作品や小説には、そのような男性的マッチョな側面を感じ部分が多々あります。

僕もそういう部分に共感する気持ちがありますが、同時に「強さ」を求めすぎるのはどうなのかな、と感じる部分もあります。「強さ」がなりふり構わないものになっていくことには自覚的であった方がいいと思いますし、なにより「強さ」だけを求める修行僧みたいな行いは楽しくないですよね。

僕は音楽や文化とか、楽しいことが好きです。旅も楽しいから旅するわけで、いまや「強くなる」ために旅する人間なんていないだろうと思うわけです。だから「強さ」を他人にも求めすぎるのはよくない。

そういう意味でこの『深夜特急』はすでに時代的な役割を終えた作品なのだなと思います。

 

に投稿 コメントを残す

ハードロックカフェに行きました

Hey, guys! 義貞です。

先日、アメリカン料理を提供するハードロックカフェでフィリピン観光省のタイアップメニューがあることをブログで書きました。

フィリピン観光省タイアップ アメリカンレストラン「ハードロックカフェ」東京店

https://wp.me/pbdNFZ-1jw

たまたまハードロックカフェのHPを見ていたらハードロックカフェの東京店(六本木)でフィリピンに関連するメニューを販売していました。フィリピン大使館が六本木にあるからということも関係ありそうですね。

ということで、僕はハードロックカフェに行ってきました。ただ上野店に行ったのでフィリピン関連メニューはNot available ですが、バーガーをロック音楽と共に楽しみたかったので行ってきました。

最初は横のショップ内を見て回ったのですが、店員さんからハードロックカフェ浅草店はクローズした情報を知りました。コロナの中でなかなか厳しいですね。

ハードロックカフェのロゴ入りコースターがほしかったのですが、それも在庫無しということでレストランの方へ移動。

プルドポークバーガーとバドワイザーを注文。

けっこういいお値段するのですが、バーガーはボリューミーで満足度は高いです。

壁一面にはロック・スターたちのギターや衣装などが飾ってあり、テレビ画面ではクイーンなどのバンドの演奏風景が流されていたり楽しいですね。

 

 

に投稿 コメントを残す

フィリピンのオッサンが作るレチョンカワリはなぜ美味しそうなのか

どうも、海外サムライの義貞です。

最近はフィリピン料理についてのブログ投稿が少なかったので、久々に料理関連の投稿です。

フィリピン料理の中で、お祭りの時に必ずレチョンを食べますが、レチョンカワリはレストランや一般家庭でも普通に食べるフィリピン料理です。

豚バラ肉の皮をカリッと揚げつつ、中身はジューシーなレチョンカワリは、通常のレチョン同様に僕の好きなフィリピン料理です。

そんな中で、YouTubeでフィリピン人の料理番組を見ているとフィリピン人のオッサンがレチョンカワリを料理していました。

なぜかオッサンの料理って美味しそうじゃないでしょうか?

たしかに女性の手料理の方がきめ細かくて繊細なもので美味しくもありますが、レチョンカワリみたいなシンプルかつジューシーなものはオッサンが調理した方が美味しそうに見えます。

中華やインド料理もそうで、シェフというのは男性的なイメージがあります。不思議ですよね。家庭料理は女性のイメージですが、レストランでは男性が食事を作ります。

ステーキや焼肉、このレチョンカワリみたいに肉を扱う料理は男性が主流なような気がします。動物を扱うからなのでしょうか。

いずれにせよ、レチョンカワリはフィリピン人のオッサンに作って貰う方が美味しそうに見えます。

に投稿 コメントを残す

フィリピン観光省タイアップ アメリカンレストラン「ハードロックカフェ」東京店

Photo by McHail Hernandez on Pexels.com

what’s up, guys! 海外サムライの義貞です。

僕はアメリカンレストランの「ハードロックカフェ」が好きなのですが、それはさまざまな音楽を聴きながら料理を楽しめるからであり、音楽&料理は最高の楽しみです。

日本のハードロックカフェは東京店(六本木)が1号店なのですが、六本木というのがいかにもといった感じですよね(笑)

ハードロックカフェのHPを見ていたら偶然見つけたのですが、2021年11月6日〜フィリピン観光省タイアップのキャンペーンが行われるそうです。

「MEET PHILIPPINES(ミート フィリピン)」をテーマに、フィリピンのローカルデザートをハードロックカフェ風にアレンジしたメニュー2品を販売するといった内容です。

フィリピンのローカルデザートにはハロハロのようなパフェが有名ですが、紫芋、フィリピン語でウベのアイスが特徴的です。ウベのケーキもありますし、ハードロックカフェで提供される2品のうち1品は「ココナッツ紫芋ケーキ」なのでそれ関連ですね。

PRタイムズ

  • 「ハードロックカフェ」 フィリピン観光省タイアップ メニューキャンペーン 開催概要

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000995.000018232.html

面白そうなので期間中に行ってみようと思います。

ハードロックカフェについては別でブログでも取り上げたいと思います。

音楽&料理で楽しい一時を過ごしましょう。

に投稿 コメントを残す

ニュース検定

どうも、海外サムライの義貞です。

先日フィリピンのトラベルマイスター検定を受けて合格しましたが、今度はニュース検定なるものを受けようと思います。

ニュース時事能力検定(ニュース検定、N検)は、新聞やテレビのニュース報道を読み解き、活用する力(時事力)を養い、認定する検定です。

情報が溢れかえる現代の社会では、何が正で何が誤なのかが、かなり見えにくくなっていると思います。

ファクトベース(事実を基に)で考えていくためにも、日々の出来事をしっかり事実を掴んでいくことが重要になると考えています。

僕はこのセブサムライを通して、フィリピン関連のニュースも発信していきたいと考えています。

日本はフィリピンとEPA(経済連携協定)を結んでおり、たとえば介護人材やハウスキーパーとしてフィリピン人は活躍できる能力を持っています。しかし、日本語の壁などで非常に難しいというところもあります。

そのような問題も含めて、このセブサムライで正しい国内・国外(おもにフィリピン)を発信していけるようになるためにニュース検定を受けていきます。